立ち寄らなくてもいいのに、立ち寄ってみたダムのほとり IV

「いや……」

と沐生を上から下まで見て


「何処の国に居るの、その王子様は、みたいな夢語りをされたら、殴る自信があるわ」

と言う。


 だと思った、という顔を凛はしていた。


「だって、あんた、話に入ってきたことないもんね。

 クラスで誰かが長谷川沐生の話をしてるとき」


 警戒してるからというより、話が合わないからのような気がしてた、と凛は言う。


 少し考えるような素振りをしたあとで、唐突に手を打ち、晶生は言った。


「よし、わかりました、堀田さん。

 私が、その婚約者とやらに会ってみましょう」


 腕を組んで聞いていた堀田は、なんでだ? という顔をする。


「なんだ、その、わしらに協力しているかのような口調は、嬢ちゃん」


「私が会って確かめてみてあげますよ。

 その婚約者さんにシンパシーを感じるかどうか」


 待て、晶生。

 それだと自分が犯罪者だと認めていることになるが、と思っていると、沐生も同じ目つきで横目に見ていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料