そこに居ます III

 



「こんばんは。

 あの、この人は、マネージャーの堺さんです」


 私のじゃないんですが……と思いながら、待ち合わせた夜の街で、田所に堺を紹介する。


 は、はあ、と戸惑う田所は恐らく、堺が男か女かわからないでいる。


 ま、まあ、いいか。

 今回の事件と関係ないしな、と思って、特に説明はしなかった。


「申し訳ありません。

 お忙しいのに。


 まさか、マネージャーまでついてらっしゃる霊能者の方だなんて」


 あとでお礼はお支払いしますから、と言ってくるので、

「いえいえ、そんなんじゃないんですよ」

と慌てて言うと、


「ほんとそんなんじゃないんですよ~」

と堺が口を挟んでくる。


「私が付いてきたのは、仕事でじゃなくて。

 単に付き合ってるからです。

 私と晶生が」

と笑顔で晶生を手で示す。


「堺さん~っ」


「あ、男の方だったんですか」

と結論が出て、ほっとしたらしい田所が少し笑っていた。


「いやいや。

 関係ないです、本当に」


 行きましょう、田所さん、そこでお茶でも、と後ろにある、あのスイーツの店を指差すと、田所は店の看板を見上げて呟いた。


「本当なんですね」


「え?」


「本当に霊能者の方なんですね。

 私、なにも言っていないのに。


 この店は、私の娘がよく来る店なんです。


 私が探して欲しい、この間亡くなった娘の婚約者も、娘に連れられ、来ていたかもしれません」


 妙に感心されたので、申し訳なくなり、なにかもう黙っていられないな~と思って、晶生は白状した。


「すみません。

 私が此処を指定したのは、私が霊能力で突き止めたのではないんです。


 私、……秋村凛の友だちなんです」


「そうなんですか」

と言う田所は、自分が凛と同じ制服を着ていることには、やはり、気づいていなかったようだった。


 凛の学校が何処なのか知らなかったのだろうか。


 自分で言うのもなんだか、結構な名門校なので、制服もすぐにわかりそうなものなのだが。


 娘の婚約者を殺したかもしれない女のことなのに、彼は凛には興味ないようだった。


「とりあえず、入りませんか?」

と言うと、田所は戸惑いながらも、……はい、と頷く。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!