それが目当てじゃありません VI




「あんた、何者か知らないけど、犯人探してんじゃないの?」


 私も一応、容疑者なのに、名前も知らないの? と女は自分で言う。


 田所真奈美(たどころ まなみ)と女は名乗った。


 でも、名前を知るのは嫌だな、とちょっと思っていた。


 顔を見るのも、本当は嫌だ。


 今まで、凛の恋人の婚約者としか認識していなかったものが、一人の人間として、認識されて。


 なんだか疑うのが申し訳ない気がしてしまうからだ。


 だが、この女のこのサバサバした雰囲気。


 これで、本当に人を殺していたら、いっそ、尊敬する。


 自分とは真逆の人間だ、と思っていた。


 いや、まあ、婚約者を殺された女にしても、少しおかしいのだが。


 凛の存在を知っていて別れられなかったのなら、居なくなったとき、自分を縛っていた鎖が切れたようで、いっそ、せいせいしたのかもしれない。


 ……沐生が居なくなったら。


 せいせいはしないな。


 私の人生、すべてを縛る人だけど。


 堺さんが居なくなったら……と横目に見る。


 なによ、という顔を堺はした。


 困った人だけど、やっぱり嫌かも。


「ところで、あんたの顔、何処かで見た気がするんだけど」


 そのとき、唐突に真奈美が晶生の顔を見、訊いてきた。


「へえ。

 何処かでお会いしましたっけ?」


 顔を近づけた真奈美は、じっと晶生を見、

「……あんた、もしかして、あきお?」

と訊いてくる。


「あれ? 私のお知り合い?」


「莫迦ね。

 あんた、私を知らないんでしょう? 知り合いなわけないじゃない」


 いや、私は、ぼんやりしているし、視力も良くないので、あんまり人の顔を覚えないから。


 見知らぬ友人なんかも、たまに現れるんだがな、と思っていると、真奈美が言った。


「私、あんたの出てた雑誌、見てたのよ」


「へえ。

 ありがとうございます。


 あのブランドの雑誌、一般にはあまり出回ってなかったんですが」

と言うと、


「やだ。

 ほんとにあきおなの?」

と真奈美は驚く。


「天使みたいだったのに。

 なんで、そんなにやさぐれてんの?」


 横で堺がめちゃくちゃ笑っていた。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!