あまり立ち寄りたくないダムのほとり IV




「須藤晶生。

 お前だったら、どっから投げ捨てる?」


 堀田が晶生にそう訊いてくる。


「いやー、投げ捨てたことはないんで」


 自分が囮になって、落ちるように仕向けたんですよ、そこの斜面から、とチラと少し先を見る。


 そこだけが、急斜面の崖のようになっている。


 今はガードレールがあるが、当時は、ちょうど、事故のあとで、ガードレールが湾曲して、下に向かって外れていた。


 勢いがついて、私より体重のある人間なら、真っ逆さまですよ、と心の中で思いながら、堀田を見つめた。


 通報することも、助けることもしなかった。


 男は夕暮れのダムに沈んで終わりだった。


 あっけなさすぎて、時折、夢だったんじゃないかと思ってしまう。


 夢だった……か、と思いながら、日が落ちてきたダムを見つめた。


 いい具合にダムがオレンジ色に染まり始めた。


 ああ、嫌な時間帯だ。


 此処にこの時間に来たのは、あれ以来かも。


 背中、ゾクゾクしてきたな、と思わず、腕に手をやると、

「冷えるか?」

と沐生が自分の上着を脱いでかけてくれた。


 温かい、沐生の体温が服から伝わる。


 振り返り、

「ありがとう」

と言うと、


 甘々ですね、と林田が特に面白くもなさそうに言ってきた。








  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料