刑事 堀田

「あんたに須藤沐生のアリバイは証明できないって言ってるんだよ」


 え、須藤? と日向が振り返る。

 真田もこちらを見た。


 堺が舌打ちするのが見えた。


「警察舐めちゃいかんよ、お嬢ちゃん」

 だが、舐めてはいかんのは、このおじさんだけのようだ、と晶生は思った。


 林田の方は、よくわかっていないようで、え? え? と言いながら、自分と沐生を見比べている。


 やっぱりか、と晶生は溜息をついて言った。

「やはり、あのときの刑事さんでしたか」


「あんたらに取っては、九年ってのは、長い年月だろうし、顔も変わるだろうが。

 わしらにとっては、九年も二十年も変わらないんでね」


 ついこの間のことのようだよ、と堀田は目を閉じる。

 じゃあ、その変わった顔がよくわかったな、と思った。


 九年、それも子供がちょうど大人になる年頃だ。


 私はあまり変わっていないが、沐生は変わった、と斜め後ろに居る男を見る。


 しかし、何故、私が全面に出て、あんたが引いている。


 今、あんたのことで揉めてんだがっ、と思ったが、沐生は何故か床を見ている。


 そこを這っている霊が居るからだ。


 背中を撃ち抜かれているらしい。


 それは明らかに死んでるから、沐生っ、と思う。


 それにしても、遠藤といい、この男といい、刺されたり、撃たれたり、物騒なホテルだな〜と思っていた。


 沐生と晶生の視線の先をちらと見た堀田は、

「まあ、直前まで、長谷川沐生が下に居たというのは本当のようだから、もうちょっと調べてみますよ」


 行くぞ、林田、と言うと、まだよくわかっていない林田を振り返ることなく、堀田は階段を下りていった。


 ああ、遠藤さん踏んでます、と思いながら、それを見送った。


「晶生」

と不安そうな日向が呼びかけてくる。


「沐生の名前、本名だったはずよね?

 なんで須藤になってるの?」


 結婚したとか? と間抜けなことを訊いてくる。


「日向、沐生は今、うちに引き取られてるの」


 え、ああ、と日向は困ったような顔で頷いた。

 長谷川沐生の両親は九年前に失踪している。


 それは日向も知っていたようだ。

 そのあと、いろいろあって、沐生は晶生の家に引き取られた。


『すみません。電話を貸してください』

 そう言い、突然、沐生が現れた。

 あの雨の夕暮れを思い出す――。


 晶生は日向に向かい、言った。

「でも、今は一緒には住んでないわ。

 だから、沐生がスキャンダルを連発できるのよ」


「なるほど」


 なにがなるほどだ、という顔を沐生がし、堺が、

「莫迦なこと言ってないで、なんとかしてよ、晶生ちゃん」

と言ってくる。


「なんで私ですか……?」


「いやー、晶生ちゃんだとなにかこう、なんとかしてくれそうだから」

とよくわからないことを言ってくる。


「ちょっと事務所に連絡入れてくるから、沐生を頼んだわよ」

 いや、頼まれても、と美形のオカマに手を握られながら思う。


 こんな面倒な男の世話を頼まれてもっ、と沐生を見上げる。


 沐生は相変わらず、なにを考えているのか。

 自分が犯人と疑われていることなど、どうでもいいように、楽屋の方を見ていた。


「あのさ。

 水沢樹里は死んでないから、見てても出ては来ないわよ」

と言うと、真田たちが、ひっ、という顔をする。


 ま、大抵の場合、殺された霊って、混乱してるから、なにも話してはくれないけどね、と思いながら、全然混乱していない遠藤を見下ろした。


 なにを思っているのか、遠藤はこちらを見上げて、にんまり笑う。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料