Consider4 憫笑するブラインドフラワー 

連続ナイフ殺人と幽体離脱

File:0 


 愛してる。

 愛してる。

 愛してる。

 これほど君を見ている奴なんていないだろ。

 君のことなら、おれはなんでも知ってる。

 朝いつ起きて何を食べて、どの道を通って出勤して、どんな仕事をして誰としゃべって、何時に帰ってどんなテレビ番組を見てお風呂に……ああ、そういえば昨日から生理だったね。トイレもいつもなら朝から帰るまで三回だけど、今日は七回だったね? お腹痛くなる前に薬飲まなきゃ駄目だよ。そういえば今日、君のいつも使ってる痛み止めの薬、安かったから買ったんだ。ポストに入れてたんだけど、気が付いてくれた?

 ね? ほら、おれが一番知ってる。

 なのになぜ、なぜ伝わらないんだ。

 おれを愛してくれない?

 こんなにも君を想っているのに。

 だから仕方ないだろ。

 またがった足の下、大きく痙攣けいれんする身体からだが、糸の切れた人形のように血溜まりに沈んだ。

 細い首をなぞり、柔らかな頬を撫でても顔が引きつることはない。

 溜息をつくと、頬肉を押し上げ口角が上がるのが分かった。

 待ちきれないと震える指先が、濡れた目尻をかすめ、つややかな髪へと潜り込む。

 指に絡ませるように掬い上げたその先に鼻を押し当て、深く息を吸う。

 微かで甘く、柔らかな匂いに脳の奥がじんと痺れた。



 ああ、これでもうおれのもの。











  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます