空き家の悪霊 III



「……堺さん、なにしてるんですか」


 晶生とともに、空き家に入り込んできたのは堺だった。


「あんたこそ、なにやってんのよ、晶生。

 こんな時間に。


 高校生でしょ、あんた」

と突然、叱られる。


 いや、大人でも、こんな時間に此処に居たら、なにやってんですか、ですけどねーと思いながら、後ろから月光を受けたその整った顔を見上げる。


「いやあ、誰がつけてるな、と思ってたんですよ」

と言うと、


「つけてるな、と思いながら、なんでこんな空き家に入るのよ」

と仏頂面で堺は言う。


「はあ。

 つけてるから、人が居てくれて、ちょうどいいかな、と」


 私も別に怖くないわけではないんですよ、と晶生は白状する。


「人が居るから大丈夫って、ヤバイ人だったら、どうするのよ。

 自分から空き家に入るなんて、危険じゃないの」


「でも、堺さんだったじゃないですか」

と言うと、それ、結果論でしょ、と睨まれた。


「いや、殺気を感じなかったんですよ。

 そういうの、感じるの、得意なんで」

と言うと、


「あら、全然得意じゃないじゃない。

 私がついて来てるのに、殺気を感じないなんてね」

と言う。


「まったくです。

 鈍ってますね、私」

と言いながら、晶生は辺りを見回し、


「それにしても、何処も入り口が開いてますね。

 霊が出るところは」

 あのホテルといい、と思った。


「自分たちが開けてんですかね、霊」

と言うと、

「あら、自分で開けてるのかもしれないわよ。

 知らない間に……」

と言って笑う。


「私を怖がらせようったって駄目ですよ」

と言ったとき、キイ……とトイレのドアが開いた。


 あの女の子がノブを握って、ドアの陰からこちらを見ている。

 思わず、腕を掴んでしまっていたらしく、堺は、笑っていた。


 いや……突然だと、びっくりするんですよ、私も、と言い訳のように晶生は思う。




 上に上がると、ぎしり、と床が音を立てた。

 昼間は気にならなかったが、夜はかなり響く。


「古いけど、綺麗ですよね」

と晶生が言うと、


「そうね。

 行事のときには、帰ってくるらしいから、廃墟でもないわよ。

 不法侵入ね」

と堺が言った。


「そのときには忘れ物でもしたと言いますよ」

 そう言ったとき、ふっと頭をなにかがよぎった。


『忘れ物した。

 取ってくる』


 それがいつの光景なのか、思い出そうとしたが、堺の言葉にかき消された。


「ねえ、此処の親族が法事とかで集まってるときも、玄関の悪霊とか、トイレの悪霊とか出てるのかしらね」


「此処のドア、立て付け悪いわね、とか思われてるんでしょうね。

 いつも半開きだから」

と女の子が覗いているトイレを見て晶生は言う。


「私、この家は相性が悪くて見えないのよね」


「遠藤は見えるのに、面白いもんですね」

と襖の方を見て言うと、え? と言う。


「堺さん、遠藤は見えてるし、声も聞こえてますよね」


 遠藤が私に、

『お前になら、犯人がわかると思っていたよ。


 お前は――

 人を殺したことのある人間だから』


 そう言ったときも、堺は下から聞いていた。


「霊の声は、遠いも近いも関係ないから」


 晶生がそう言うと、堺は、

「あんた、まだあのイケ好かないイケメンに会いに行ってんの?」

と訊いてくる。


 それで、見えていると、白状したということなのだろう。


「そうですね。

 面白いから」


「なんか妬けるわね」

と言う堺に、


「私があのホテルに行ったときは、まだつけてなかったんですか?」

と訊いたが、堺は答えなかった。


 まあ、マネージャー業がそんなに暇だとも思わないが。


「社長、なんの話だったの?」


 そう堺は訊いてくる。


「それで、つけてたんですか」

「あんたが汀に襲われないようによ」

と言うので、


「襲うわけないじゃないですか。

 堺さんじゃあるまいし」

と言ってやった。


「そうだ、堺さん。

 私をつけてきた詫びに、あれ、開けてきてくれませんか?」

と襖を指差すと、ええっ? と言う。


「なんでよ。

 暗闇で閉まった襖開けるの、怖いじゃない」


「怖いから頼んでるんですよ。

 沐生を連れてくればよかったですね。


 無表情に開けてくれますよ」


「あの男は感情が焼き切れてるわ」


「でも、実はいろいろ考えてるんですよねー。

 言葉に出さないだけで」

と言うと、


「でも、沐生は此処に連れて来られないでしょう?

 沐生が引っ張り込まれたから、心配して来てみたんでしょうに」

と言うので、


「それでだけではないですよ」

と言いながら、襖の前に行く。


 そこに手をかけると、堺は晶生の手の上に手を重ねてきた。


 せーの、と重くもない襖を二人で気合を入れて開けようとする。

 沐生が居たら、阿呆か、お前らと冷めた目で見て言うところだろう。


 カラッと襖を開けた二人は、うわっ、と叫んで、同時に閉める。


 仏壇の前に老婆がこちらに背を向け、座っていたからだ。


「堺さん、どうぞ」

「晶生、行きなさいよ」


 どうぞどうぞと二人、譲り合う。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料