File:5 憤獄



 AM10:58。中野署、第三会議室。


 慌しく駆け込むと、すでに尾花おばな萩原はぎわらが着席していた。

「遅れて申し訳ありません」

 尾花たちと向かい合うように着席した蕗二と竹輔は、早速報告に入ろうとする。

 だが、険しい顔をした尾花が手で制した。

「先に事態が動きそうだから、報告させてもらう。誘拐された葉山優斗くんについて、中野署うちの一課の特殊捜査班とくそうの連中が、≪レッドマーク≫を引っ張ってきた」

「≪レッドマーク≫!?」

 蕗二は動揺のあまり立ち上がってしまい、竹輔は椅子ごとひっくり返りかけた。

 ≪レッドマーク≫。

 犯罪者予備軍の≪ブルーマーク≫とは違い、何かしら罪を犯した人間の総称だ。特徴は赤いサージカルステンレスのフープピアス。≪ブルーマーク≫よりも行動制限が厳しく、行動が発信機とGPSで24時間監視される。ほぼ人権はない。だが、長く問題だった窃盗や強姦などの再犯率は、現在0%だと発表されている。

 その証拠に、≪レッドマーク≫を緊急逮捕するような事件に当たったことがなかった。

 だから、なおさら驚いたのだ。

 尾花が大きな溜息をつき、パイプイスの背もたれに体を預けた。

「優斗くんが行方不明になった現場付近、複数の≪リーダーシステム≫と≪レッドマーク≫のGPSを洗ったから間違いない。しかも、前科マエが女児への強制猥褻キョウワイ。ほぼ犯人クロでいいだろう。あとは、誘拐と殺人両方かどうかだけだ」

 尾花と萩原が安堵したように笑う。その様子を蕗二と竹輔は気まずげに見て、顔を見合わせた。

「どうしましたか?」

 萩原が怪訝けげんそうに視線を向けてくる。蕗二は咳払いし、固いパイプ椅子に座り直した。

「二つ、質問いいですか? ≪レッドマーク≫は、綾香ちゃんのマンションの住人でしたか?」

「いや、住居は仕事場の寮だ」

「もう一つ、≪レッドマーク≫は綾香ちゃんのマンションに訪れたことがありますか?」

「いや、だったらとっくに犯人候補に上がって」

 そこで尾花がはっと息を呑んで口をつぐんだ。わかったのだ、蕗二が言わんとすることが。

「綾香ちゃんの犯人ホシと、優斗くん誘拐の犯人ホシは、別にいます」

 萩原が目をいた。再び険しい表情になった尾花が蕗二を見据みすえる。

根拠こんきょは?」

「綾香ちゃんの死因は転落による脳挫傷のうざしょうが原因だと、東検視官からも報告を受けています。ですが、現在分かる範囲の遺体状況から、他殺の可能性が非常に高いです。また、現場は被害者マルガイの住むマンション屋上だとほぼ断定しています。屋上や被害者落下地点から見つからないところから、犯人ほしが証拠隠滅をはかっていることに間違いありません。そして、それぞれの状況から、犯人ホシ被害者マルガイの両親を含む、マンションの住人です」

 口を閉ざした蕗二に、萩原が静かに問う。

被害者マルガイのご両親は、今どこに?」

「綾香ちゃんの本人確認のため、本庁にいるはずです。ですが恐らく、まだご遺体の面会前だと」

「ああ、あれじゃなぁ」

 尾花が盛大に溜息をついて仰け反った。

 肩に圧し掛かるような空気に呼吸が苦しい。誰もが沈黙する中、控えめなノック音が空気を震わせた。失礼しますという女性の声が響き、ドアが開いた。制服の女性警官だ。何か報告しようと口を開いたが、空気の重さからか、慌てて閉めようとした女性を「よっこらせ」と言う掛け声とともに背もたれから体勢を戻した尾花が引き止めた。

「どうした? 急ぎか?」

「いえ、その、三輪警部補に、芳乃蓮ほうのれんと言う少年が、尋ねてきていますが」

 予想よりも早いな。腕時計から首を傾げる尾花に視線を移す。

「あー、尾花さん。申し訳ないですが、どこか部屋をお借りしても?」

「なんだ、けち臭い。一緒に居ちゃいけないのか?」

 尾花の言葉に、思わず顔を引きらせてしまう。

「すみません。ちょっと、うちの関係者で……」

 いまだ、どうやって誤魔化せばいいか悩むときがある。

 竹輔と共に所属する【特殊殺人対策捜査班】という部署自体、異例なのだ。帳場に参加せず、ほぼ単独行動で事件を横からさらう。さらに≪ブルーマーク≫を所属させるという無茶振り。派手に動き回っても、上から厳重な口封じをされ、巧妙な情報操作まで行われている。部署については場所も、所属者の詳細さえごく限られた人間にしか知られていない徹底振りだ。

 たちという新宿署の刑事にずいぶんな言われようをしたが、あれも仕方がない。人は隠されれば、逆に気になってしまう。また刑事の職業病でもある。噂が噂を呼んで、酷い方向に膨らんでいてもおかしくはない。

 頭が痛いと眉間に皺を寄せると、萩原の顔が青褪あおざめた。睨んでないぞ、と誤魔化すように眉間をつまむ。

 さて、どうしようか。蕗二の重い頭が回転を始める前に、尾花が「桜木」と女性を呼んだ。

「第四会議室。あそこ開いてたよね? そっちに通してやってくれるか?」

 桜木は敬礼すると、静かにドアを閉めた。状況が読めず、尾花を見る。

「お前、ユキの息子だろ」

 突然の言葉に、蕗二は目を見開いた。すると尾花はますます確信したように頷いて見せた。

「父をご存知で」

「言ったろ、菊田と同期だって。あの鬼野郎が、やたらと面倒をみている背の高い後輩、名前は三輪。気がつかない方がおかしいだろう。あいつとユキは同業の中でも名コンビだって、有名だったんだぞ?」

 男が目を細め蕗二を見る。体を通し、父の面影を見ているのだろう。

 自分の知らない父親への戸惑いと好奇心に揺れる心を押さえつけ、蕗二は言葉を吐く。動揺から声がかすれたが、舌が湿ればあとは滑らかだ。

「父を、覚えていて頂き、ありがとうございます。とてもお話を聞きたいですけど、今は事件なのでまた今度。ゆっくり聞かせていただけませんか?」

 蕗二の言葉に、尾花は記憶の海から戻ってきたらしい。照れを隠すようにはにかんだ。

「あ、ああ……それもそうだな、悪かった。終わったら飲みに行こうや坊主」

「はい、お願いします」

「とりあえず、その犯人の情報は帳場ちょうばに上げてもいいよな?」

「もちろんです」

「んじゃ、そいつらと話が終わったら、声かけてくれよ。第四会議室は、ここを出て右の奥だ」




 第三会議室を出て、事務所を横目に建物の奥へと進む。トイレの看板を過ぎさらに奥、埃のかかった第四会議室の室名札が見えた。丸いノブを時計回りに回し、ドアを押し込む。

「待たせた……ん?」

 蕗二はドアを開けた体勢のまま、固まった。

 会議室は三角コーンや掃除用具などが押し込まれた半分物置のような部屋だった。資料室の片隅にある【特殊殺人対策捜査班】のスペースよりも狭い。その雑然とした部屋の真ん中、折りたたみ式の長テーブル一つだけでもスペースを圧迫している。その奥に片岡と野村、そして手前に芳乃ほうの窮屈きゅうくつそうに座っていた。蕗二が固まったのは、それもある。だが、一番は芳乃が原因だった。

「お前、あれ? も、もしかして」

 芳乃の顔下半分が、白いマスクに覆われていたのだ。さらに、拳をそこに当てると、けほけほと咳き込む。

「風邪ですけど、なにか?」

「熱はねぇのか?」

「あったら来ませんよ」

 元から目尻が垂れ下がっているせいで、余計に気だるげに見える。だが、マスクと前髪の間から睨みつけてくる眼はいつも通りだ。あえて言うなら、いつにも増して不機嫌だ。

「一応聞いていいか? その、視るほうに支障あっちゃったりとか?」

「ありますけど」

「そうか、あるのか……てっ、おまっ、マジか、マジか!!」

 蕗二の声に芳乃はこめかみを押さえ、わざとらしい溜息を吐いた。

「いちいちうるさいですね、刑事さんだって高熱が出たら、体くらい動かなくなるんじゃないですか?」

「知らねぇよ! インフルエンザすらかかったことねぇわ!」

「あーあーそうでしたね、馬鹿は風邪引かないんでしたね! すっかり忘れてましたよ!」

「ほんまお前! 風邪引いてるくせに全く口が減らへんな! 風邪なら風邪らしくシオらしくしてろや!」

「だいたいあなたが始めから黙ってくれてればっ、けほげほッ」

「おい無理すんな!」

「だから誰のせいだとげほごほッ、ォェ」

「わあもう! 二人とも離れてください! 野村さんも片岡さんも止めてくださいよ!」

 竹輔が間に分け入り二人を引き剥がす。それを片岡と野村はカフェの端でお茶をしながら、通りがかった犬のじゃれあいを見ているように、くすくすにやにやと笑っている。

「いやだってぇ、うちの名物だよねぇー?」

「そうだとも。喧嘩するほど仲がイイと言うじゃないか」

「「誰がこいつなんかと!」」

 蕗二と芳乃の声が見事に被さったが、声を張りすぎた芳乃が盛大に咳きこんだ。隣の片岡が背を擦ると、芳乃はそのまま机に突っ伏した。竹輔に脇腹を小突かれ、蕗二が気まずげにパイプ椅子に座ると、芳乃が視線だけを上げる。

「事件のことは、片岡さんと野村さんから聞きました。で、誰を視たらいいんですか?」

 蕗二は視線を合わせるように、前かがみになって膝に肘をついた。

「何人、視れそうだ?」

「逆に何人視なきゃいけないんですか?」

 芳乃の言葉に眉間が痛んだ。蕗二はそれに堪えるように目をつぶる。

 正直なところ、綾香ちゃんのご両親を視てもらわなければならないだろう。場合によっては、最悪≪レッドマーク≫もだ。だが、野村の一件でわかったことがあった。あの氷の眼は、芳乃自身に負担がかかる。氷の眼を使った後、ぼんやりしたり、疲労らしきものを滲ませていたのは知っていたが、あんな激しく負担がかかっているのは初めて見た。体の不調に加えて、支障があると聞いた以上、無理をさせるべきではないはずだ。それがたとえ、切り札だとしても。

「刑事さん、何人視ればいいですか?」

 マスクによってくぐもっているが、鼓膜を強く叩いてくる。まるで催促さいそくだ。そっとまぶたを押し上げると、細められた黒い眼がこちらを覗いていた。ただの黒い眼だ。そこに違和感を持った直後、芳乃の瞳孔どうこうが開いたように見えた。瞳孔が人ではあり得ないくらい広がり、ついには目の虹彩を覆い尽くした。そして、黒く開いた穴は、光を飲み込んで奥へ奥へと深くなっていく。その様子に背骨の付け根から寒気が駆け上がった。頭が警鐘けいしょうを鳴らすと同時に体を跳ね上げ、蕗二はとっさに芳乃へと手を伸ばした。芳乃の体が遠ざかる。蕗二の爪先をマスクが掠めた。掴みそこねた手の向こう、椅子にもたれかかった芳乃の黒い目は閉じられていた。

「おい、お前何して」

「二回」

「は?」

「二回です。それ以上視ることはできません」

 手をマスクに当て軽く咳き込んだ芳乃は、手の甲でまぶたを擦る。垂れた目尻のせいで、眠気を我慢する仕草にも似ていた。

 二回。二回だけ? いや、二回も? そもそも、芳乃はいつも何回まで視れるんだ?

 蕗二の思考を遮るように、ノック音が狭い部屋に反響する。

 竹輔が立ち上がりかけたのを制し、代わりに立ち上がる。ゆっくりとドアノブを捻り、引き開けた。細く開けた隙間、すぐ目の前に萩原が立っていた。

 蕗二が疑問を口にするよりも早く、萩原は抑えた声で告げる。

「急かしてすみません。≪レッドマーク≫の件ですが、少し揉めているようで。尾花さんが今、様子を見に行っています。もしお話が終わっていれば、聴取に参加しませんか?」

 蕗二は眉間を摘んだ。

 ≪レッドマーク≫が犯人なら、綾香ちゃん殺人事件と優斗くん誘拐事件は同時解決万々歳だ。だが、そうなると、こちらが手に入れた情報は一体何を指すんだ? まだ何か見落としてないか? 

 部屋を振り返る。四人の視線が蕗二へと集中していた。高まった緊張感に無意識に唾を飲み込んだ。

「聴取を見に行く、付いて来てくれ」








「だから、僕は違う!」

 机に拳を叩きつけたのは、作業服を着た男だった。

「通っただけで犯人扱いされるなら、どうやって無実証明したらいいんですか! こんなの理不尽通り越して冤罪えんざいですよ!」

 唾を吐き散らす勢いで目の前の刑事を威嚇する。その耳元で、男の怒りを表すように赤いフープピアスが強く光った。刑事はこめかみに青筋を立てながら、手元の液晶タブレットを男に突きつけた。

「生体反応に興奮状態が出てるんだよ。男の子見たときにそのチンコが反応したんじゃないのか!」

「反応くらいするでしょうが! そういうあんただって、好みの女の子見て、全く興奮しないって言い切れるんですか! 悟り開いてるんですか!? インポなんですか!?」

「……何かすごい言い争いだな」

 その呟きは、取調室にいる人には聞こえない。取調室の隣、透視鏡マジックミラーを挟んだ部屋から、刑事が仕込んだピンマイクが拾う音に、全員耳を傾けていた。

「そりゃ必死だろうよ。嘘でもまことでも」

 蕗二の隣、尾花が呆れた表情で見ている。

「しかし、このままでは平行線を辿る一方ですね」

 萩原が尾花と同じ表情で透視鏡マジックミラーの向こうを覗く。蕗二は手元の液晶タブレットに視線を落とした。

 作業服の男、≪レッドマーク≫は金魚草太かねうおそうたと言う。もともと≪ブルーマーク≫だったが三年前、自宅に女児を連れ込み、下腹部を触った強制猥褻きょうせいわいせつで逮捕。裁判の結果、執行猶予しっこうゆうよ付きで釈放。同時に≪レッドマーク≫の強制装着をされている。それからは矯正プログラムに毎回必ず参加し、特に警察が出動するような不審な行動はしていないと記録されている。

「私が見る限り、特に嘘をついているようには見えないがね?」

「えーそうかなぁ。わたしは必死すぎて怪しい気がするけどぉ」

 片岡と野村があれこれ意見を言いあっているのを片耳に、目の前でついに立ち上がった金魚かねうおと刑事が戦闘態勢を取っている。どっちかが手を出すのも時間の問題だ。

「どうするんですか」

 芳乃の平坦へいたんな声に、蕗二は深く溜息をついた。

「お前は待ってろ、俺が行く」

 意外と言わんばかりに、芳乃の眉が上がった。

「こっちはお前らと組む前から刑事やってんだ、たまには見てろ」

 蕗二はピンマイクをスーツの内側に装着し、部屋を出た。すぐ隣、取調室の硬い鉄のドアをノックする。間を置いて、取調べをしていた刑事が顔を覗かせた。鋭い目でこちらを窺っている。蕗二は口の端に手を添えて、刑事に耳打つ。

「10分だけ貸してくれ」

 眉を寄せた刑事と互いを探るように睨み合う。三回目の深い呼吸をした後、刑事はしぶしぶと言ったように溜息をつく。「10分だぞ」そう言って部屋を出て行った。刑事に心の中で礼を言い、部屋に入る。

 透視鏡マジックミラー越しに見た金魚かねうおが、机を挟んだ向こう側に立っていた。腰に撒きつけられた拘束縄のせいか、罠にかかった野生動物のようだ。肩を怒らせ、威嚇さながらこちらを睨んでいる。蕗二はその正面に座り、背筋を伸ばし軽く頭を下げた。

「初めまして、刑事一課の三輪と申します」

 警察手帳を見せ、不審げな金魚かねうおと向き合う。

「お疲れでしょうが、うちも仕事なので。もう少しだけ付き合っていただけませんか? まあ、とりあえず座ったらどうでしょうか?」

 促せば、こちらから視線を外さないまま、ゆっくりと金魚はパイプ椅子に座った。

「誰が来ても、何度でも言いますが、僕は関係ありません」

「なるほど」

 蕗二は腕を組んで、天井を仰いだ。金魚かねうおは鋭い目で蕗二を見ている。しばらくして、突然蕗二が低い声でうめいた。警戒心を強めた金魚だったが、姿勢を戻した蕗二は脱力し、背もたれに体重をかけた。

「ところで、飯はもう食べましたか?」

「は?」

 金魚が眉間に深い皺を刻む。蕗二は気にする様子もなく、左手首の腕時計を確認し、「あ、ちゃうわ。まだ昼前やん」と一人ごちて、蕗二は軽く腹を擦った。

「仕事してると、時間わからん時ありません? 腹時計が鳴って、あー腹減った、とか思って時間見たりするんですけど、全然時間経ってなかったり。てか、ぶっちゃけ俺めちゃくちゃお腹が減ってるんですよ。やっぱ体がでかい分持たんくて。警察なりたての頃とか、昼前にぐーぐー腹鳴らしては上司にお前は燃費が悪いって、よく言われたもんですわ。昼飯の一つでも差し入れたいところなんですが、なんせ警察はルールが厳しくて。昔はかつ丼とかね、ドラマみたいに出してたらしいんですけど、今じゃもう出せるのはお茶くらいなんですがね。というか、お茶あります? おかわり持ってきますけど?」

 あっけらかんと会話する蕗二を、息を潜めて見つめていた金魚が、窺うように恐る恐る口を開いた。

「腹は、すいてません」

「そっか、腹持ちええな? あれ、あー、緊張からか? そりゃそうやろな。まあ、慣れてる言われても困るんやけど」

 頭を掻きながら困ったように笑みを浮かべる。金魚は少し呆れたように蕗二を見る。

「刑事さん、それ素ですか?」

 指摘された蕗二は、何を言われたのかと首を傾げ、はっと口を押さえると誤魔化すように顔の前で手を振った。

「あああこれは違う! いや、ホンマ申し訳ない。実は、大阪から来たばっかで。 標準語に慣れようと思うんですけど、やっぱしゃべりにくくて」

「ああ。なんとなくイントネーションが違うとは思った」

「やっぱりですか……」

 金魚が頷く。蕗二はしばらく何か考えるように天井を見つめ、ふと前かがみになって声を潜めた。

「その、正直、聞き取りずらいですか?」

「まあ、ちょっと」

「発音かな、やっぱり」

「関西の人がエセ関西弁に怒るあれと似てるんじゃない?」

「え、それめっちゃむかつく奴やん。うーわ、マジでショック……」

 うつむいて困ったと額を押さえた蕗二に、金魚は小さく溜息をついた。

「いいよ、普通に話してくれて。下手に標準語で話されると、逆に聞き足りずらいし」

「ええの!? いや、助かるわぁ、ありがとうな」

 満面の笑みを浮かべると、顔の前で右手を立ててびる。それからちらりと透視鏡を横目で見ると、机に肘を突いて前かがみになる。再び警戒する金魚に、口の端に手を当てた蕗二は囁いた。

「ここだけの話、どう思います?」

「何がですか?」

「いや、身内が口出すのも悩むんですけど、始めから犯人だと決め付けんのは、ちょっと違うと思いまして。こっちの連中は、どついてなんぼ言いますけど、あんま性に合わんのですわ」

 蕗二は体を起こし、思い出すように宙へと視線を投げる。

「実は、うちの知り合いに≪ブルーマーク≫の子供がいまして。こいつがもう、むっちゃ生意気で、会ったらげぇって顔しやるんですよ。俺が刑事だって知ってるから、余計やろなーとは思うんですけどね」

 ふと頭の片隅に、気がつけば芳乃の横顔が浮かぶ。

「まあ、そのチビ悪い奴じゃないんですよ。もし俺が刑事じゃなかったら、仲良くなれたんかなって時々思うんです。どうしても、こんな仕事してると≪マーク≫付いてても付いてなくても、全員疑わなあかん。けどなあ、俺は正直、あんたを犯人やと思えへんねん。ちゃんと矯正プログラムも行ってるし、仕事も真面目にしてるやん。俺はあんたを信じたいねん。信じさせてくれへんか?」

 蕗二のぶれない視線を受け止めた金魚は、じっと蕗二を見つめていた。やがてゆっくりと瞬き、目を伏せた。

「本当に、違うんです。僕は、見かけただけです」

「見かけた?」

 金魚は小さく頷いた。

「はい。確か、昨日の、僕は仕事終わりだったので、午後の五時くらいです。家に帰る途中、コンビニに寄ったんです。そしたら、男の子が一人で歩いてたんです。周りに親らしき人はいなくて、たった一人って、変だと思ったんです。危ないなと思って、僕が声をかけるより先に、誰かに呼ばれて走っていきました。それ以上はわかりません」

 光景を思い出しているのか、金魚の視線が揺れている。蕗二は金魚の言葉を噛み締める。

「男の子を呼んだのは、誰やったか、覚えてるか?」

「若い女性の声でした。姿は見てません」

「そのコンビニ、どこら辺やったか教えてくれへんか?」

 蕗二が液晶端末を取り出し、地図を開いて金魚に差し出す。

 金魚かねうおは地図を覗き込み、指先で地図を縮小する。目的の場所に指を動かし、地図を拡大していく。そして、一つのコンビニを指差した。

「ここです。僕が見たのは、コンビニに入る直後で、こっちに走っていったと思います」

 金魚が指差したのは、コンビニの裏側。そこは少し狭い道になっているようだった。蕗二はコンビニを登録し、スラックスにしまう。

「ありがとうな。俺からうてみるわ。もっぺんよう調べたらわかるはずや、絶対無実を証明したるからな」

 蕗二は金魚の肩を二度叩き、立ち上がる。取調室を出ようとドアノブに手をかけたところで、金魚の立ち上がる気配がした。

「あの、刑事さん」

 振り返ると、真っ直ぐこちらを見る金魚と目が合った。

「お名前を」

「三輪、三輪蕗二や」

「三輪さん。犯人、見つかるように祈ってます」

「おーきに」

 今度は自然と出た笑みを浮かべた。




 後ろで扉が閉まった途端、取調室の隣にいた尾花たちが出てきた。さきほど交代した刑事もいる。

「あいつはシロです」

 蕗二の言葉に、小さく落胆の声が上がる。

「じゃあ、被害者のご両親が犯人の可能性が上がった、ってことですか?」

 竹輔が苦しげに蕗二を見上げた。すぐさま首を振る。

「落ち着け竹。まず、綾香ちゃんの父親のマーク情報の解析はどうなった?」

「いえ、まだです。仕事柄、遠方に移動することが多いようで」

「ああ確か、綾香ちゃん行方不明になったとき、名古屋に行ってたとか言ってたな。その事実の確認をやってくれ。片岡、このコンビニ周辺のリーダーシステムと防犯カメラを洗い直してくれないか? 野村、もう一回東さんのところに行って、ご遺体を見てきてくれ。さっきよりはマシになってるだろうし、何か分かったら連絡頼む。芳乃、お前は」

 芳乃へと視線を移したところで、蕗二は眉を寄せた。

「何やってんだ?」

 芳乃は背負っていたバックから何かを取り出していた。よく見ると、それは蕗二でも馴染み深いメジャーで庶民的な板チョコだった。それと一緒に何かカラフルな棒状のものを持っている。芳乃は紙のパックと銀紙を豪快に破り開けると、棒状の何かの端を千切った。そこやっと、棒の正体がスティックシュガーだと思い出す。芳乃は板チョコの上に中身をぶちまけた。そう、ぶちまけた。さらさらした真っ白な砂糖が、大きな凹凸を埋めていく。山になった砂糖を指で均等にならすと、なんの躊躇ためらいもなく、それに噛み付いた。もぐもぐと、どちらかと言うと美味しそうに食べている。

「お前、絶対味覚おかしいやろ」

 どん引きとは、まさにこの事である。少し仰け反った蕗二を、芳乃は不機嫌に睨んだ。

「うるさいですね、燃料みたいなものですよ」

 先ほどより口を大きく開け、白くコーティングされた板チョコを頬張る。着々と食べ進める芳乃を見ているだけで胸焼けがしてきた。同意を求めて周りを見るが、皆蕗二と似たような表情をしていた。

 そうこうしている内に、芳乃は全て完食し終わる。最後に持参していたのだろうペットボトルの水を二口飲んで、マスクをしなおすと声を整えるように軽く咳をする。

「では、行きましょう。そして、とっとと帰りましょう」




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます