謎解きの終わりに I

「転倒の仕方でわかったとか?」


「ホームズじゃないんだから。

 そんな些末なことで何もかもわかるわけないでしょ。


 知ってたからよ。

 中岡さんが無理なダイエットをしてたことを」


「え?」


 もう野次馬もバラけている。

 話しても大丈夫か、と晶生は辺りを窺いながら言った。


「中岡さんはこの間まで、かなり太ってたの。

 まあ、恐らく、今の状態が原型だったんじゃない?


 いろいろあって、太ってたのを元に戻した。


 樹里の婚約者として、表に出ても恥ずかしくないように、っていうのと、少し容姿を変えたかったからじゃないかしら」


「……もしかして、中岡さんが、前回の事件の犯人」


 そりゃそうでしょうよ、と腕を組んで晶生は言う。


「そんな簡単に樹里の気がコロコロ変わるわけないじゃない。


 あの廃墟寸前のホテルで樹里を刺したのは、中岡さん。


 言いたくないけど」

とちらと、沐生と堺を見て言う。


「例のでっち上げの記事もあの二人の諍いの原因のひとつかも。


 樹里がアイドルとして人気が出て、中岡さんと樹里の距離は遠くなった。


 中岡さんは自暴自棄な生活をして太り、自分の容姿に自信を失ったところで、沐生とのスキャンダル」


「あー、そりゃ、ショックよねー。

 お前、結局、ただのイケメン好きじゃねえか、と思ったわけだ」

とまたいつの間にか背にぶら下がっていた日向が言う。


 あんた、仕事はいいのか、と思いながらも、手を離そうとした日向に、

「離さないで」

と言いながら、肩を掴むその手をぽんぽん、と叩いた。


 沐生と堺がこちらを見る。


 なんだかわからないながらも、日向は離さないでくれた。


「でもまあ、樹里が中岡さんをかばったことで誤解は解け、二人はめでたく婚約の運びに。


 でも、そこでひとつ、困ったことが。


 中岡さんは、気持ちの悪い追っかけのストーカーとして知られている。


 さっきも警備員さんが気づきそうになったわ。


 いつか刺した犯人であることがバレても困るし、此処で頑張って容姿を戻すことにした。


 さて、準備万端というわけで、今日、私に紹介してくれるつもりだった。


 でも、急激なダイエットにより、中岡さんの体力はなくなっていた。


 それで、今回の事件が起きたのよ」


 犯人が突き飛ばしても、通常の状態だったら、よろめいて終わりだったでしょうにね、と晶生は言った。


「あと、私の水のせいですよね」

としゅんとして、村が言う。


 まあ、これからは水浸しにしないよう気をつけて、と思った。


 そのとき、あのスタジオの扉が開いた。

 例のファラオのマスクを使う予定のクイズ番組だ。


 リハーサルが終わったのか、何人か、わらわらと出て来た。


「あの中に犯人が居るのか」

 そう呟く真田に、


「被害者が事件じゃないと言い張ってるから、犯人って居ないんだけどね」

と言っているうちに、スタジオから出てきた人たちは、それぞれが休憩しに何処かへ行ってしまった。


 それをぼんやり見送っていると、人気がなくなったところで、真田が、

「また言わねえのかよっ」

とキレる。


 顔を近づけ、言ってきた。


「お前、林田さんじゃないが、今度こそ、死体を持ってくるぞっ」


 だから、何処から? と思っていると、ふいに額になにか冷たいものが触れた。


 沐生の手だった。

 額を押して、真田から引き離す。


 後ろに居た日向も、おおっと、とよろけた。

 堺が呆れたように言う。


「そういう邪魔して、権利を主張するなら、なにか言えばいいのに」


 ん? と沐生が堺を見たが、堺はもう素知らぬ顔をしていた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!