ダム穴

 


 またあの夢だ。


 揺れる月が黒い水の上で揺れている。


 ダムの月。

 美しいそれまで、ぽっかりと空いたダム穴に呑み込まれていく幻を見る。


 なにが真実なのか。


 堺は自分に霊が見えると認めた。


 では、あれは……。

 そんなことを考えていたとき、晶生の後ろに誰かが立った。


 はっ、と振り返る。

 また、男が立っていた。


 お前だ……と男は言う。


 月明かりを背にした男は晶生の首に手をかける。


「お前だ、俺を殺したのは」

 そう言い、男の手が晶生の首を絞めようとした。


 そのとき、冷たい手が沐生の額に当たった。


 夢よりも強い現実の感覚に目を覚ますと、いつもと同じ天井と――


 沐生の顔が見えた。

 自分を覗き込んでいる。


 あのまま、沐生も一緒にこっちに帰ってきたのだ。


 自分がうなされていたからか。

 うなされるとわかっていたからか。


 様子を見に来てくれたようだった。


 起き上がった晶生は沐生に縋るように身を寄せる。


 沐生はそんな晶生を抱き寄せ、そのまま口づけてきた。


 私は真実をはっきりさせたいのか。

 させたくないのか――。


 させたくないのは、すべてが白日の下にさらされたとき、私と沐生を繋ぐ秘密も消えてしまうからなのか。


 自分の気持ちも真実もわからないまま。


 今はただ、こうして、沐生に抱き締めていて欲しいと願っていた。








  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!