立ち寄らなくてもいいのに、立ち寄ってみたダムのほとり I




 あら。

 やっぱり、来なきゃよかったわ。


 車を警察車両が居る方にとめ、歩いてきた堺は思った。


 車をとめるとき、沐生の車があるのも確認していた。


 ちょうど居た警官に、

「此処、とめさせてねー」

と微笑むと、男? 女? という顔をしながら、赤くなり、


「あ、はい……」

と言ってきた。


 あの顔を見たくて、こんな風に生きてるのかもな、と人の悪いことを思い、笑っていたが。


 今、目の前に見えてきたものを見た途端、その笑いも引いてしまっていた。


 少し寒そうにした晶生に沐生が自分の上着をかけてやっている。

 面白くもない光景だ。


 時折、自分でもわからなくなる。

 本当に晶生が好きなのか。


 ただ、単に彼女を、というか、あの二人をからかって遊んでいたいのか。


 だが、今、本気でムッとしてしまった。


 やっぱり、晶生が好きなのかな。

 不毛だな……と自分で思う。


 晶生の心が沐生から動くことはない気がするからだ。


 なんで、あんな随分と年下の小娘を。

 まあ、子供の頃から、目も腹も据わった女だったが。


 そして、あの頃こんな風に成長するかなと思っていた以上に、今の彼女は美しい。


 それは、人間離れしたあの空気のせいだろう。


 それは、ただ美しいだけの女優やタレントでは出せないものだった。


 ……晶生は本当は役者に向いていると思うけど。


 これ以上、人前に晒したくないな、と思ってしまう。


 沐生にも誰にも見せないで、何処か、自分しか知らない場所に閉じ込めておきたくなる。


 だが、まあ、それも犯罪だ。


 殺人じゃなくても、と晶生と沐生を見て笑ったとき、二人と、あの堀田とかいう刑事がこちらに気づいた。


「ちょっと沐生、なにやってんのー。

 此処電波の通りが悪いのに。


 急なスケジュールの変更が入ったらどうしてくれんの?」

といつも通りの口調で言いながら、彼らの許に行った。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!