過去  I



 開いたままの玄関から覗いていた晶生が、

「笹井さん、凄い。

 テレビで見たときとまた違うわ」

と言うと、


「あんたのせいじゃない?」

と横に居た堺が言う。


 え? と振り返ると、

「私もあんたの側に居ると、よく見える気がするわ」

 いつもよりも、と腕を組み、目を閉じた堺は白状した。


「ところで、女の霊はどうしたのよ」

 彼には先程からずっと見えていなかったらしいのに、そう言いながら、足許を見てみている。


「いやあ、それが一緒に吹き飛ばされちゃって」

と苦笑いすると、


「……まあ、消えたんならいいんじゃない?」

と堺は言い、もうそれぎりその話題には触れてこなかった。





 どうも気になるんだよな。


 家に帰った晶生が、昼間の収録のことを思い返しながら、テレビを見ていると、電話がかかってきた。


 はーいはいはい、と適当な返事をしながら、子機を取り上げる。

 汀だった。


 最初は親が出るかとあらたまった声で話していたようだが、晶生だとわかると、

『晶生っ。

 携帯の番号を教えろ』

と文句を言ってくる。


「やだ。

 いえ、嫌です」

と言い換えた。


 そうそう。

 こいつ、社長だった、と思い出したのだ。


「今は仕事してませんから、貴方に教えなきゃいけない義理も理由もないです」


 このクソガキッと思っているらしい沈黙があった。


 少し間を置き、

『……沐生のことで話があるんだ』

と言われる。


『沐生はまだ帰ってきてなんだろう?』

と言われ、


「どういう意味でですか?」

と思わず、訊き返す。


「此処に住んでいないという意味ですか。

 今日、帰ってきていない、という意味ですか」


 今、どっちの状態だ、と訊かれ、両方です、と言うと、

『じゃあ、どっちでもいいじゃないか。

 帰ってきてない、で話を終わらせろ』

と素っ気ない声で言われた。


『晩飯は食ったか』

「まだですよ」

と言うと、じゃあ、ちょっと出てこい、奢ってやる、と言う。


「いいですよ。

 タダより高いものはないので」


 そのとき、

「ただいまー」

という声が玄関からした。


 げっ、と思う。


『母親が帰ったな。

 かわれ」


「い、嫌ですっ」

と言ったが、側に来た母親が、


「電話、誰?」

と訊いてくる。


『かわれ。

 おかーさん、お久しぶりです。

 汀ですっ』

と張り上げた汀の声が漏れ聞こえたらしい。


「あらー、汀くんじゃないの。

 かわりなさい。


 沐生がお世話になってるのに」

と言う。


 そういう常識的なことを言われたら、かわらないわけにはいかない。


「まあー、どうもお世話になりますー。

 社長さん、お久しぶりですねー」

と母親は愛想よく汀と話し始めた。


 昔は一緒に仕事をした仲間だが、今や、向こうは社長だ。


 そういう事情がなくとも、一見、礼儀正しい汀は、母親のお気に入りのようだったが。


 これはヤバイ……。

 私の意志など吹き飛ばされそうだ、と思いながら、晶生は側に立ち、為すすべもなく、ただ、二人の会話を聞いていた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料