File:2 悪獄



 AM7:01。中野区。


 昨夜降った雨のなごりで、空気が湿気しっけている。サウナの中を歩いているような蒸し暑さだ。菊田からのメールを頼りに、たえず流れる汗を拭いながら辿りついたのは住宅街。

 一際賑ひときわにぎわう一角いっかくへと迷わず進む。野次馬と規制線をくぐり抜け、やっと見えたのは森だった。

 都会の中に突然現れた森に、蕗二は暑さで頭がおかしくなったのかと考える。だが、近寄ってみても景色は変わらない。よく見れば、森への入り口前には、レンガと黒い鉄柵の門がある。その奥へと目を凝らせば、木の合間から白い家も見えた。

 と言うことは、森に見えるこの木々は、家の一部と言うことだ。どんな金持ちが住んでるんだ。蕗二は溜息とともに門を潜り抜けた。

 進んで五歩で木陰こかげに入る。空気がひやりとしたものに変わった。まるで別世界に入り込んだようだ。滝のように流れていた汗が止まる。ありがたいが、気味が悪い。鑑識の制服を来た男女と入れ違うように、森の奥へと進んでいくと、家の全容ぜんようが見えてきた。ブルーシートに囲まれたその家は、しっかりとした平屋の建物だった。しかし、どうやらもう人は住んでいないらしい。白い漆喰しっくいの壁につたが這い、窓ガラスは曇っている。

 ひらり。目の端を動くものがあった。黒い蝶だ。背が少し青い気がする。蝶に誘われ向けた視線の先、屈みこんでいる男に視線を止めた。名前は知らないが見栄えのいい樹木。青々とした枝葉を伸ばすその根元に屈んでいる背に、見覚えがあった。

「はよ、竹」

「あ、おはようございます、蕗二ふきじさん」

 同僚であり部下の坂下竹輔さかしたたけすけだ。木陰こかげの下、暑さとは別の汗をかき、うつむいていた。気分はあまりよくないらしい。蕗二は枝を避け、隣に屈みこむ。

「何か買ってこよか?」

「いえ、このままで」

 竹輔は口元をハンカチで押さえ、深く溜息をついた。蕗二は肩越しに振り返り、ブルーシートで覆われた玄関を睨みつける。意識して深めに呼吸をすれば、草葉の青い匂いと湿気た土の匂いとは別の、生理的に受け付けがたい匂いがする。ここまで臭うと言うことは、中は相当ことになっている。

「ホトケさんは確認したか?」

「すみません、詳しくは……」

「ええって、謝んな。わかったから休んどき」

「でも」

「でもちゃう!」

 竹輔の鼻先に指を突きつける。

「立たれへんくせに何言っとんねん。来てもええけど、あれやで、俺が吐いたら自分、もらいゲロしたらあかんからな」

「あ、それはちょっと自信ないです」

「せやろ、だから待っとき」

 蕗二が立ち上がると、竹輔が心配げにこちらを見上げる。

「蕗二さん、無理はしないでください」

「何やねん急に」

「方言出てますよ、めっちゃ動揺してるじゃないですか」

うなあほ! 人がカッコつけてんねんから黙っとけ!」

 ゆでだこ以上に顔を真っ赤にして怒鳴った蕗二は、とっとと背を向け玄関に向かう。

 無遠慮に近づく蕗二に気がついたのか、玄関先で何か話し合っている鑑識がこちらを向いた。マスクで半分覆われていてわかりにくいが、全員顔色が悪い。

「お疲れ様です。もう入ってもいいですか?」

「もう少し待ったほうが、いいと思います」

 鑑識の、若い女性が言う。蕗二は開け放たれている玄関に顔を向けた。薄暗い玄関の向こう、恐らくリビングだろう。そこから鼻奥を刺す臭いが強く漂ってくる。呼吸するごとに、胸元が気持ち悪さを訴えてくる。

「いえ、大丈夫です。なんせ気が短いもんで。足場は確保してありますよね?」

 蕗二の言葉に、鑑識は心配そうな表情を浮かべながら青いゴム手袋と靴を覆うビニールを差し出した。蕗二は手早く身につけ、足元のビニール製の足場・歩行帯ほこうたいを辿る。玄関を抜け、廊下を歩きながら、わかってる、大丈夫だ。そう言い聞かせる。じゃないと強くなっていく悪臭に気がやられそうになる。ここまで酷いのは久々だ。すれ違う鑑識と挨拶を交わし廊下の終わり、リビングへと足を踏み入れる。家具のない、広いリビングの一角に鑑識が集まっている。なんとなく感じる甘い匂いと、目にみる刺激臭に頭が締め付けられるように痛くなる。浅く口で呼吸しながら、あいさつもそこそこに、ゆっくり近寄る。蕗二に気がついた鑑識が体を避け、『それ』が視界に入ってきた。瞬間、頭が理解するのを拒絶する。

 蝶がいた。黒い蝶。五、六匹が『何か』に集まっている。『それ』が一体何なのか、よくわからなかった。薄っすら白い埃の積もるフローリングに、不自然な黒いシミ。黒いインクの水溜まりにも見える。一歩踏み込む。蝶が驚いて舞い上がった。より見えやすくなったシミを見下げる。黒い水溜りの中心は、少し盛り上がっている気がする。特に中心あたりは黒のような緑のような、なにか柔らかな形のものがあるらしい。その水溜りの中、わずかに見える布。黒いシミの色が移り、ほとんど元の色も分からなかったその服の色は、薄いピンク色で……

 咄嗟とっさに口元を押さえる。だが、悲鳴は喉に張り付いて出ることはなかった。

 死体だ。しかも、子供のだ。

 真夏の湿気と温度によって、腐敗が進んでしまったのだ。腐り溶け出した体はねっとりとした液体になり、赤みがかったこげ茶色の水溜りになっている。その中に、黒く腐った肉と、つややかな黒髪が混じり合って沈んでいた。その液体を、蝶が長い管状の口を伸ばして吸っているようだ。羽を上下させている姿は花に群れる姿そのもので、違和感とともに感覚が麻痺する。蝶の黒さと腐肉のせいで、ところどころ見える骨が異様に白く映え、目の奥を焼く。その表面が小波さざなみを打っていることに気がついた。米粒よりやや大きめの、ころころとした蛆虫うじむしい回っているからだった。はえの羽音がすぐ耳元を掠めた気がして、全身鳥肌が立つ。直視することは、もうできなかった。

 震えそうな体を無理やり動かし、遺体に向かって両手を合わせて目を閉じる。少しうつむくだけで、喉の奥から吐き気がせり上がりそうになり、奥歯が割れるほど噛み締め、口の中に溢れる唾液で押し戻した。

「あら、吐かないの?」

 よく通る声に、はっと顔を上げる。遺体のかたわら、鑑識の制服に身を包んだ男たちともう一人、喪服のような黒いスーツに身を包んだ女性が立っていた。

法医昆虫学ほういこんちゅうがくによると、ある種の蝶は死体や糞尿に群れるらしい。蝶がいるだけで、なかなか幻想的でしょう?」

 そう言って、東検視官あずまけんしかんは蕗二に不敵な笑みを向ける。あずまは場を和まそうとしたのかもしれないが、この状況では「そうですね」と返事するのが精一杯だった。東は蕗二の様子を見ていたが、つまらなさそうに腕を組んだ。

「変死と聞いてね、直々じきじきに出ることになった。今のところ遺体ホトケさんは6歳以下の子供、パーツ的には女の子だと思うけど」

「死後、どれくらい経ってますか」

「二週間前後ってところ」

「死因は、他殺ですよね」

 蕗二の問いに、東は首を捻りながら横に振る。

「それがね……奇妙な事に、事故死に似てる」

「事故?」

「ええ、あえていうなら転落死。それも三階くらいの高所から」

「転落死?」

 ひらひら蝶がはためく中、天上を仰ぐ。穴はない。高さはやや高いが、背の高い蕗二なら手が届く範囲だ。二メートルくらいだろう。どう考えても、この部屋に転落できる場所はない。蕗二が眉を寄せると、つられるように東も眉間にしわを刻んだ。

「奇妙でしょ? 頭蓋骨の割れ方はざっくり見ても陥没かんぼつ骨折。ひび割れもひどい。殴り殺されたり、大人が頭上から叩きつけたとしても、ここまで激しくならない」

 東の頭の中には、腐乱前の少女の遺体の状況が描かれているのだろう。

 蕗二は目の端で少女の遺体を盗み見る。意識すれば、なんとなく形が見えてきた。仰向けかうつ伏せかはわからない。だが、手は体の横にした直立不動で、蕗二に足を向けられているようだ。

 ここで首を傾ける。

 湧き上がる疑問を促すように、蝶が目の前を横切った。視線をフローリングへと走らせる。床の埃は少女から庭へと繋がる大窓まで、真っ直ぐ綺麗に払われている。足跡を拭き取ったのだろう。大窓へと近づき、屈みこむ。窓は開け放たれていた。その曇ったガラスにひびが入っている。窓を閉めてみると、鍵の上部に小指ほどの穴が開いていて、開錠かいじょうされていた。有名な手段で、ドライバーで窓を割ると同時に鍵を開ける窃盗犯の常套手段じょうとうしゅだんだ。

 なぜここなのだ。蕗二は顎を掴んで考える。

 犯人はわざわざ廃屋を探して、鍵を開けて侵入し、ここへ遺体を置いた。手間がかかりすぎている。

 もし本当に遺体を隠そうと考えるのなら、普通ばれないことを前提にする。たとえば埋めるとかは、誰でも思いつきやすいだろう。大人ではないから、穴を掘るのもさほど苦労しない。もしくはゴミ袋に詰めるか、山にでも捨てるか、最悪解体してしまうか。だが、遺体に手が加えられている気配はない。

 まるで、遺体を見つけてもらうことが、目的のように。

 蕗二がうなっていると、空気が動く気配がした。続いて足音が近づいてくる。振り返ると、顔の四角い初老の男がリビングに入ってくるところだった。

「はいはいお疲れー。ちょっとホトケさん見せてくれよー」

 鑑識が道を開け、男が遺体をのぞく。黒いシミに顔をしかめたかと思うと、途端に眉尻を下げ南無阿弥陀仏なむあみだぶつと手を合わせ始めた。もう一つ、足音が聞える。慌てた様子でひょろりとしたモヤシのような若い男が、何度も頭を下げながらやってきた。悪臭に表情を強張らせながら、顔の四角い男の隣へと止まる。そして驚いたように目を見開いた。放心しているかと思ったら、突然白い顔になり、うぐっ、と口元を押さえた。それを見た顔の四角い男が立てた親指で後ろを指差す。

「無理するな、萩原はぎわら。いっぺんすっきりして来い」

 男野の言葉に、これ幸いと、もやし男は外へと駆け出した。残った顔の四角い男は、険しい顔の東と、呆然とする蕗二に頭を下げた。

「すみません。あいつ先月子供生まれたばっかで」

「ああ、それは災難ね。でもちょうど良いわ、来たところ悪いけど、一度出てくれる? こっちもいい加減ホトケさんを運びたいから」

 猫でも追い払うような仕草で、蕗二と顔の四角い男は家の外へと追い立てられた。

 蒸し暑い外に出ても、まだ腐敗臭がまとわり付いている気がして、身震いとともに頭を強めに振る。誤魔化すように視線をめぐらせると、先ほど竹輔がいた場所に、もやし男の屈みこんだ後ろ姿を見つける。どうやら竹輔が救護きゅうごしてくれているらしい。

「おーい、大丈夫かはぎ。吐くなら吐けよー?」

 顔の四角い男は近寄ると、竹輔は入れ替わるように立ち上がる。少し乱暴に背をさすられながら、もやし男は頷いている。

「竹、ありがとな。あと、あれは吐くわ」

「ええ、しばらく蝶を見ると吐き気がするかもです」

 竹輔は困ったように笑って、ハンカチで汗をぬぐう。そして表情を引き締めた。

「東さんは、なんて言ってましたか」

「ホトケさんは転落死らしい。死後約二週間、恐らく女の子」

「転落死ですか? この家の屋根からとか?」

「いや、高さが足らない。三階くらいらしい。ホトケさんが、この家の住人って言うのも、あんまり考えられねぇな。家は一年以上放置されているはずだ」

「では、犯人はこの家が空き家だと知っている可能性があるってことですよね? とりあえず周辺と元持ち主についてを地取りですね」

「ああ、女の子の身元が判明次第そっちも」

「ちょいちょい! こっちも混ぜてくれないか?」

 顔の四角い男が、屈んだままひらひらと手を振った。突然話を遮られ、蕗二と竹輔は顔を見合わせる。

「自己紹介が遅れたな。中野署生活安全課セイアン尾花おばなだ。これは萩原はぎわら

 背中を叩かれたもやし男・萩原が申し訳なさそうに挨拶してくる。

「本庁一課の三輪です」

「同じく坂下です。よろしくお願いします」

 軽い会釈えしゃくの後、蕗二は菊田の言葉を思い出した。

「尾花さん。中野署、昨日から帳場ちょうばが立ったって聞いてますが」

 すると尾花は視線を泳がせ、気まずそうに後頭部を撫で上げる。

「うーん、ちょっとややこしいんだが。今、中野署は二つ事件抱えているんだ。ひとつが知ってる通り、昨日立ったばかりの帳場で、もうひとつが二週間前から帳場が立っている件」

「二つも立ってたんですか!」

「そう大声を出してくれるな」

 耳の穴に小指を突っ込んだ尾花は、膝に手をついて掛け声とともに立ち上がった。

「おれらが来たのは、その二週間前の帳場がらみでな。四歳の女の子が家からいなくなったんてんで、必死に探してたんだよ。で、子供らしい遺体が見つかったって聞いて、来てみたら……」

 尾花の歯切れの悪い言葉に、再び吐き気を思い出した萩原がうめいた。竹輔が居心地悪そうに身じろぐのにつられ、蕗二は腕を組む。

「まだ、その子だと確定してません」

「まあ、そうなんだが。ただ、殺されたってんなら、話が変わる」

 蕗二が眉を寄せる。尾花はスラックスのポケットに手を突っ込んで、まぶしげに空を見上げた。

「昨日、立った帳場は男児誘拐事件だ。昨日、親御おやごさんが血相変えて飛び込んできた。しかも脅迫状きょうはくじょうが自宅に届いててな。困ったことに、二週間前から捜してる女の子と誘拐された男の子は、同じ保育園に通っている。しかも、友達だそうだ。偶然にしては、できすぎてる気がしないか?」

 竹輔が息を詰まらせ、蕗二は手のひらに爪を立てた。

 つまり、遺体となった女の事と誘拐された男の子は、同一犯による犯行。そして、誘拐事件は時間との勝負になる。

「最速解決必須……皮肉かよ」

 鋭く舌打つ。上がり始めた太陽が、嘲笑あざわらうようにこちらを照りつけた。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます