一体、なんのまずいことが……

 



「もう一生会えないかと思ってたわ」


 車に乗るなり、堺はそんなことを言い出した。


 ……何故ですか、と思っている晶生の横で、堺はハンドルを握ったまま発進せずに、乙女のような顔で言ってくる。


「さっきまでの私はマッチ売りの少女だったのよ」


 まあ、そこは少女でいいか、と晶生は思った。


 マッチ売りの男じゃ不気味だもんな。


 現実には、服の上からだと細身に見えるマッチョな男、なのだが。


「あそこに晶生が居るのに、側に行けないっ、と思いながら、私、此処から病院を見上げていたの。


 だけど、思い切って、車から一歩降りてみたら、その瞬間に、あれが消えたのよっ」


「あれってなんですか?」


 そう訊いた晶生に、堺は機嫌よく肩を叩きながら、

「いやあね。

 過ぎたことはもういいじゃないの」

と言ってきた。


「せっかくだから、なにか美味しいものでも食べに行きましょうよ」

と言う堺に、


「いやあの、たぶん……過ぎてないと思いますよ、『あれ』」

と晶生は後部座席を指差す。


 そこには、土下座している男の霊が居た。


 いやーっ!

 なんなのーっ!

と堺が絶叫する。


「いきなり消えたから、やっぱり私には関係なかったんだと思ったのにーっ!」


 そうか。

 なにかいろいろと思い当たるやましいことがあるから、来られなかったんだな、と晶生は思った。


 一体、なんのまずいことが……と思う晶生の側で、堺は自らおのれの悪事を暴露しながら、あれかしら、これかしら、と騒いでいる。


 なので、霊の正体を考えるのは堺に任せ、晶生は窓の外を見た。


 私には土下座している霊より、こっちの方が気になるんだが――。


 もう梅雨も近いのに、雨が降る気配がない。


 嫌な季節が来る。


 夏が来る。


 昔はなにもかもが鮮やかに見える夏が好きだったが、今は来るたび、ぞっとする。


「……今すぐ、学校辞めて修行の旅にでも出たいなー」

と雲ひとつない空を眺めて呟くと、そこだけ聞いていたらしい堺が、


「なんの旅っ!?

 なんの修行っ!?


 私も行くわっ」

と言ってきた。


 いや、堺さん、仕事してください……。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!