File:9 踏み出したその先



 二日後。7月2日水曜日、PM18:05。


 軽く二回、扉を叩いた。堅く高い音が響く。

 中から男の声で返事があった。扉を横へ滑らせると、真っ白な部屋が現れる。消毒液のにおいと、テレビの音。部屋の片隅に置かれた白いベッドの三分の一が起き上がっている。そこに背を預けた青年が、こちらを見て驚きの表情を浮かべていた。

「なんだ、意外と元気そうだな」

 ドアを閉める音に、青年・杜山もりやまは慌てて姿勢を正そうと、腕を動かす。が、腹に力が入ったのか、呻き声を上げ顔をしかめた。

「あーあ、無理すんな。くつろげよ、お前は怪我人けがにんだろ」

「そんな、たいした怪我じゃないんですよ。刺さった場所がよかったらしくって、上手く行けば10日くらいで退院できるそうなんですけど、やっぱ腹に力は入ると、まだやばいですね」

 杜山もりやまは青い入院着の上から、腹を擦る。

「それはそうと三輪さん、この事件の担当なんですか?」

「担当といえば担当だが、やることが違うし、これは完全個人的なやつだ。見舞いもあるぞ、ほら」

 片手にぶら下げていたものを杜山もりやまの足元、可動式のベッドテーブルの上に置いた。杜山は蕗二の顔と置かれた物体を交互に見る。

「え、でかっ、なんですかこれ」

「なにって、一斗缶いっとかんせんべいだよ。日持ちするから安心しろ。あー、量あるから湿気防止に、なんかジッパー付いたビニールに小分けして、乾燥剤入れとくといいぞ」

 物珍しいのか、缶をしばらく見つめると、何か堪えきれなくなったのか杜山は突然、声をあげて笑った。

「はははは! 刑事さん、庶民的過ぎッ、イタタタ……」

 杜山は汗を噴き出すと、腹を押さえて前かがみになってしまう。

「お前、笑いすぎだろ。傷開くぞ」

「じゃあ笑かさないでくださいよ」

「いや、どこにも笑う要素ねぇだろ」

 不服と眉を寄せ、溜息をつく。壁際に置いてあった丸イスを引き寄せ腰を下ろすと、杜山が顔を引き締めた。

「ニュース、見ました。犯人捕まえたんですね」

「ああ、捕まったな」

「逮捕したの、三輪さんですよね」

「まさか」

「じゃあ、その顔の傷は?」

「転んだんだよ、あんまり見るな」

 顔どころか全身打ち身と擦り傷だらけだが、言う必要はないだろう。蕗二は瘡蓋かさぶたのできている手を隠すように、ズボンのポケットに手を入れる。

 この事件は『犯罪防止策』の一つとして、模倣犯防止に情報を伏せていることがある。

 まずは、犯人の動機。

 おおやけには、ストーカーのエスカレートした結果の犯行としているが、真実は全く違う。

 殺人主犯の芥子菜からしなハルトは、人を殺したくて仕方がなかった。その欲を満たす為に、代理殺人サイトの運営までしていたこと。芥子菜から芋づる式に逮捕した、多摩豊たまゆたかは、被害者や野村をストーカーし、犯行時運転していた協力者だ。協力理由は、これまたふざけた理由で、人が殺されるのを目の前で見たかったらしい。そして、全ての犯行の依頼者、篝火歩葉かがりびあゆはは殺してでも片思いの女性たちを手に入れたかった。

 三人の感情は、自分には全く理解できない。だが、あの三人の利害は一致してしまった。繋がってしまった動機はぐるぐると、まるで坂を転がるボールのように加速していった。もしも逮捕できなければ、その行き着く先は一体どこだったのだろうか。

 それからもう一つ、捜査についてだ。

 あの時、追跡でぶつけた覆面パトカーは廃車おしゃかになった。足が痺れるとか耳にタコができるとか、そんなレベルを通り越して菊田さんから長々と説教を食らった。もちろんたっぷり二倍の始末書も書かされた。

 だが、それだけだった。

 刑事を含め警察官である以上、何かやらかした場合は自宅謹慎じたくきんしんやら減棒げんぼうやら、最悪部署を異動させられるなど、何かペナルティがある。だが、そんな話が一つも出てこないのだ。さらに、犯人を追ってまだ日も沈まぬ街を爆走し、車を衝突させ、道路上で体当たりをかまし取り押さえるという、馬鹿みたいにド派手な捜査は隠し通せるものではない。野次馬のかっこうの餌になる。それに発達した情報社会である以上、どう足掻あがいても情報が広がってしまう。

 なのに、静かなのだ。

 ニュースやSNSを調べても、騒ぎ立てる者が見当たらない。

 一体どこで何が起こっているのか、まったく分からないが、大規模な情報操作が行われているとしか考えられない。そして恐らく、柳本警視長が裏で手を引いている。まだまだ【特殊殺人対策捜査班俺たち】を利用するつもりのようだ。

 そう思うと気持ちが悪い。

 思考の海に沈んでいた蕗二の耳が、杜山もりやまの声を拾う。それに意識を引き戻された。

「あ、悪い。聞こえなかった」

「野村を、見てませんか?」

 蕗二は目を見張り、首を横に振った。

「いや……来てないのか?」

「いえ、来てくれてたようなんですけど、まだ会えてなくて」

 杜山が視線を向けた先には、蕗二の膝ほどの小さな冷蔵庫があった。その上に置かれた花瓶に様々な花が生けられている。そしてその陰に隠れるように、手のひらに収まる小さなかごが置いてあった。そこに飾られているのは、花の開いた小さなチューリップのような黄色と白と紫のシンプルな花。

 杜山はそれを、暖かく優しい眼差しで見つめていた。その顔を見ながら、蕗二は強く拳を握る。

「なあ、杜山」

 杜山が花から、蕗二へと視線を移した。そして息を詰まらせる。

 蕗二は世辞せじでも目つきが良いとは言えない。普通に眼があっただけでも怖がられる。が、眉間に深い皺を寄せ、睨み付けられれば殺意を向けられているようにも感じる。今にも喉元を食いちぎられそうだ。

「何でかばった」

 蕗二が目を細めると、さらに杜山は顔を強張らせた。

「お前が身をていしてまで、野村をかばう理由は、何だ」

「り、理由って、意味わかんないですよ。だって、目の前で人が襲われて、助けないわけには行かないでしょ」

「いろいろ引っ掛かるんだよ。調べさせてもらったが、お前の出身は野村と同じ千葉だ。なのに、そろいもそろってこんなに離れた大学に通って、さらにバイト先一緒? ふざけるな。付き合ってもいない他人が、偶然同じ場所なんてあり得ない。お前、六年前の野村の事件、全部知ってたんだろ。だから、野村の面倒見てんのか?」

「違います!」

 即座に蕗二の声は遮られた。絶叫のような、狭い病室には大きすぎる杜山の声が響く。だが、自身の腹の傷にも響き、堪らず腹を抱えてうずくまった杜山の背を見つめる。

 反響していた声が完全に止んだ頃、杜山が唸るような声を出す。

「いえ、三輪さんの言うとおりです。最初はそうだった、気がします。あの事件が起こってから近所中、いろんな噂が飛んでました。それが、野村が≪ブルーマーク≫になった途端、ぴったり止まったんです。それから何が起こったと思いますか? 野村は、元々悪い奴だったみたいに、まるで世界から今までの野村を切り取って、全部なかったかのようになった。しかも野村まで、噂どおりの別人になって、なんか、それがすげぇ嫌で、今までの野村はなんだったんだって……めちゃくちゃ悔しかったんです。悔しくて悔しくて、絶対オレだけは、態度変えてやるもんかって、思ったんです。野村が進む方向と同じになりたくないって、みんな言うから、だからオレはあえて選んだんです」

 杜山の顔が上がる。強い怒りの表情だった。だが、蕗二とにらみ合う眼の奥から、怒りを書き換えるように、悲しみの表情が滲み出した。それを隠すように顔が伏せられる。

「あの時かばったのは、これ以上、野村を傷つけられたくなかったからです。野村はいっぱい傷ついて、いっぱい失った。だから、これ以上何も失って欲しくなかった。野村が生きてくれればそれでいいって。でもあの時、気を失う前に、ほんのちょっとだけ野村の声が聞こえたんです。震えた声で『なんであんたも』って。その時は、意味わかんなかったんですけど、今思えば、目の前でストーカー野郎の死ぬ姿、見せつけられたあいつの気持ち、全然分かってなくて、結局オレも、野村の気持ちを無視してたのかなって……やっぱ、今まで全部、要らないお節介だったのかなって……」

 自嘲気味じちょうぎみに笑う杜山を追い詰めるように、蕗二は攻撃的な視線を緩めなかった。

「ああ、お節介だったろうな。野村にとっちゃあ、トラウマをほじられた訳だ。それに、お前は死んでたかもしれない。今回はたまたま助かった。けど、わずかに場所がずれてたら、犯人が何度もお前を刺したら、車でお前たちをまとめてき殺したら。……まず命はなかった。命捨てて、救える命なんて限られてる。もし英雄を気取りたいなら、救助ボランティアでもやってろ」

 蕗二の鋭い言葉に、杜山の入院着を握り締める手が震え、白んでいた。蕗二はうつむいた後頭部を穴が開くほど見つめ、ゆっくりと瞼を下ろした。真っ暗な視界の中、静かに息を吐き出す。体から力を抜き、寄せすぎて痛む眉間を広げる。ゆっくりと拍動する心臓の音に耳を傾けながら、瞼を押し上げる。白いシーツが眩しい。その光を噛み締めるようにまばたいて、静かに言葉をつむぐ。

「……でも、誰よりも良い奴だ」

 命を張ったのは、褒められる行為とは言えない。

 だが、杜山が今まで野村にしてきた行動は、野村を心の奥底に光をもたらした。

 人は流される。大勢の意見に同調して、多いほうを正義とする。多い意見は、正しい意見として刷り込まれ、自分の考えだと錯覚し、そして事実は簡単にすり替わる。

 だが、杜山は違った。

 流されない。噂に、空気に、曖昧あいまいな言葉に惑わされず、自分の意思で、全てを判断する。

 初対面の俺にだってそうだった。刑事の肩書きを脇に置いて、俺自身を見ようとした。

 こいつならきっと、何にもとらわれず、『野村紅葉』と言う人間を見てくれるはずだ。

 だから、大丈夫。

「お前だけが野村を救った。お前だけが見捨てなかった。自信を持て。あいつには、お前のお節介が必要だ」

 蕗二の言葉に、はっと息を呑んだ。跳ね上がるように顔を上げた杜山は、信じられないと蕗二を見つめる。だが、蕗二の強い視線に、嘘ではないと確信させられる。蕗二の言葉はゆっくりと、杜山の心にみて、表情を崩させた。赤く染まる目の縁一杯に涙を溜め、瞬きよりも早く溢れさせた。あとは壊れた蛇口のように幾筋もの道を作って流れ続ける。歯を食いしばり、肩を震わせ、時折大きく鼻をすする。

「オレ、野村を救えますか?」

 震える声に、蕗二は肩を強めに叩き、しかと頷いて見せた。

「ああ。お前ならできるよ」

 杜山は涙と鼻水とでぐしゃぐしゃの顔で、誇らしげに笑っていた。






 蕗二が廊下に出ると、壁にもたれかかっている人影に目が留まった。

「三輪っち、来るんだったら言ってよね」

 野村が上目遣いににらんでくる。蕗二は思わず後頭部をいた。

「あー、悪かった。俺はてっきりお前がいると思ってきたから」

 そこではたと気がつく。

「あれ、お前いつからここに」

「三輪っち」

 野村が体ごとこちらを向いた。瞬間、手をしびれるほど締め付けられた。反射的に手を引くよりも、痛みに声を上げる間も早く、野村が大きな声をあげた。

「あーむりむりむりむり! 素手は無理、難易度高すぎうえええ吐きそうううう!」

 髪を振り乱し、壁に手を張り付けぜーぜーと息を荒げている様子は、大げさすぎるほどのリアクションだ。が、背中の波打ち方から本気で吐き気を堪えているとわかった。蕗二は自分の手を見つめる。わずかに残る痛みと指の赤み、一瞬感じた体温。

「野村、お前」

「わたし!」

 勢いよく顔を上げた野村は、涙目ながら挑むような強い視線でこちらを見る。

「逃げるのやめるから」

 そう言うと、杜山の病室へと駆け込んでいった。病室から騒ぐ声がする。野村が杜山の傷を突いたのかもしれない。

 蕗二は笑いを堪え、そっと踵を返して白い廊下を歩き出す。

 人を救う。人を殺す。

 どちらも口にするのは簡単で、実際はどちらも躊躇ためらってしまう。

 だが、ある一線を越えた時に、躊躇ためらいは嘘のようになくなる。

 その結果が、人を救うのか、害するのかの違いで……

 そして父は、その一線を越えた。

 犯人を捕まえる為に、これ以上犠牲が出ないように、そして、俺を守る為に、命を投げ出してしまった。

 新聞、テレビ、父の仲間や、あらゆる人から、勇敢ゆうかんたたえられた父。

 だが俺はあの時、あまり嬉しいとは思えなかった。

 なぜ庇ったのだと、白い花に埋もれ眠る父につかみかかって、問い詰めたいと思ったほどだ。

 死んでしまうくらいなら、どんなに無様でも、生きていて欲しかった。

 父への、自分への怒りと悲しみは、誰にもひとつ吐き出せず、ブルーマークへの憎しみへと変わった。

 全てあいつがいなければ、父が死ぬことはなかったのだと。

 だが杜山の言葉に、そうかと納得できた部分もある。

 父は、俺に生きて欲しかった。己を犠牲にしても、守りたかったのだ。

 だから、死ぬかもしれないとわかってても、俺の目の前、犯人に立ち向かったのだ。たとえ、何度同じことが起ころうとも、父は俺をかばうのだろう。

 子供のはしゃぐ声がした。

 いつの間にか病院を抜け、病院の隣にある大きな公園へと来ていた。

 広い芝生と青々とした木々の中をただ黙々と進むと、大きな噴水が見えてくる。その縁に腰掛けた少年が見える。

 陽はまだ高い。少年の白いシャツが、薄っすらと汗で湿気て、背に張り付いている。

「暑いだろ、一緒に来ればよかったのに」

「ぼく病院嫌いなんです」

 芳乃ほうのは気だるげに、中身が半分になったペットボトルを片手に呟いた。

 その隣に腰掛ける。スーツの背に水の冷気があたり、日差しの暑さをやわらげてくれた。

「芳乃」

「恨むな、なんて言いません」

 蕗二の言葉を遮った芳乃は、ただ真っ直ぐ前を向いている。

「ぼくは、あなたの過去を知りません。ですが、人それぞれ、引きっている過去があります。そして、それは簡単に引き剥がせるじゃありません。あなたがぼくら≪ブルーマーク≫を嫌うのは、その過去があったから持った感情です。とても自然な事なんです。だからもし、その感情を捨ててまで、『答え』を出すのなら、ぼくはこの先も、あなたを信頼しません」

 淡々と、つむがれる言葉に氷の冷たさはない。そしてどこか、そっと胸を撫で下ろす自分がいた。

 野村のような凄惨せいさんな過去を持つ≪ブルーマーク≫がいることは、悲しくも事実だ。

 だが、俺の父親の命を奪ったのもまた≪ブルーマーク≫だ。

 父が俺を庇い救ってくれたことは、きっと感謝すべきことだ。それは頭でわかっている。でも、≪ブルーマーク≫が、父を殺した事実は消えない。許せるわけがない。眼の奥に焼きついた光景は、まだ消えない。あの瞬間から、青い光を憎んで、恨んで、それだけをかてにこの十年間生きてきた。この感情は消えないし、捨てられない。捨てる捨てない、許す許さないとか、そんな簡単な話じゃない。もし、この感情をまるまる捨てろと言われれば、俺は何かを見失ってしまう。何かはわからない。でも一度見失えば、もう二度と立てなくなってしまう。そんな気がする。だから、この先どうすればいいのか、この感情と≪こいつら≫とどう向き合えばいいのか、まだ答えを出せない。

 そんなことまで、この黒い眼は見抜いている。まったく、末恐ろしい奴だ。

「なあ、お前は」

「資料は、まだ全部読んでませんね?」

「え、ああ……野村のとこだけだ」

「まあ、事件の合間でしたし熟読されても困りましたが。脳みそ筋肉のあなたのことです、全員の分を一気に読んだら簡単にキャパ越えるでしょうし」

「それくらいで越えるか、馬鹿にすんな」

 黒い眼がやっとこちらを向いた。眠たげに目尻が垂れた、どこにでもいそうな少年。

 しかし、目の奥はずっと深く暗い穴が広がっている。

「ぼくのは、面白くないですよ」

「面白い面白くないって、なんだよ。そんなので判断するもんなのか?」

「面白いほうが興味持てますし? それに」

 小さく、芳乃が何かを呟いた。が、突然の子供の声に掻き消された。視線を向けた先で、噴水の周りで水遊びをする子供が噴水に落ちたようだ。助けようかと腰を上げるがそれよりも早く、母親らしき女性が子供を引き上げた。浮き上がらせた腰を置きなおすと、隣で芳乃が立っていた。

「じゃあ、用も済んだので帰ります。お疲れさまでした」

 話は終わったとばかりに向けられる芳乃の背に、蕗二はとっさに声をかける。

「芳乃、今度どっか遊びに行かねぇか? 普通に、仕事なしで」

「お断りします」

「即答かよ」

「じゃあ、全部刑事さんがおごってくれるなら考えます」

「じゃあってなんだよ、ほんと生意気な事しか言えねぇな? どうやったらガキらしいことが言えるようになるんだ?」

 頭をなで、黒い髪を掻き乱してやると、鬱陶うっとうしいと言わんばかりに手を払い除けられる。

「うるさいですね、暑いんで触らないでくれますか」

「おうおう、じゃあ冷やしてやるよ」

 噴水に手を突っ込み、手首を返して水を跳ね上げる。反応の遅れた芳乃の顔に直撃し、思わずよっしゃあと声をあげた。水をかけられ呆然としていた芳乃は、ゆっくりとした動作でシャツの端で顔をぬぐう。上げられたその表情は恐ろしく不機嫌だった。あっやばいと思った瞬間、すばやく腕全体で体の前を隠すが、それを越えて大量の水が頭から被せられる。ぼたぼたと顔を流れる水が視界を塞いだ。犬のように顔を振り、手で拭い払った。取り戻した視界に、芳乃は珍しく口の端を吊り上げて笑っていた。手にはバケツ、後ろで芳乃を見上げる水着の子供が立っている。

「お前卑怯ひきょうだな!」

「最初にやったのは刑事さんでしょ」

「なにを! あっくそバケツ! バケツ反則!」

「無駄に体でかいんですから、ハンデですよハンデ、わっ!」

「へへへへ大人舐めんなよ、こちとら技術があんだよ」

 スーツを着たいい大人が、なんてお構いなしで。いつもの平静な表情を年相応に崩して。

 お互いずぶ濡れになるまで、騒いでいた。

 跳ね上げた水が、虹色を含んで輝いていた。








 **憫笑するブラインドフラワー** 【了】



 If this story have continued?  Please reading next pege.

 Insanity is waiting you.

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます