File:5 甘い楽園の片隅



 AM10:46。警視庁・取調室。


 鉄のドアを開けると、篝火歩葉かがりびあゆはは約一時間前に会った時とほぼ変わらない、うつむいた姿勢をとっていた。

「よお、腹は決まってないようだな?」

 蕗二ふきじが正面に座ると、わずかに篝火かがりびの顔が上げられた。

「これが最後の質問だ。俺たちに黙ってることはないか?」

 蕗二と目を合わせた篝火かがりびは、ほうけたように首を傾げた。

「協力者がいるんだろ? 誰かに人殺しを頼んで、殺した証拠を送らせる……違うか?」

 その問いに篝火はさらに首を傾げた。顔にかかる髪が皮膚の上を滑り落ちる。そこから覗く口元が、歯茎をむき出しに笑っていた。

「刑事さん、現実ではありえないことも、時には起きるんだよ?」

 肩を揺らし喉奥で笑う篝火に、蕗二は飛びかかる寸前の猛獣のように身を屈める。が、不意に体の力を抜き、イスの背もたれに体を預けた。唐突な態度の変化に、篝火は首を反対に傾ける。

「俺はな、超能力とか超常現象には興味ないし、信じちゃいない。けど、実在するのは知ってる」

 鉄の扉がノックされた。蕗二の返事に細く開いたドアの隙間、するりと芳乃ほうのが滑り込む。垂れた目尻になで肩のせいで、ひどく気だるげだ。どこをどう見ても刑事ではない少年に、篝火は興味深げな視線を送る。

「誰?」

 全身を舐めるように観察する視線に見向きもせず、脇に抱えていた液晶タブレットを机の上に置いた。画面には一つのサイトが開かれている。真っ黒な背景に、目に沁みるほど真っ赤なりんごが一つ浮かんでいた。その下に会員IDとパスワードを打ち込む場所があるだけのシンプルなものだ。そこでやっと、芳乃は眠たげな視線を篝火に向けた。

「このサイトを知ってますね?」

「うーん……知ってるような? 知らないような?」

「アクセスしてもらえますか?」

「えっちなサイトかもよ? きみ興味ある? シコシコ教えてあげようか?」

 前髪の間、下品に細められた目が芳乃を見つめる。蕗二のこめかみに青筋が浮き立った。その隣、芳乃は黒い目を静かに篝火へ向け続けている。そして、薄く口を開いたかと思えば、盛大な溜息をついた。

「刑事さん、一発殴って吐かせましょう。その方が早いですよ」

「馬鹿言え、警察は暴言暴力反対組織なんだよ」

「拳を思いっきり握りながら言われても、説得力に欠けますけど」

 ぐうと唸る蕗二に、芳乃はもう一度長く溜息をついた。そして口から深く息を吸い込んだ。肺一杯に吸い込んだ空気を逃がさないように唇を固く結ぶと、そのまま鼻をつんで目を瞑った。

「何? 何か臭う?」

「すぐにわかる」

 蕗二の声に答えるように、芳乃の指が鼻から外れた。水中から浮き上がるように顔を天に向け、大きく息をする。ゆっくりと瞼が開くともうそこに、気だるげな少年はいない。穏やかで波紋もない湖のようだが、触れれば最後、一瞬にして凍りつかせる絶対零度の眼。それが今、篝火を捉えた。

「質問です。あなたは、なぜ彼女たちを殺そうと思ったんですか?」

 芳乃は篝火を見下ろす。瞬きすらも許さない眼が瞳の奥を覗きこんだ。

「そう、そんなに女の人が嫌いですか?」

 静かに吐き出される言葉が、室温を下げていく。篝火の顔色が青褪あおざめる。

「こっぴどく振られましたもんね? 顔がキモイ、金づる、あー、いい財布にされてたんですか。まあ、そうでしょうね。女は金でどうにでもなるとか思ってるような奴、心から愛されると思ったんですか? ペットじゃないんですから、餌やったら懐くってもんじゃないんですよ」

 篝火は寒さに震え、酸欠を起こした魚のように喘いだ。

「え、あ、なんで……」

「あなたが幽体離脱して人を殺すように、ぼくは人の頭の中を覗けるんです」

「そんなの無理だ、ありえない」

「ありえない? あなたの方がよっぽどありえない。本当は何もないくせに」

 冷たい声が鋭さを増していく。喉元に氷の刃を突きつけられたように、篝火が声にならない悲鳴を上げる。

「自分が特別と思い込むのは、楽しいですよね? 嘘で固めて作ったって、本当のあなたは、一人で立てもしないくせに偉ぶって、認められないのは世間のせいにして、親にすがりついて、役立たずで、ちっぽけな、ひとかけらの価値もない人間のクズだ」

「ああああああああああああああ!」

 血を吐く勢いで叫びを上げた篝火は、頭を抱えて机に突っ伏した。

「や、やめろ! 頼むやめてくれ! もう覗かないでくれ! お願いします許してぇ!」

「じゃあ。サイトを開いてください」

 催促さいそくするように、芳乃の指先が液晶タブレットの画面を叩く。涙と鼻水でぐしゃぐしゃになった顔で篝火は、飛びつくように液晶タブレットを掴み、震える手で画面の会員IDとパスワードを打ち込んだ。

 パスワードが打ち込まれた途端、りんごは画面の下へと落下していった。そして真っ黒な画面は美しい緑の庭園へと姿を変え、『アダムとイヴのうたげ』という題名のサイトが開かれた。

 すると蕗二のズボンのポケットの中、液晶端末が小さく震えた。引っ張り出すと、いつの間にかロック画面が解除され、メール画面になっている。そして片岡の名で「Congrats!」の文字が送られていた。

 芳乃はそれを確認すると、凍った眼を溶かすように何度か瞬き、目を伏せると後ろに下がった。役目は終えたとばかりに壁にもたれかかる。

 蕗二は、嗚咽を漏らし震える篝火をなだめるように、ゆっくりと口を開く。

「このサイトで知り合ったやつらとは、直接会ったことは?」

「し、知らない。会ったこともない……」

「一度も?」

「彼女たちが、ほ、欲しかったから。《青いの》が近づいたって、相手にされない。誰かのになるくらいなら、殺したほうがいい……」

 独占欲と嫉妬が混じってどろりと耳障りな声に、怒りを通り越して言葉も出ない。

 救いようもないとは、このことだ。

「こんなサイトで妄想膨らませるくらいなら、まずその鬱陶しい前髪切って、結婚相談所でも行ったほうがマシだろうな」

 蕗二が吐き捨てると篝火は机に頭を打ちつけ、そのまま幼い子供のように、ただただ声をあげて泣き始めた。

「これで、後は片岡が実行犯の居所を掴むはず……」

「蕗二さん!」

 突如鉄のドアが勢いよく開き、竹輔が転がり込んだ。

「事件が、また起きました! しかも、野村さんが巻き込まれたようで!」

「なっ!?」







 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます