実は、此処に居ます  III





「こんにちは。

 田所さん」


 晶生はその瀟洒な階段を下りながら、田所に向かい、話しかけた。


 こんにちはというより、こんばんはかな、と思う。

 もう日はかなり落ちていたからだ。


 晶生は、廃墟ホテルに田所を呼び出していた。

 階段下から田所が自分を見上げている。


「実は、此処にもう一人居るんですけど。

 遠藤という……


 特にポルターガイストも起こせない、ちょっぴり役に立たない人なんですけど」


 おい、こら、と相変わらず、腹を刺されたまま此処に座っている遠藤が言う。


「そうですか。

 外にももう一人いらっしゃるようなんですが」

と振り返りながら、田所は言う。


 えっ? と見ると、扉の陰から見知った人影が覗いていた。


「堺さん~っ」


 堺がひょいと入り口から覗いた。


「やだもう。

 晶生ったら。


 ひとりがウロウロしちゃ危ないじゃないの~」

と言ってくる。


 いや、だから、後をつけ回す貴方の方が危ない気がするんですが……、と思っていると、田所も言ってきた。


「ほんとですよ、晶生さん。

 いつもこんなことをされてるんですか?


 危ないですよ。

 犯人を呼び出して問い詰めようとか」


 ん? と堺と田所を見る。


「田所さん、犯人なんですか?」

「そう思って呼んだんじゃないんですか?」


「いや、そうかなーとは思ってたんですけど。

 実は、今日お呼びしたのは、ただ単に、貴方の娘さんの婚約者が何処に居るかについてだったんですけど」


 困りましたね、と晶生は腕を組み、小首を傾げる。


「特に今、確かめたくはなかったんですけどね」


 すると、下から堺も言ってくる。


「そうよ。

 あんた、また、推理してないじゃないのっ!


 だから、名前変えなさいよ。

 うっかり犯人知っちゃう、うっかり探偵とかっ」


「いや、だから、私、探偵じゃないですし」


 それに、推理しなければならないことなら、別にある、と思っていた。


 田所が淡々と言ってくる。


「そうですよね。

 探偵さんじゃなくて、霊能者の方ですよね。


 だから、私、最初に話したときから、どうせ貴女にはすぐわかることなんだろうなと思っていました」


 それでも自分に依頼してきたのか、と思う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料