霊の出る家 III



 晶生が逃げるように出て行き、汀は堺にかけかけた電話の手を止める。


 彼女が消えた扉を見て、溜息をついた。


 こういう仕事をしていると、人の成長というのは不思議なものだな、と思うことがある。


 子役だったときとは、イメージがまるで変わってしまう人間も多いからだ。


 坂本日向とかな。

 もうちょっと純粋そうな愛くるしい子供だったのに、まさか、あんな口の立つグラビアアイドルになるとは。


 沐生は、なんにも変わってないな。


 堺はもうちょっとチャラ臭かった。

 いや、まさか、役者やモデルをやめて、沐生のマネージャーになりたいと言うとは思わなかったが。


 だが、もっとも変わったのは、晶生だ。


 初めてスタジオに現れたときもびっくりしたが、一緒に撮影に入って、もっと驚いた。


 その透明感というか。

 現実にそこには存在して居ないかのような空気感というか。


 当時はまだ人手が足らなくて、自分もモデルをやっていた。


 小さな女の子と一緒に撮影するシーンが必要で、急遽連れて来られたのか、晶生だった。


 本当に、体重とかないかのように、ふわりとした雰囲気があった。


 無意識のうちに、小さな彼女の前に跪いて、その手を差し出していた。


 後にも先にもあんなに穏やかに自分が微笑んでいる写真は他にない。


 それがあんな目の据わった女になるとはな。


 今の方が綺麗かもしれないが、俺は昔の晶生の方が好きだ。


 いつからあんな風になったのか。


 不満を込めて、壁に飾ってある額を見る。


 木の下で、自分が子供の晶生に跪き、手を差し伸べている写真だ。


「晶生がやると思ったから、事務所の社長も引き受けたんだがな」


 あれは長谷川沐生以上の役者になれたかもしれないのに、と思いながら、その写真を眺める。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!