いろいろと、考えながら、33話まできました。
小説の難しさを痛感しております。
ギャグ要素があまりなく、面白くないかもしれませんが、小説のフォローや応援があると、すごくやる気もでます。
して下さった皆さん。どうもありがとうございます!