ちょっとめんどくさいダムの殺人 V



「ただいま」

という、いい声とともに、玄関が開く音がした。


 沐生だ。


 なんてことのない顔を装い、ご飯を食べていた晶生だったが、本当は走って玄関に行きたかった。


 最近、頻繁に帰ってきてくれるっ。

 嬉しい。


 こんなに嬉しいことが続くなんて、死ぬんじゃないだろうかとか邪推してしまう。


「おかえり、沐生」

と母親が言ったあとで、一呼吸置いて、


「おかえ……」

と微笑んで呼びかけようとしたが、


「おお。

 沐生、ちょうどよかった!」

と言いながらもう食べ終わってソファに居た父親が沐生を持って行ってしまう。


 こらーっ、と晶生は立ち上がりかけた。

 いや、心の中では完全に立ち上がっていた。


 なんの急用かと思ったら、ナンプレ!?


 そんなことで、私と沐生の貴重な時間をーっ、と心の中だけで絶叫する。


「ご馳走様」

と言って、立ち上がり、茶碗を下げたあとで、さりげなく二人の居るソファの方に行こうとしたとき、携帯が鳴った。


 うう。

 間が悪い。


 堺さんか、真田だったら、殴ってやるっ、と思いながら、

「もしもし!?」

と出たが、凛だった。


「ああ、凛っ。

 大丈夫だった?」


 しまった。

 今、動転して、友人のピンチを忘れるところだった、と思っていると、察しのいい凛は、


『……あんた、今、私のこと忘れてたでしょ』

と言ってきた。


 ひいっ、と思いながら、慌てて、

「わ、忘れるわけないじゃん~っ」

という声が裏返っていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!