自分が長年温めてきた作品を、ついにこういう場に公開してしまいました。
自分の小説は長らくPDFにして自分のサイトで公開していましたが、スマホやタブレットで見た時に文字が小さくて読みづらくなる、という問題があったため、今回こちらで公開することにしました。

私はネット上に自分の作品をアップするとどうしても反応が気になってしまうのですが、小説に関してだけは気にしないでいようと思います。