File:7 捕らえた魔の瞬間



 車の中だろうか。薄暗い後部座席に座るジーンズの足が見える。

 ベージュ色のシートには透明なビニールがかけられていた。何か一定のリズムを刻むスニーカーから、ふと運転席と助手席の間から流れる風景へと視線が移る。

 陽は落ち、わずかに余韻よいんの残る昼の空に、深く濃い藍色がにじんでいる。

 その下を車は散歩のように、ゆっくりと進んでいく。

 しばらくして、道の端に女性の歩く後姿が見えた。巻かれた髪が歩くたびに肩の上でふわふわと揺れている。車は女性を追い越し、数メートルして静かに止まった。

 視線が後ろへと動き、先ほど通り過ぎた女性を見つめている。

 歩きながら液晶端末を触り、こちらに向かってくる女性。

 女性が車を避けようとわずかに足並みを変えたその時、突如現れた黒い皮手袋がドアを開け放ち、外へと飛び出していく。目の前には丁度、女性。黒い手はまるで流れるように、車内に引き込んだ。

 突然のことに驚き、後部座席に倒れたまま声も出せなかった女性は、ドアが閉まる音にやっと我に帰った。

 助けを求め、口が開かれた。

 だが、声は出なかった。出し損ねたのだ。

 胸に黒い拳が振り下ろされていた。それだけじゃない、黒い手が離れると胸の真ん中、丁度心臓のある場所から黒い棒が突き出ているのだ。

 女性が呆然とそれを見つめていると、黒い手がそれを掴んだ。女性が血相を変え、黒い手にしがみ付くがそれより早く突き出たものが引き抜かれる。血に濡れた銀色の刃。

 ぽっかりと開いた胸の穴から鮮やかな赤い血がにじんで止まらない。

 ひっと喉を引きらせた女性の首を、黒い手は締め上げる。

 首から上を真っ赤にし、黒い手を引き剥がそうと美しい装飾に飾られた爪が黒い手に食い込む。だが、失われていく血と酸素に力が入らないのか、弱々しい。

 顔の色が赤から紫がかり、あえぐ口の中で白い舌が震えた。

 そして何度か身体が大きく痙攣けいれんすると、女性の瞳が光を失い、糸の切れた人形のように血溜まりに沈んだ。

 黒い手が確かめるように細い首をなぞり、柔らかな頬を撫でても女性は反応しない。

 満足げな溜息。

 待ちきれないとばかりに震える指先が、濡れた目尻をかすめ、あでやかな髪へと潜り込む。

 指にからませるようにすくい上げたその先は画面の外へ。

 深く肺一杯に空気を吸う音と小さな笑い声。




 そこで映像は途切れた。




『とまあ、こんな感じなのだが』

 固く無機質な片岡の声が、映像を流していた液晶タブレットから聞こえた。

 警視庁の一角にある会議室で、四人全員が固く口を閉ざしたまま、片岡の言葉に耳を傾けていた。

『つまり依頼人の指示の元、人を殺し、依頼完遂いらいかんすいの証拠として、犯行動画をアップするという代理殺人サイトだったようだ。元はただの殺人について語り合う場所だったようだが、管理人がひっそりと代理殺人の運営をしている。サイト中を見たところ、金銭やり取りがあることと、犯行はこの一連の殺人が初めてだということが分かった』

「なんて悪趣味な……」

 顔が赤らむほど噛み締めた歯の間、堪えきれず漏らした竹輔の低い声に、隣で今にも吐きそうな青い顔をした芳乃がやっと小さくうめき声を上げた。そんな二人の間から映像を見ていた蕗二ふきじは、いやに自分が冷静な事に気がついた。

「このサイト運営者は?」

芥子菜からしなハルト。下取り自動車を修理し、中古車として販売する業者の従業員だ。ちなみに≪ブルーマーク≫だよ』

「だから車からリーダーシステムを外したり、ナンバーをいじれるわけか、なるほど」

「ナンバープレートも、登録抹消分とうろくまっしょうぶんを使えば盗難車両リストから外れますね」

「片岡、今のこいつの居場所は?」

愚問ぐもんだね。現在地も行動予測も全て把握済みだ』

「菊田さん」

 蕗二は画面から目を離さないまま上司の名を呼ぶ。壁際で、腕を組んでいた菊田が身じろいだ。

帳場ちょうばは、どこまで動いていますか」

「まだ車種特定と地取りで手詰まりしている」

「ウチの情報を、帳場の捜査本部長に伝えたらどうなりますか」

「そりゃあ、決まっているだろう」

 菊田の返答に蕗二が小さく息を漏らすと、竹輔と芳乃が振り返る。蕗二の浮かべている表情に芳乃は不快げに目を細めた。

 笑っている、ほんの微かに口の端を持ち上げて。それは蕗二には不釣合いで、だからこそ腹底に潜む猛獣の凶悪さを物語っていた。

「俺らを完全に怒らせたこと、後悔させてやる」

 猛獣が、唸り声と共に低く笑った。その笑みに、竹輔は楽しげに、だがつられるように猟犬の眼差しで笑う。普段穏やかな竹輔も、立派な狩猟犬けいじなのだと改めて思い出させられる。

「そこは『泣こうがチビろうが容赦せーへん、死んだ方がマシやって後悔させたる』じゃないんですね?」

「懐かしいな、コンビ初の時か」

「ええ。あの時、僕はあなたの隣で、本気で漏らしかけました」

「……お前、んなこと思ってたんか」

「あはは、今だからこそカミングアウトですよ」

「あほ、そういうのは引退式で言え」

「それもそうですね」

「……行くぞ」

「はい」











 PM18:28。江東区こうとうく


 日が長くなり始めたおかげで、辺りはまだ明るさを保っている。

 少し賑わいを残した住宅街の中、ある家の前で白い軽自動車が速度を緩めた。車は車庫に頭から入り停車する。ランプが消え、男が一人車から降りてきた。つなぎの作業服姿の無気力げな男だ。無造作に取り出した鍵で玄関のドアを開け、滑り込むように家へと入っていく。そのドアが閉まった途端、影から10人の男たちが一斉に湧いて出てきた。

 言葉を交わすことなく、6人が家を囲むように散らばり、玄関に4人が残った。一番先頭にいた眼鏡の男が隣に立つ恰幅かっぷくの良い男を見る。視線を受けた男は耳元の通信機を指先で二回叩くと強く頷いた。それを合図に眼鏡の男がインターフォンを鳴らす。反応はない。もう一度鳴らすと、女性の声が返事をした。

芥子菜からしなさん、すみません。警視庁のものですが」

「え、警察?」

 インターフォンが切られる。眼鏡の男の左後ろ、Gジャンの男がドアをこじ開けるべく近づくと、慌しくドアが開けられた。小太りの女性がドアのすぐそばに立つ男を見て、血の気を引かせた。

「あの、どうされたんですか……?」

「息子さん、帰宅されていますよね」

 眼鏡の刑事の右後ろ、ポロシャツの刑事が鞄から白い紙を取り出した。眼鏡の刑事はそれを受け取ると、女性・芥子菜の母親に見えるように掲げた。

墨田区すみだくで発生した事件の件で、息子さんに家宅捜査令状かたくそうされいじょうが出ました」

「え? そんなまさか」

 母親が口元を押さえ、崩れ落ちかける。その時だ。母親の背後、突如とつじょドアを開け息子・芥子菜からしなハルトが現れた。刑事たちは確保すべく動き出した瞬間、芥子菜ハルトは口の端を吊り上げた。

「班長!」

 裏から大声が上がる。眼鏡の刑事が顔を向けた先、黒い塊が飛び出してきた。黒いステーションワゴンだ。しかも運転席には誰も乗っていない。だが自ら意思を持ったように、車は玄関前に立つ刑事たちへと突っ込んできた。それとほぼ同時に芥子菜からしなハルトは母親を突き飛ばす。Gジャンの刑事を巻き込み倒れる母親には目もくれず、刑事たちを蹴散らし止まったステーションワゴンへ飛び乗ると、刑事たちが飛びかかるよりも速くタイヤを高速回転させ猛スピードで走り出した。

「なんだ、なんで車が!」

「裏の路駐車が突然動いて!」

「遠隔操作でパクりやがったのか! くそ追え、追え!」

 怒号が飛び交う中、恰幅かっぷくな男・竹輔は耳元を押さえ、声を張り上げる。

蕗二ふきじさん!」

『だと思ったよ』

 低い声とともにサイレンの音が鳴り響き、刑事たちの目の前を、銀色のセダンが猛スピードで横切った。







  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます