あっさり言うな~っ!

 




 真田が使えれば良かったのにな、と沐生は思っていた。


 スタジオの隅、台本から顔を上げ、珍しく側に居る堺に言った。


「今日は、エキストラが多いようだな」


「……居ないわよ、全然」


 ……そうか。


 素っ気ない堺の口調に、それ以上、突っ込まなかった。


 堺は撮影が続いているスタジオの中央を見ながら言ってくる。


「頼むわよ、沐生。

 知らない人に挨拶とかしないでよ。


 あんた、霊感タレントとかで売ってるわけじゃないのよ」


「お前が側に居て、教えてくれればいいんじゃないのか?」

と言うと、


「なに言ってんのよ。

 私は忙しいのよ。


 見なさいよ。

 あそこのマネージャーだって、滅多に見ないわよ」

と斜め前方を指差す。


 他所の事務所のマネージャーが忙しげに、スタッフとなにか打ち合わせていた。


「グループひとりひとり、面倒見てらんないって言ってたわよ」


 いや……あっちはともかく、俺はひとりなんだが……と思ったが、やはり、そこも突っ込まなかった。


 忙しい忙しいって、晶生にちょっかいかける暇はあるようなのにな。


 っていうか、未成年の晶生相手じゃ、犯罪だぞ。


 ……いや、俺もだが。


 そんなことを考えながらも、

「あの病室の看護師」

と言うと、ようやく、堺は振り向いた。


「晶生が気になっているようだ」


 堺も気づいていたようで、

「なにかあるのかしらね」

と言う。






 看護師が消えるまで、息を詰めて、彼女の口の動きを見ている晶生を真田は見ていた。


「晶生、今、この人……」

と真田が言いかけたとき、ガラリと部屋の戸が開いた。


「真田くん、退院だってー」


 昨日、沐生のサインをもらってあげた看護師が現れ、そんなことを言ってくる。


「えっ?

 退院?」


「先生が今から診察するから。

 それで異常なかったら、帰っていいって」


 少しキョロキョロ周りを見回し、戸を閉めた彼女は言ってきた。


「たぶん、レントゲン間違えたんだよ。

 誤診だよ。


 怖いよねー。

 ああいうの、連携ミスでたまにあるんだよ」


 いや……たまにでも、あっちゃ駄目だろ、と真田は退院を喜びつつも思ったが、妙なタイミングだな、とも思っていた。


 晶生はまだ、あの看護師の居た場所を見ている。


「あ、彼女?

 可愛いねー」

と晶生に話を振ったので、聞いていないようだった晶生は適当に、えっ? はい、とか答えるかなとちょっとドキドキして待っていたのだが。


 晶生はあっさり、

「違います」

と彼女を振り向き言っていた……。







  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!