霊の居処 III

 

 


 廃墟ホテルから出ると、真田が目の前のコンビニに居た。


 コンビニのアイスコーヒーを飲みながら、手を上げてくるので、上げ返す。


 そのまま、お互いの顔を眺めていた。


 しばらくして、両方が、何故、こっちに来ない!? と手招きをし、文句を言う。


 ……実は自分と真田は似ているのかもしれないな、と思った。


 結局、横断歩道を渡り、真田がこちらにやって来た。


「女王様め、自分が動け」

と言いながら。


 嘘か誠か。


「あっちに来たら、アイスでも買ってやろうかと思ったのに」

と言う。


「またまた」

と言いながら、真田の横を歩いた。


 ちょうど道の真正面に夕日が居て、晶生は眩しく目をしばたたいた。


「なあ」

「んー?」


「お前と堺さんってどうなってんだ?」


「……真田。

 誰だって知られたくない過去の一つや二つや三つや、八つはあるのよ」


「ねえよ! この年でっ」


 お前ありすぎだよっ、と文句を言われる。


「長谷川沐生は知ってんのかよっ」


「さあ?」


 でも、堺とのことは、殺人以上の秘密だ。

 自分が彼のために人を殺したせいで、苦しんでいるとは知られたくないから。


 前を歩く人の影を見つめていると、もうなにも答えないと思ったのか、真田は溜息をひとつつき、違うことを訊いてくる。


「お前、もうやんねえのか?」

「なにを」


「モデルとか役者とか」


「私は芸能界なんてヤクザなものから足を洗ったの。


 そうだ。

 探偵になろうかしら」


「……よりヤクザな稼業な気がするのは俺だけか?」


 そういう仕事もいいではないか。

 霊媒探偵とか。


 笑ったあとで言う。


「嘘よ。

 私は、神主になるの」


「雨乞いしたいからだっけか?」


 そうよ、と言うと、

「だったら、坊主でもよくないか?」

と言われる。


「それもそうねえ。

 でも、剃髪するの、嫌だから。

 ただ、雨乞いの儀式って一回やったら終わりなのよね」


「は?」


「失敗したら、力がなかったってことで。

 成功しても、力を使い果たしてってことで。


 それで引退なの。

 二度は出来ないのよ」


「お前はなにをしたいんだ……」


「じゃあ、やっぱり、霊媒探偵になる。

 それで、邪念や霊を打つっていうのはどうかしら?」

と笑うと、何故か、真田は顔をしかめ、


「……俺が打たれる」

と呟いていた。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!