夜道



「誰も車で来てないとはねー」

 そう言う堺と晶生と、三人で並んで夜道を歩いた。


 時折通る車はあるが、静かなものだ。


「俺は車はない」


「私もあるわけないじゃない。

 堺さん、なんで車で来てないのよ」

と言った晶生に、堺は、


「あれ、事務所の車だから、私用では使えないの。

 私、電車通勤だし」

と反論していた。


 ぐだぐだ言いながら、三人は明るい駅の方に向かって歩いていく。

 電車はなくとも、タクシーくらいは居るかもしれないと思ったからだ。


「そうだ。

 この先に、遅くまでやってる美味しいたこ焼き屋があるって、雑誌に書いてあったわ」

と突然、晶生が言い出す。


「堺さんの奢りね」

 ええっ、と晶生の言葉に堺が振り向く。


「私、さっき、あんたになにか奢れって言ったはずよね?」

と言う堺の口調はもういつも通りに戻っていた。


「あんた、かばって、ガラスが首に刺さって死ぬとこだったんだからっ」


「……いや、そのガラスで私を殺そうとしたの、誰でしたっけね」


 晶生はそう言うが、堺が晶生を殺すはずもないし、脅すはずもない。


 絶対、あれは晶生に抱きつきたかっただけだ、と沐生は思っていた。


 晶生が少し前を歩き、携帯でたこ焼き屋の場所を確認していた。


「そうだ。

 携帯の番号教えなさいよっ」


「嫌ですよー。

 イタズラ電話とかかけて来そうだから」


「そんなことしないわよ。

 デートに誘うだけよ」


 それ、ある意味、イタズラ電話ですよー、と二人は言い合っている。


 そのうち、堺ひとりが歩調を緩め、自分が追いつくまで待っていた。


「マネージャー、続けてもいい?」


 そうそっと訊いてくる。


「珍しいな、俺に意見を聞くとは。

 いつもやりたかったら、なんでも勝手にやってるだろ。


 俺に断りもなく、嫌な仕事も取ってくるし」

と言うと、笑う。


 それが了承の言葉だとわかっているようだった。


「沐生、私があんたを殺さなかったのって、やっぱり愛よね」


 はあ? と言いたくなるようなことを急に言い出す。


「事件が知れるとしたら、なにかを見ていそうなあんたからだけ。

 それでも殺さなかったのは、たぶん、私があんたを好きだからよ」


 あんたの演技が好きよ、と堺は言った。


「あんた自身は、生意気な小僧だけど。

 

 どんな憎まれ役をやっても、あんたがやると、その役をなんだか嫌いになれないのよね。


 本当にいい役者だと思うわ」


 あんたを殺した方がいい理由がいっぱいあったのにできなかった、そう言う堺に、


「違うよ」

と沐生は言った。


「お前が俺を殺さなかったのは、お前が晶生をお前が思っている以上に好きだからだ。


 お前は、単に、晶生が泣くところを見たくなかったんだ」


 俺を殺さなかった理由はそれだけだと告げると、ふん、と堺はいつもの顔で笑ってみせる。


「突然、うぬぼれたわね。

 あんたが死んだら、晶生は泣くんだ?」


 ……まあ、改めて問われると、ちょっと自信がなくなるが。


 堺はちょっとだけ笑って、足を速めた。

 晶生に追いつき、その肩を引っ張る。


 うわっ、とよろけた晶生の顔に向かい、言った。


「ねえ、やっぱり、ラーメンにしない?

 お姉さんが奢ってあげるから」


「誰がお姉さんですか。

 自分のこと、お姉さんだと思ってるんなら、二度と……」


 二度となんだ、と思ったが、晶生はそこで、言葉に急ブレーキをかけるように、無理やり呑み込んだ。


 後ろに自分が居ることを思い出したからだろう。


「ところで、あそこの見えなかった男の悪霊とか姉さんとかどうなるの?」

と堺が晶生に訊いている。


「ああ、それ、笹井さんに頼んだらいいですよ。

 あの人、きっともっと祓えるようになりますよ。


 優しい人だから」


 ま、かなり適当な人だけど、と晶生は笑う。


「よし、じゃあ、全部解決ね」


 いや、待て。

 なにかひとつでも解決したか? と思っている自分の前で、堺は、


「屋台で、ラーメンラーメン」

と強引に晶生の肩を抱いて払われていた。


 このロリコンめ、と思いながら二人の後をついていく。


 少し先に、駅の灯りが見え始めていた。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!