居るよ…… IV

 

 堺が真田とともに門を潜り、昔風の庭から玄関を覗くと、晶生はすりガラスの引き戸の前に立ち、ウロウロしていた。


「晶生」

と呼びかけると、ちょっと困ったような顔でこちらを向く。


 ああ、可愛い、と思いながら、顔には出さずに、

「どうしたの?」

と訊く。


「此処まで来ると、這い出てくる女の人の霊が消えるんですよ。

 しばらくすると、また現れて、そっちに向かって這ってくんですけど」

と道路を指差した。


「どんな霊なの?」

と訊くと、


「すごく綺麗な女の人の霊ですよ」

と言ったあとで、こちらを見た。


「中に違う悪霊が居て、入れないと言っています。


 いつも居るんですかね? その悪霊。。

 じゃあ、この霊、普段から、中には入れないんでしょうか。


 それとも、今、入ってるメンバーに悪霊が憑いてて、一緒に入っちゃったとかなんですかね?」


 堺は、沐生のあれか、それとも……と思いながら、

「そう。

 沐生は?」

と訊くと、


「今のとこ、大丈夫そうですよ。

 中で、台本に合わせて小芝居をしてますよ」

と沐生が聞いたら怒りそうなことを言い、古く厚いガラスの掃き出し窓の方を指差す。


 庭に面したその窓から部屋の中が窺えた。


 なるほど。

 ドッキリに合わせて小芝居中だ。


 そちらを窺いながら、

「……あんたにも、その中の悪霊は見えるの?」

と訊くと、


「いえ」

と言ったが、それが本当かどうかはわからなかった。






 何故、真田までついてくる。

 そして、何故、らしくもなく、無言、と思いながら、晶生は堺と真田を見ていた。


 あの女の霊はもう二時半になったといのうに、まだ此処を行ったり来たりしている。


 晶生は通りの向こうを目を細めてみたあとで、手招きをした。


 しばらくして、

「誰呼んでんだー?」

と汀の声がした。


「笹井さんー」

と叫び返すと、


「笹井さんは、後から登場して、沐生が驚かないといけないんだ。

 今は連れていけないー」

と叫び返してくる。


「そんなの、今更でしょー」

と言うと、汀は、まったく、という顔をして、笹井になにか言っていたようだった。


 二人でこちらに渡ってくる。


「社長、暇なんですか。

 もう帰ったらどうですか」

と言うと、


「俺が居たら邪魔なのか」

 笹井さん連れてきてやったのに、と睨んでくる。


「笹井さん」

とそれを無視して呼びかけた。


「あの、此処の霊って午後二時に出るんですよね。

 まだ、この辺、ウロウロしてるみたいなんですけど。


 いつもそうなんですか?」

と訊くと、


「いえ。

 二時ジャストにだけ現れるはずですが」

と戸惑うように言ってきた。


「それ、なにか意味のある時間なのかしらね」

と堺が言う。


「じゃあ、これ、いつもとは違う行動なんですね」

とまだ彼らの足許をうろついている霊を見下ろして、晶生は言った。


 この霊に関しては、笹井も堺も見えていないようだし、後のメンツは問題外なので、見えているのは自分だけなのだが。


 彼らの足許を霊が突き抜けていくさまは、見ていて、あまり気持ちのいいものではない。


 それにしても、なんで、この霊、普段とは違う行動をとっているのだろう。


 いつもは居ない悪霊が家の中に現れて戻れないからか。

 それとも……。


 さっき、この霊、沐生になにか言っていた。

 そして、沐生の足を掴んで中に引っ張りこもうとした。


「笹井さん、此処の霊って、人を引っ張り込むんですか?」


「いいえ。

 そんな話は聞いてないですが」


 じゃあ、沐生にだけ特別な動きをしてるってことなのか? と思いながら、また現れた女に向かい、呼びかけた。


「……あの、さっき、なんで彼を中に引きずり込んでたんですか?

 彼に向かって、なんて言ってたんですか?」


 その途端、這っていた女はこちらを振り返り、ぎっと睨んで言った。


 ……テイタクセニ


 ……見テイタクセニッ!


「見ていたくせに?」


 そう呟いたとき、ふっと霊の姿は消えた。

 そのまま現れて来ない。


 霊って奴は、どうしてこう気まぐれなんだ、といつも振り回されている晶生は、大きく溜息をつく。


 奴ら、言いたいこと言って、やりたいことやって、去ってくだけだからな。


 或る意味、気ままな人たちだ、と思った。


 それにしても、『見ていたくせに』か。


 どういう意味だろうな、と思いながら顔を上げると、真田と汀が引き気味にこちらを見ていた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料