うっかり探偵始めました II




 相変わらず、ときめくような匂いと内装の店内だ。


 だが、あの事件のことも思い出してしまうので、凛が一緒に来ていなくてよかったかと晶生は思っていた。


 晶生たちを席に案内しながら、その店員、松木恵利まつき えりは声をひそめて言ってきた。


「あの、内緒なんですけど。

 実は――

 取材の打ち合わせで、奥の部屋に坂本日向さんが来てるんです」


 ……帰ろう、今すぐに、と晶生は思った。


 だが、その瞬間、その奥の扉が開いて、日向が現れる。


 相変わらず、露出の多い服だが、日向の性格のせいか、何処か健康的だ。


 その日向がめざとく晶生を見つけ、

「晶生っ」

と笑って手を振ってくる。


 まるで、別の誰かが呼ばれでもしたように、晶生は、外に向かい、視線をそらした。


 だが、容赦なく、日向は近づいてくる。


「もう~っ、なんなのよ、晶生っ」


 しかし、日向に罵られるまでもなく、晶生は、彼女から目をそらしたことを後悔していた。


 ちょうど視線を向けた外の通りで、誰かが殺されていたからだ。


 若い男がこちらに背を向けている男を刺している。


 晶生は目を細め、それを見た。


 ……生きてる?


 生きてない?


 残像かなにかだといいな、と思いながら、眺めていると、同じようにそれを見ているものが居た。


 彼らのすぐ側を歩いていたOLらしき女性だ。


 足を止め、ぼんやりそれを見ている。


 いきなり真横でそんなことが起きても、人はなかなか現実のものとして受け入れられないようだ。


 一拍置いて、女性が悲鳴を上げ、刺した男は逃げ出した。


 同じように、え? なにこれ、現実? と思いながら、それを見ていたらしい恵利が、いきなり、はっとしたように、こちらを振り向き、叫んできた。


「うっ、うっかり探偵さんっ!

 出番ですっ」


「晶生っ、出番よっ!」

と右から恵利、左から日向が腕をつかんできて叫ぶ。


「莫迦っ。

 救急車だっ!」

と真田が一番まともな反応を示し、スマホで救急車を呼んでいた。


 晶生はまだ、倒れている男を見ていた。


 その側に、彼を見下ろす女が居るのに気づいていたからだ。


 若い女だ。


 白いワンピースを着ている。


 周りで悲鳴が上がっているのに、その女は黙って男を見下ろしていた。


 さっきのOLはもう居なくなっており、刺された男に駆け寄ったサラリーマン風の男がそのワンピースの女を突き抜けたので、


 ああ……生きてない人なのか、と晶生はぼんやり思った。


 先程のOLよりも何故かその女の方に親しみを覚えてしまうのは、彼女が霊だからなのか。


 それとも、人が死ぬ様を、ただぼんやりと見下ろしているその姿が、過去の自分と重なったからなのか。


 そんなことを思いながら、晶生は救急車が到着するまで、ガラス越しにその二人を見ていた。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!