呪われた男 II



 晶生は男子トイレの個室を開け、なんだ。別に女子トイレと変わらないじゃん、と思う。


 よく考えれば、当たり前なのだが。


 男子トイレに入ったのは初めてなので、つい、そんなことを考えてしまう。


 極普通の和式トイレだ。

 特に異常はない。


 トイレットペーパーはまだ半ばまでしか使っていない。


 ペーパーホルダーにもうひとつのトイレットペーパー。


 左前、戸口のところに昔ながらのタンクがあり、その上に三つ、予備のトイレットペーパーが並べてある。


 掃除したばかりだからか、何処も綺麗だ。

 まあ、床は水浸しだが。


 ドアの上から差し込んでくる外からの日差しで明るいが、やはり、多少暗い。

 だが、まあ、電気をつけるほどでもない。


 隣のトイレに入ってみる。

 こちらは奥に比べ、窓から遠いせいか、もう少し暗かった。


 こちらもホルダーにトイレットペーパーはあり、予備のトイレットペーパーもまだあった。


 タンクの上には、予備のトイレットペーパーが二つ。

 一つは、かなり濡れていた。


「村さん」

とトイレの中から呼ぶ。


「なんですかっ」

と焦ったような声が聞こえてきた。


「今日、トイレットペーパーに水かけたり、落としたりしましたか?」


「今日はしてませんっ」

 きょ、今日は?


「あの~、トイレットペーパーの補充、今、しました?」

「しましたよっ」


 ……何故、こんなに喧嘩越しなんだ、と思ったが、まあ、理由はわかる気がした。


 外に出て、晶生は訊く。


「村さん、此処に仕事に来るようになって、何日めですか?」

「一週間ですが、何か?」


 なるほど、と思った。

「こういう仕事、初めてですか?」


「親にもらってたゼミ旅行のお金、使い込んじゃって、それで……。

 って、今、それ、関係ありますかっ」

と素直に話していたのに、途中で突然、キレる。


「ありますよ。

 この局の中、詳しいですか?」


「詳しいわけないじゃないですか。


 自分が掃除する場所しかわかってないですよ。

 それも迷いそうなのに」

と言い出す。


 少し泣きそうになっていた。

 なんだか可哀想になってきたので、村に言う。


「貴女のせいじゃないですよ、たぶん」

「えっ」


 彼女が何を気にしているのか、わかっていたからだ。


「たぶん……そんなには」

と言うと、村は縋るような目で見てきた。


「お願いしますよ。

 クビになっちゃいます~っ」


 やはり、先程までは虚勢を張っていたのだろう。


 情けなげな声を上げ、トイレに入ろうとして、林田に止められていた。


「晶生ちゃんももう出て。

 何かわかったの?」

と林田が訊いてくる。


 晶生は林田がまだ捕まえていた美術スタッフの男に訊いた。


「すぐそこで、収録やるんですよね?

 あのマスクを使うクイズ番組。


 さっき、レギュラーの方たちを見ましたが」


「え、あ、はいっ。

 さっき、リハーサルやってて」

と彼は答えたあとで、正気に返ったように叫び出す。


「そうっ。

 それで、急いでるんですよ~っ。


 一度、返してくださよ、あれ~っ」

と林田に泣きつき、拒絶されていた。


「あのマスク、もうスタジオにあったんですか?」

と晶生が訊くと、


「スタジオの隅に運んだところだったんですよーっ。

 急に消えちゃって、慌ててたら、こんなことに~」


 もう帰りますよっ、と言いざま、スタッフは走って逃げた。

 大変そうだな、と思いながら、その後ろ姿を見送る。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!