こちら側の人間……

 

「こんにちは」


 階段を下り切らないうちに、晶生は上から見下ろすような体勢で、男に笑いかける。


「初めまして。

 私、長谷川沐生の妹の、晶生です」


 こいつ、自分の見せ方、よく知ってるな、と思いながら、遠藤は見ていた。


 こいつの方が役者向きなんじゃ? と思う。


 晶生は笑顔でいながら、何処か人を見下すように見ているところがある。


 相手に悪意があるというのではなく、生まれついた女王様体質なのだ。


 高い位置から見下すように見下ろしながら、ちょっと親しげに微笑みかける。


 それだけで、芸能人も見慣れているであろう吉田という男は、舞い上がってしまっていた。


 とどめに階段下の暗がりにつれて行き、二人だけで話す感じを強調させる。


 あとは晶生のなすがままだな。


 吉田は晶生のために、自分が知っている限りのことを思い出そうとするだろう。


「悪い女だなあ……」


 ぼそりと呟いたが、隣の真田には自分の声は聞こえない。


 お前も騙されるなよ、と思いながら彼を見上げる。


 晶生が陰に入ってしまったので、話の内容は聞こえなくなった。


 別に地縛霊ではないので、晶生の許まで行けなくもないのだが、いつものように、此処を動きたくなく、ぼんやり晶生が戻ってくるのを待っていた。


 晶生に言わせれば、そういうのを地縛霊って言うんじゃないの? と言うところだろうが。


 しばらくして、晶生が戻ってきた。


 なにかしらの収穫はあったようだ。


「遠藤、ありがとう」

と女王様はねぎらってくれる。


 いやいや、と小さく手を挙げた。


 さっきまで手すりのところから、下の晶生を窺っていた真田が振り向き、誰と話してんだ、という顔をしていた。


「犯人はわかりそうかい?」

と言ったが、晶生は答えない。


 まるでわからないから、というのがその理由ではなさそうだった。


「そうだな。


 わかるさ、晶生。

 お前になら。


 お前はこちら側の人間だから」


 そう言うと、晶生は黙ってこちらを見下ろしていた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料