近況ノートにお越しいただき、ありがとうございます。
ただいま、「小悪魔少女に転生しちゃったボク、魔王さまに求婚されて困ってます!」という小説を書いています。
なかなか恥ずかしいラノベ風タイトルですが、中身は真面目に書いているつもりです。
 
ここ数日で、小説を書いていて、もう
「ああーーー!!」「うわーーー!!」「ああああ!!」という気持ちが溢れてしまい、それを吐露する場所がないので、ここに書き殴らさせて頂きます。
 
小説内では、主にキャラの掛け合いや悩みと向き合う様子をメインに描写しており、バトルシーンなどはオマケ・スパイス程度にしているのですが
最近書いている部分で、もうキャラたちが悩んで悩んで、それと同じだけ作者も転げ回っているのです。
こんなに感情の落差があったら、いくらかの発電でもできようものではないかと思います。
 

さて、本題なのですが。

キャラが勝手に動くのです……。


いや、何を言っているのだ。常軌を逸している。と思うかもしれませんが、事実そうなのです。

ここで、少し中身の話をさせていただきますと、
この小説の主人公"マコ(マコト)"は、もともと人間♂だったのですが、異世界転生の結果、サキュバス♀になります。
はい、TSモノです。
なぜサキュバスかと言うと、性癖というのもありますが、物語上必然性もあります。

それは置いておいて。

主人公マコの恋愛模様に絡む登場人物が、二人います。
バルフラム(魔王♂)と
ミナミ(人間♀)です。
(断言しますが、この二人以外が恋愛関係で絡む予定は今後ありません)
 
この小説では、いろいろあった後、TSっ娘♀と魔王♂がくっついて普通にノーマルラブのハッピーエンドになる

という、予定でした。


ですが、非常に困ったことに。

ミナミが!
マコのことを!
好きすぎたのです!!

本当にマジで困ったんですけど、"ミナミ"は作者が想定していない行動を勝手に取ります。
そんなセリフを言っちゃったら今後の進行に支障がでるだろうというセリフを平気で吐き出してきます。勝手に。

そして、自分を置いてマコとバルフラムがくっつくということを許してくれません。
絶許!です。

ひとつ言い訳をさせていただきますと、わたしは今回この小説を書いているのが全くの初めての作品で、これ以前に小説を書いた経験は一切ありませんし、ましてやプロでもありません。
ですので、多少行き当たりばったりに書いていたり、最初に作ったプロットから外れてライブ感で書いてある部分も大なり小なりあります。


しかし、本当に困りました。
わたしは声をあげて、のたうちまわりました。

彼女が取ったとある行動により、当初予定していたエンディングとは、もはや話が別の方向に転がりはじめています。
その話(54話)を公開できるのはまだ少し先ですが。


でも、それでいいんじゃないかと思い始めている自分もいます。

キャラが生き生きして動くことは物語にとって良い刺激にもなりますし、彼女が提案した道は最初の予定よりもデコボコしていますが、面白いルートになりそうな予感がしているのです。

もちろんバルフラムさんにも幸せになって欲しいですし、登場人物みんなが幸せを分かち合える着地をさせるつもりでいます。
 
乱文になりまして申し訳ありませんが、うわあああという気持ちをスッキリ吐き出させて頂いたところでノートは以上となります。
こんなところまで読んで頂きまして、本当にありがとうございます。期待を裏切らないように頑張ります。


引き続き、小説のほうをお読みいただけると幸いです。