過去 IV

「戻るもなにも、私は元モデルですよ。

 役者業はほとんどやってませんよ」


「ほとんどやってないその演技が、ずっと目に焼き付いている」

と汀は背を預けたまま、目を閉じる。


「幼くして、人を殺した子供の役。

 よくあの監督、素人同然のお前に振ったなと思っていたんだが」


 鬼気迫る迫力があった、と言う。


 いや、そりゃあ、あるだろ、と思いながら聞いていた。

 役者はおのれの引き出しを開けて、他人に見せる職業。


 こんなに開けやすい引き出しもなかった。


 あれを見て役者として凄いと言われても喜べないし、その他の役をそんな風に演じられる自信もない。


「沐生が役者になったのは、あれを間近に見たからじゃないかと思うんだ」

「え?」


「とり憑かれたようにあのとき見てたからな」

 沐生もあのとき、スタジオに居た。


 だからやりたくなかったのだが。


「……その話が本当なら、私は自分で沐生を遠ざけてしまったわけですね」

と少し笑って呟く。


 役者業を再開するとき、家族に迷惑をかけたくないという理由で、沐生は家を出て行った。


「まあ、俺的にはその方がいいんだが。

 ああ、沐生が役者に専念してくれるという意味でな」


 そこまでまた料理が来たので、汀は黙る。


「ところで、昼間の霊が出る家な。

 いつか見たことがあると思ったんだが。


 そういえば、あの近くで撮影したことがあったよな」


「え? そうでしたっけ?」


「あのとき、控え室みたいな感じで、あそこを借りてたことがあったじゃないか。

 お前もあのとき居ただろう」


「そうでしたっけ?」


 忘れたな、と思っていると、

「お前はなんでもすぐ忘れるからな」

と不満げに言われる。


「玄関入ってすぐ、古臭いトイレがあったろう」


「ああ、女の子の霊が居るとこ」

と言うと、汀は嫌な顔を出すする。


「あの昔風のトイレが印象に残ってて、覚えてたんだ。

 当時は霊が出るなんて話なかったぞ」


「うーん。

 よく思い出せないんですが。


 特に霊を見た記憶もないってことは、どの霊もそのときは、居なかったのかもしれませんね。


 あそこ、空き家なんですか?」


「普段はな。

 だが、盆や正月には町から帰ってきた親族が集まるそうだ」


 仏壇があったと笹井が言っていたから、親の位牌などはそこに置いておいて、子供たちが帰ってくるのかもしれないと思った。


「あそこ、なにが居たんだ?」


「わからないです。

 外には、例のなにかの理由で無念の死を遂げたらしい女の人が這っていて。

 中には女の子の霊と、もうひとり、男の霊が。


 女の子の霊もあまりよくなかったですが、そんなに力が強かったわけではないし。

 あの這う女の人の霊の方が念が強いように見えましたね。


 あの子が彼女が恐れていた霊だとは思えないので、よく見えなかった男の霊の方が、彼女の言う悪霊かも」


「まあもう、俺たちには関わり合いのないことだがな」


「……そうですね」

と浮かない顔をした晶生に、


「なにかあるのか」

と訊いてくる。


「ところで、あそこを使ったのって、沐生のお父さんの事件より前でしたっけ?

 後でしたっけ?」

と言うと、それもなにか関係あるのか、と言う。


 あの事件より前なら、私にも沐生にも、そう霊の姿は見えていなかったかもしれないが、と思ったが、

「後だったろ、確か」

と言ってくる。


 ああ、そうだ、と汀は笑った。


「笹井さんがお前たちに感謝していると伝えてくれと言ってたぞ」


「でも、もう手助けはしませんよと言っておいてください」


 そして、ああ、と付け加えた。


「沐生が、笹井さんは仏教系より、神道系の力を借りる方が合っている、と言ってましたよ」


 わかったわかった、とその辺の話には興味なさそうに、汀は言った。







 食事のあと、外に出ると、汀が、

「俺はまだ仕事がある。

 タクシーで帰れ」

と五千円くれた。


「最近もらったなかで、一番多いです。

 みんな、お小遣いくれるって言ったら、千円か二千円ですよ」

と言うと、


「それ、お前の値段じゃないのか?」

と言ってくる。


「……なんでそんなに安いんですか」

と言うと、汀は笑って、


「沐生のお古だから」

と言う。


 おいおい。


「いりませんよー、お金」


「いいからそれ持って乗って帰れ。

 送ってやれないから」


 じゃあな、と汀は晶生をタクシーに押し込み、住所を告げると、自分は違うタクシーに乗って行ってしまった。


 結局、なんの用だったんだと思ったが。


 まあ、たまにはああして、昔の知り合いと話したいのかなと思う。


 社長でない頃の自分を知る人間と。


 晶生は少し走って、汀のタクシーが見えなくなったところで、運転手に行き先の変更を告げた。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料