作家間コミュニケーションのコの字も取れない引きこもりの作品に、レビューが2件も!
なんの見返りもないのに…ありがとうございます…ありがとうございます…(五体投地)

宣伝する場所も余力もないので(そもそもがリサイクルという負い目もあり)黙々と定期更新するのみなんですが、昔読んで下さってた方が、なんとなく思い出して検索して発見して下さるパターンもあるようで驚きです。
何より長年忘れずにいてくださったことがもうもう…ありがたみしかないです。感無量…。

カクヨム版恋と続恋は、自家サイト当時のイエデンとガラケー文化をスマホ文化に移行させようと頑張ってますが、一部し損ねてたらすみません。こっそり指摘して下さると助かります…

細々とリハビリ頑張ります。
今後ともよろしくお願いいたします😊

2件のコメント

  • レビュー書き込ませていただいたものです。コメントありがとうございます😊
    恋おしは、私にとってはとても思い出深い作品のひとつなので復活していただいてうれしいです。ネットでもちらほらとサイトはどこにいったのでしょうか?とか復活されていてうれしい旨のコメント見かけますよー。
    こらからも更新楽しみにしております。

    さて、本題なのですが、こちらからの指摘でよいのか?わかりませんが、

    修学旅行・1日目<京都1>

    のシーンで京都駅がリニューアルされたくだりの場面が出てきていますが(他にもありましたかね?)京都駅がリニューアルされたのはもうかなーり昔でもはや 最近 ではない気が。スマホ到来時代のどれだけ前かというくらい昔の記憶がします。たしかに京都タワーや八条口付近は最近再開発著しいですが。
    すみません、そこのシーンだけ一京都市民として時系列の違和感を感じてしまいました。

    時の流れを感じますね…

  • コメントありがとうございます!毎度気付くのが遅くてごめんなさい。
    京都駅についての会話シーン、私も毎回、実は当時の連載の時から気にはなっておりました…。当時ネットで連載始めた時点で初稿からすでに4年くらいは経っちゃってたんですよね。
    今回こそ改正しようかと思ったのですが、ここ数年でさらにリニューアルされてるしまあいっか~くらいの軽い気持ちで「最近」の単語だけ消してスルーしちゃってました。京都駅今でもほぼ毎日利用してるくせにアバウトですいません。
    中央口の外観に関してはたしかにもはや本人たちも昔の外観を知るはずがないレベルの経年なので、近々セリフ回し直しておきます!

    先日同僚に当時のガイドブック(リニューアル京都駅特集)を見せてもらいましたが、とんでもない歴史を感じる古書になってました…
    私ももう昔の駅舎を思い出せません…ブルブル

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン