File:6 薄暗い部屋の奥




 AM11:33。警視庁6階倉庫奥。


 ノートパソコンが熱を排出する、わずかな音だけが聞こえる。

 煌煌こうこうと光る画面は真っ白だ。その真ん中に警察IDとパスワードを打ち込める箇所がある。

 キーボードに指を乗せては離し、また乗せ、力をこめるが指は抵抗するように震えるだけだ。

 それを数分ずっと繰り返している様子にパソコンはあきれ、画面の光を落とした。真っ暗になった画面に眉間を寄せ、鋭く睨む男が一人映し出される。

「くそ」

 蕗二ふきじは舌打ち、手のひらに爪を食い込ませた。

 瞼を閉じるだけで、青い光が網膜を焼いている。

 あの日、多くの命と、憧れだった父の命を奪った元凶。

 ≪ブルーマーク≫が憎い。

 耳障りな嘲笑ちょうしょう鉄錆てつさびの匂いと赤い血溜まり。

 ≪ブルーマーク≫が憎い。

 刑事として班長として、指揮を取り最悪の事態を迎えれば、たとえ【仲間】だとしても、多くの命を守るために拳銃の引き金に指をかける。

 躊躇ためらわない。躊躇ためらえば、また犠牲が生まれる。

 悲痛な叫び声をあげる母の背と、白い花に埋もれた父のように。

 ≪ブルーマーク≫が……

『刑事さん』

 鮮明で冷たい声が鼓膜の奥で響く。瞼裏まぶたうら、闇に半分体を沈めた芳乃の真っ黒な眼がこちらを見つめていた。

『あなたは刑事として、とても優秀だと思います。ですが、都合のいいところだけ見て、他を見ようとはしない。知ろうともしない。目をそらして知った気になってるだけだ』

 闇の向こう、この世とあの世の境目さかいめに立っているような、ひどく曖昧あいまいで、どうしようもない恐怖をあおられる。

三輪蕗二あなたには、覚悟がない。ただの弱虫だ』

 芳乃が黒い目を細め、蕗二の心の奥を見ている。

『あなたには≪視なきゃいけないもの≫が、あったはずです』

 視なきゃいけないもの……

 紫煙の中、菊田に渡された《あいつら》の情報だ。

 おもちゃのような見かけとは裏腹に、重要な情報をたっぷり腹いっぱい抱えたUSBメモリ。

 俺はそれを引き出しの奥へ投げ込んで、鍵をかけていた。

 そう、俺にとってUSBの中身を見るということは、あいつらへと近くなるということだ。

 ≪ブルーマーク≫が憎い。許せない。許さない。

 ≪ブルーマーク≫の起こす犯罪を止めるためだけに、それだけのために生きてきた。そして、そのために目をそらしてきたことがあった。

 ≪ブルーマーク≫であると同時に、一人の人間であると言うことから。

 何も知らない。知ろうとしない。知りたくない。知れば、知らなかったでは済まなくなる。

『いつまで目をそらすつもりですか』

 芳乃は痛いほど凍った目を向けてくる。

 目をそらしても、事実は変わらない。それでも見ない振りをするのか。

 目をそらすな。

 みろ、見ろ、視ろ。

 強い声に導かれるように、ゆっくりと目を開ける。沈黙するパソコンが、蕗二を迎えるように画面を光らせた。静かな部屋で一人、深く息を吸い、拳をほどく。

 そっと、だが自らの意思を持って、指をキーボードの上に置いた。













 病院に戻ると、人はずいぶん減っているように感じた。

 ほんの数十分前に駆け込んだときの軌道きどうを追うように、足を進める。緊急外来と書かれた案内板の矢印の指す角を曲がると、見知った姿に蕗二は目を見開いた。

「野村……」

 壁にもたれ、ぼんやりと宙を眺めていた野村は、蕗二の声に首を回した。蕗二の姿を捉えると、ひらりと手を振る。

「お前、もういいのか」

 ひとつ頷かれる。野村の向こう、赤いランプは消えていた。

杜山もりやまは?」

「一命は取り留めたよぉ」

「そうか、よかったな」

 蕗二の呟きに野村の首が振られた。否定だ。

「ねぇ、三輪っち」

 再び宙に視線を向け、息を吐きながら空気にまぎれさせるように呟かれる。

「人間は死ぬ時は死ぬの。運がいいか悪いかだけ。刺されて死んだら、私は運がなかっただけ」

 感情もなく、ただ文章を朗読するような声だ。

「そんな言い方、杜山もりやまに……」

「失礼?」

 野村の眼が蕗二に照準を合わせた。目を吊り上げ、今までにないくらい敵意を剥き出しにする。

「冗談じゃない。勝手にかばって死にかけたあいつじゃなくて、私が責められるの? なんでよ、ふざけないでよ、意味わかんない! かばわれた私が悪いの? 私が刺されればよかったなら、そう言ったらいいじゃん! どうせ私は≪ブルーマーク≫なんだから、死んだってどうでもいいんでしょ!」

 静かな廊下に野村の怒声が反響する。

 それを正面から受け止めた蕗二は、拳を握りしめた。

「『あの事件』の後、そんなこと言われたのか?」

 蕗二の声は穏やかだった。それには予想外だったらしい、野村は目を見開いて呆然と蕗二を見ていたが、吐き出された言葉の意味を理解して、顔から血の気を引かせた。

「うそ……だって、三輪っちって……」

「ああ、≪ブルーマーク≫が嫌いだ。≪ブルーマーク≫のことなんて、これっぽっちも知りたくなかった。けど、本当は視なきゃいけなかったんだ。知らなきゃいけなかったんだ」

 野村が、なんで≪ブルーマーク≫に指定されたのか。






 それは六年前にさかのぼる。


 一人の高校生、野村紅葉と言う少女が無断欠席をした。

 担任の教師が家に電話をかけるが、呼び出し音は永遠と続くばかり。緊急連絡先から母親に電話するがこれも同じだった。次に父親に連絡すると、3コールで繋がった。事情を説明すると、野村の父親は今しがた、出張先から帰ったところで、今まさに家の前だそうだ。

 電話の向こう、鍵の開く音。

 そして悲鳴とともに通話は切れた。


 担任は震える手で警察に通報し、二人の警官とともに野村の家に向かう。

 玄関は開け放たれていた。警官は応援を要請ようせいし、警棒片手に家へと入っていく。

 玄関のすぐ右手に二階への階段、奥にはリビングがあるのだろう、ガラスのはまったドアが一つある。それが少し開いている。警官たちは慎重に足を進める。リビングへと続く廊下には錆びた鉄の臭いが充満していた。そっとドアを開けると、そこには野村の母親が黒ずんだ赤い血溜まりに沈んでいた。

 一人の警官が腰を抜かし倒れこむが、もう一人の警官はまだ肝がわっていた。

 物音を立てないようにリビングを捜索する。が、人の気配はない。ふと、上から重いものが倒れるような音がした。警官は慌ててリビングを飛び出し、二階へ続く階段を駆け上がった。一室の前に父親が座り込んでいた。

 警官の姿を見ると、青い顔で部屋を指差した。

 震える体を叱咤し、警官は警棒を構えたままそっと部屋に体を滑り込ませる。

 明かりの消えた部屋、カーテンが窓から差し込むはずの光を遮り薄暗い。

 部屋の奥、ベッドがあるのが見える。その上に二つの影があった。

 眼が慣れ、その影がはっきりと見えた途端、警官は悲鳴を上げないよう歯を食いしばるので精一杯だった。

 バケツで浴びせられたように、真っ赤に染まった少女に男が被さっているのだ。

 男は喉を一直線に掻き切って事切れていた。その冷たい体が、ほぼ半裸の少女を抱いているのだ。


 少女の上で絶命していた男は、アララギ。ストーカーだった。≪ブルーマーク≫に指定されていた男は、少女へと度重なるストーカー行為を重ね、厳重注意を受けたがそれを無視し続けていた。≪レッドマーク≫への検討がされていた最中のことだった。


 遠くサイレンの音が聞こえる。

 呻き声とも泣き声とも似つかない声で、少女の父親が泣いている。

 せめてもと、警官は男の体を引き剥がそうと近づくと、ふと少女の瞼が動いた。そして虚ろな目で、警官を仰ぎ見る。

 警官は歓喜に沸き、少女から急いで男の体を引き剥がそうとする。

 しかし、少女に抱きつく重く冷たい体は、恐ろしいことに少女を放そうとしなかった。

 応援に駆けつけた警官数人でもはがせず、死んでもなお執着する姿にその場の警官たちは思わず吐き戻した。


 警察が男の関節を破壊し、少女・野村紅葉を救出したのは、事件が起きてから約12時間後のこと。

 その間、冷たい男と繋がったままだった野村は、放心と発狂を繰り返していたという。


 それから一ヵ月後、野村は≪ブルーマーク≫に指定された。





「あいつ、わたしが……好きだから、死ぬんだって言った……」

 野村の声に、蕗二は記憶の海から上がる。野村の黒い眼が、虚空を見つめていた。

杜山もりやまも、わたしが好きだから死ぬの?」

 野村がゆっくりと蕗二に視線を戻した。迷子のような、不安げな瞳が見上げてくる。腹の前、恐怖に堪えるように服を握りこむ。

「生きてたらいつか死ぬのに、なんで、自分から命を絶とうとするのか、わからない……生きてる人の、考えが分からない……」

 うつむいた野村が首を振ると、毛先が乾いた音を立て、顔を覆い隠した。

 事件の後、野村はカウンセリングを受けていると記録されている。

 それでも深い傷はいまだ残っている。

 そして、心の傷をかばうために、野村は人に触れられなくなった。

 生きるもの、体温のあるものを避ければ自然と、体温のない死体への愛着に変わる。

 死体は死んでいる。変わらない。害を及ぼすことはない。安全な……

 そして、非情にも【人に触れられず、死体に異様な興味を持つため、人へ害を及ぼす可能性がある】と≪ブルーマーク≫の判定を受けることになったのだ。

 そして恐らく、追いうちをかけたのは周囲の人間だ。

 何で早く警察に言わなかった。

 引っ越せばよかった。

 ストーカーされるお前が悪い。

 ストーカーを誘ったお前が悪い。

 お前が悪い。

 お前が悪い。

 ≪ブルーマーク≫のお前が悪い。

「うっそだよーん」

 突然の明るい声に、蕗二は体を跳ねさせた。

「びっくりしたぁ? ぜんぶ嘘だよぉ? ずっと最初っから死体が好きだったの。だからマーク付いても当たり前なんだからぁ!」

 いつもの野村だった。さっきまで不安でたまらない、とうつむいていた彼女の全てが嘘だったように、あの会話を切り取って、なかったことにしようとする。

 あの日、死体に抱かれた野村紅葉を殺し、≪ブルーマーク≫の野村紅葉になろうと、必死で自分を偽っている。

 全てを捨てようとしているのだ。

 全てから目をそらしているのだ。

 じゃないと、生きていけなくて。

 湧き出すように目の奥が熱を持った。

「お前も、目をそらしてたんだな」

 なんとか絞り出した声に、野村は顔を強張らせた。

「分かるよ。恐くて、恐くて、どうしたらいいかわかんなくて、誰にもすがれなくて……」

 泣く母の、重荷にはなれないと。どれだけ周囲に慰められても、ちっとも楽にならない。

 あの日、どうすればよかったのか、後悔ばかりで。

 辛くて、でも生きないといけなくて。

 だから、目をそらした。

 蕗二は唇を噛み締める。強く噛みすぎて、かすかに血の味が口内に滲んだ。

「でも、野村。あいつは、杜山もりやまだけは違う」

「うそ、うそに決まってんじゃん……杜山だってアイツみたいに」

「あいつは幼馴染みなんだろ? お前が≪ブルーマーク≫になってから、態度は変わったか?」

 野村は何かに耐えるように息を止め、泣き出す寸前のように顔を歪めた。

「変わってない、あいつだけ……なにも変わらなかった……」

 声が震え、唇が震える。

「パパも、先生も、友達もみんなギクシャクして、わたしだって恐いのに、腫れ物みたいに避けられて……でも、杜山だけは、いつもと変わらなくて……」

 瞬きの合間に、涙が何度も転がり落ちる。せきを切ったように涙を溢れさせ、鼻をすすり、肩を震わせる。

「わたし、どうしたらいい? どうしたら……」

 蕗二は震える肩を撫でようとして止める。代わりにジャケットのポケットから、少し皺の入ったハンカチを手で伸ばし、差し出した。

杜山もりやまを、見てやってくれ」

 ハンカチで涙を押さえ、赤くなった目で蕗二を見上げた。

「わたしなんかが、彼の、そばにいても、いいの……?」

「ああ。目が覚めたとき、安心するから」

 鼻を大きくすすった野村は小さく頷くと踵を返し、蕗二が曲がってきた角へと姿を消した。

「蕗二さん」

 その声に振り返ると、竹輔が立っていた。

「悪かったな、急にいなくなって」

「いえ、なんとなく分かります。蕗二さんに必要な事なら、いいんです」

 眉尻を下げ、怒っているようにもこまっているようにも見える。その後ろ、竹輔の陰にまぎれるように芳乃ほうのが立っていた。弱った様子はなく、ただ眠たげな目を蕗二に向けている。

「芳乃」

「ようやくですか」

 溜息交じりの声に、蕗二は強く頷く。

「ああ、後で話せるか」

「いいですよ。事件が終われば、ですけど」

 肩を上下させた芳乃はズポンのポケットに手を突っ込み、歩き出してしまった。蕗二と芳乃のやり取りを見守っていた竹輔が、気を取り直すようにわざとらしい咳払いをして蕗二と向き合う。

「事件の件ですが。片岡さんが、あのサイトからいろいろ見つけたようです」







  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます