廃墟ホテル



 撮影が終わったら解体するというそのホテルは、クラシカルなエントランスだった。中に入ると、また一層。


 入って左手のど真ん中に、優雅に湾曲した階段。

 突き当たりのフロントの上には二人の天使の彫刻が彫られていた。


「小さいけど、昔は小洒落たホテルだったんだろうね」

と晶生が呟くと、真田は、

「今は廃墟に近いがな。

 どんな怪奇ものだ、此処で撮るのは」

と言い出す。


「ミステリーよ」

と横に居た日向が言った。


 なるほど、雰囲気は抜群だ。


 ロケハンの人たちが忙しそうに立ち働いているので、真田と二人、隅に行って大理石のような丸い柱の前に立ち、眺めていた。


「忙しそうね」

「そうだな」


「あのベルボーイの人とかも」

「ベルボーイ?」


「ああ、ごめん。生きてなかった」

 生きている人間が忙しそうだから、霊がつられるのか。その逆か。


 真田が少し、晶生から離れた。

「なによ」


「お前と居ると、余計なものが見えてきそうだ」

「大丈夫よ。

 こんな見えやすい場所で、何も見えてないのなら、何処でも見えないわ」


 しばらくそのまま眺めていたが、真田が居心地悪そうに呟く。

「俺たち、暇で、なんだか申し訳ないな」

「じゃ、コード引っ張るのとか手伝う?」

と晶生は笑った。


 そのとき、入り口から、外の強い光を背に、男が現れた。

 思わず、みんなが振り返り、挨拶をする。


 長谷川沐生だ。

 誰もが沐生に合わせて、視線を動かしていたが、沐生は誰にも一瞥もくれず、挨拶も返さずに、ロビーの中央を歩いていく。


「……なんかすげえな」

と自らもまた、とり憑かれたように見ながら、真田が呟いた。


 人を惹きつける、あのオーラの源がなんなのか。少しわかる気がする、と晶生はその姿を見まいとするように目を伏せた。





「あれっ? 晶生ちゃん」

 沐生のマネージャーの堺がやってきた。


「どうしたの? 見学? 珍しいわね」


「ああ、堺さん。この人、私の同級生の真田くん。

 日向のファンで入れてもらったんだけど。今、沐生のファンに鞍替えしたらしいですよ」

と早口に言うと、ああ、と堺は笑ってみせる。


「なるほど。それは光栄。

 ああ、ごゆっくりね。

 晶生ちゃん、暇なら、客の役ででも出てみる?」


 出ませんよ、と笑うと、行ってしまう。

 笑顔で堺を見送りながら、真田が晶生の制服の裾を引く。


「おい。あの人、男? 女?」


 まあ、判断に困るよな、と思っていた。

 あの言葉遣いだし、ショートカットでちょっと体格のいい美女にも見える。


「いや、あの、男だと思う。

 ……確かめたことはないけど」


 昔から、沐生についている人だ。

 気心も知れているが、そういえば、改めて、男ですよね? と確認したことはなかった。





 撮影が奥の方で始まり、真田はそちらに釘付けになる。


 晶生はひとり、それとは反対側に向かった。先程から気になっていたものがあったからだ。


 湾曲した階段に男が座っている。

 クリーム色のスーツを着た男だ。


 同色の帽子を被っている。

 にやにやと笑って撮影隊を見ていた。


 顔は整っているが、ちょっと嫌みな感じがする。


 沐生が言っていたのは、この男だろうか、と思いながら近づいた。


「やあ、お嬢さん」

と男はすぐにそう言い、帽子を軽く持ち上げてみせる。


「貴方、生きてる?」

 階段に足をかけ、そう問うと、まさか、と男は笑う。


「こんなところでなにしてるの?」


「人を眺めてるんだよ。

 生きているときはせわしなくて気づかなかったが、こうやって、ぼんやり人を見ているのも面白いものだね」


 霊はこちらを振り返り言った。


「もうすぐ誰か死ぬよ」

「えっ」


 人が死ぬ、と霊は言った。


「わかるの?」


「殺される、と言った方がいいかな。

 私を殺した女と同じ気配がするからね」


「何処から?」

「さあて。上の方だね」

と階段上、二階を指差して見せる。


「細かいことはわからないね。

 私は此処から動けないから」


 いつの間にか男の腹には血のシミが広がっていた。

 ナイフは下に落ちている。


 それを拾うべきなのか、どうかなのか。

 迷いながら見ていると、男は言った。


「いいよ。

 このまま、刺されていたいんだ」


 そのままナイフを見ていた自分に男は言う。


「同情すると、連れていかれるよ。

 霊ってのは、そういうもんだ。


 まあ、君にはよくわかってるか。


 それだけ力が強かったら、今までにもいろんなものを見てきただろうからね」


 そのとき、誰かが側を歩く気配がした。

 少し行き過ぎたところで止まったその人物を振り仰ぐ。


 長谷川沐生だった。


「上がらないで、沐生。上で殺気がするって言ってるわ」

「その男はいつも、誰か死ぬと言ってるぞ」


「そうなの?」

「ほんとだよ」

と男は二人に向かい、笑いかける。


「つまり、お前たちが来るようになってから、ずっと殺気がしているというわけさ」


 そう言う男を沐生は黙って見下ろしていた。

 そのまま身を翻して上がっていこうとする。


「待って」

と晶生は立ち上がり、追いかけようとした。


「おやおや、二人ともお人好しだね」

 そう男は笑う。


 晶生は振り向き、男に訊いた。

「貴方、名前は?」


「……遠藤」

 少し帽子を持ち上げ、彼はにやりと笑う。


「久しぶりに名乗ったよ」

 そう言って。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料