Consider6 追葬に捧げるリコリス

犯行予告「私は無差別殺人をする」

File:0



もし、あの日に戻れるのなら、俺は何ができるだろうか。

そんな無意味な事を、何度も考えたことがある。






なぎ倒された屋台、ぼろきれのように倒れる人々、悲鳴が轟々と嵐のように荒れ狂う。

その最中さなか、男が一人立っている。

深く被ったフードの下、歯を剥いて男が笑っている。

脇に構えられた、血濡れの刃は真っ直ぐこちらを向いている。



夢を見れば、いつも同じ。何度も同じ始まり。同じ終わり。

壊れた録画映像のように永遠と、ただ同じ場面を繰り返し見ていた。

血溜まりの中、父の冷たい体を抱え慟哭どうこくするあの日の俺。

あの日、無力な俺に何ができたのだろうか?




無意識に、体が震えていた。

呼吸をしているはずなのに、吸っても吸っても苦しいばかり。

瞬きができない。

目を瞑るのが恐ろしい。

両手の中に構えた、黒い拳銃越しに青い光が、嘲笑っている。










今まさに、あの日の光景が、目の前に広がっている。











  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます