それが目当てじゃありません I

 


「沐生はもう帰りなさいよ、そろそろ仕事でしょ」


 そう言う堺を、お前は仕事場について来ないのか、という顔で、沐生が見ている。


「私は晶生をそのスイーツの店まで連れていくから」

「どっち優先だ」


 揉めている二人を晶生は少し離れて眺めていた。


 側には堀田が居る。


「堀田さん」

と晶生は沐生たちを見たまま呼びかけた。


「最近、私も少し揺らいでるんですけどね。

 今回、大事なのは、犯罪を実際に犯したかじゃなくて、犯してると思ったかどうかですから。


 ちょっと行ってきますよ」


 堀田は黙ってこちらを見ているようだった。


 結局、沐生はひとりで帰らされ、晶生たちは、堺の車に乗って、そのスイーツの店に行くことになった。


 今日行っても、その婚約者は居ないと思うが、場所だけでも訊いておこうと思ったのだ。


 まあ、場所だけでもというか、味だけでも確かめておこうというのもあるが……。


「この車、ナビがないのよね。

 案内してね、凛ちゃん」

と後部座席に真田と座る凛に堺が言った。


「これ、会社の車ですよね?

 汀にケチるなって言ったらどうですか?


 っていうか、凛が助手席に乗ればいいんじゃない?」

と助手席の晶生が振り返り、凛に言ったのだが、横から堺が、


「やだ」

と言う。


「なんですか、もう~。

 駄々っ子みたいなんだから」


 後部座席の真田はなんだかわらかないが、面白くもなさそうな顔で窓の外を見ている。


 勝手についてきて、勝手に機嫌が悪くなるとかこれ如何に。


 こいつ、沐生と帰らせればよかったな、とちょっと思った。


 凛に店の場所と店名を聞いても、堺は、ふうん、と言うだけなので、凛が、

「堺さんって、スイーツとか詳しそうですけど」

と言うと、堺は、


「え、なんでよ」

と言う。


「イメージですよ、イメージ」


 そう晶生が言うと、

「莫迦だな、なんで、女っぽいとスイーツが好きって話になるんだよ」

と言ってくる。


「……なんでそこだけ男の人になるんですか」


 凛が笑う。


 ちらと振り返ると、遠ざかるダムの周りの林が見えた。


 夕暮れのダム沿いの道。


 あまり車の通らないそこをゆらゆらと揺れながら、黒い人影が歩いてくる幻を見る。


 何処まで車が走っても、ふらふらしているだけで、進んでいないかのように見えるその影が離れない。


 だが、それは幻か、自分とはまったく関係のない霊だと知っていた。


 だって、本物は此処に居るから。


 振り返り後ろを見る自分の背中に、冷たい水の気配が、ぴたりと張り付いていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!