現在連載中の、『退魔師一家の平凡な私』。本日、ついに完結となります。
https://kakuyomu.jp/works/16816700426131083128

この話、自分の作品としては初めて、双子の姉妹が登場します。主人公『杏』と、その妹『花梨』です。

双子キャラ。これは、自分にとってある種の禁じ手でもありました。
何しろ自分自身が双子ですから、そんな自分が双子キャラを書くと、もしや実体験を元にしているのではと思われかねません。
しかし、この双子はフィクションです。実際の人物や団体、及び自分が双子であることとは一切関係がありません(;^_^A

この、『杏』と『花梨』という名前ですが、それぞれ春の花から取ってみました。双子キャラたるもの、名前に何かしらの共通点を与えてみたかったのです。
共通点を春の花にしたのは、特に深い意味はありません。なんとなくです。

ところでですよ。
最近、自分の双子の弟でもある無月弟も、双子の姉妹を主役とした話を公開しました。
『よく似た双子の異なる恋』
https://kakuyomu.jp/works/16816700426888529110

別に狙ってこのタイミングにしたわけではなく、全くの偶然です。
そんな弟の作品に登場する双子の名前は、『牡丹』と『菜乃花』。

兄「弟よ、なぜこの名前にしたんだ?」
弟「春の花から取ったんだよ」
兄「なぜ、春の花から取ったんた?」
弟「なんとなく」
兄「弟よ、お前もか……」

なんと、こんなところで双子のシンクロをしてしまったのです( ̄▽ ̄;)
ちなみに、そんな自分と弟の本名には、特にこれといった共通点はありません。

10件のコメント

  • そうなんですか( ゚Д゚)!?
    近い時期に公開していたから、なにか申し合わせでもあったのかと思っていました。

  • 武州青嵐さん

    双子ネタ、いつかやってみようかという思いはあったのですが、たまたま似たような時期に二人とも完成させました。
    これもまた、双子のシンクロなのかもしれません(;^_^A

  • おはようございます。(*´∀`*)

    わぁ〜、それは面白いですね。
    話し合いをされてるのかと思ってました。
    無月ご兄弟は仲が良いと思うので、余計に気が合うというかシンクロ率が高いんですかね。( ´∀`)

  • 近況ノートへのお邪魔、失礼いたします。

    双子さんのシンクロって不思議ですね。
    僕は兄弟すらいないので、未知の世界です。
    そういえば、高校の同級生で双子がいましたけど、ちょくちょくシンクロしてました。
    双子にはなにかそういうものが存在しているのかもしれませんね。

  • さすがは双子、そういうのまでシンクロしちゃうんですね(笑)

    同じ学年に「かおり」「さおり」の双子がいましたね。めちゃくちゃそっくりな双子ちゃんだったので、最初は名前もどっちがどっちか、みたいな感じでした。かと思えば、「まゆみ(仮名)」「ゆか(仮名)」の双子もいて、そっちも恐ろしくそっくりだったんですけど、名前には全く共通点がありませんでした。

    無月ブラザーズも絶対何か共通点のある名前だと思っていたので意外でした(笑)

  • 桃虎さん

    同じようなタイミングでの双子ネタ。同じような名前のつけ方。どちらも一切話し合いなしで決まりました。
    シンクロ率、高まっています!(^o^)!

  • 烏目浩輔さん

    シンクロ現象は今までにも大なり小なりありましたが、こんな形のものは初めてでした。
    特に花が好きなわけでもないのに、まさかのシンクロにビックリです( ゚Д゚)

  • 宇部 松清さん

    こんな形のシンクロは、さすがに初めてでした(;^_^A

    双子の名前。響きが似ているパターンもあれば、逆に全くと言っていいほど共通点がないパターンもありますね。
    自分と弟は、一応漢字の画数が同じというのが共通点といえば共通点でしたが、なんとも微妙です(-_-;)

  • こんばんは。(*´▽`*)

    『妖怪探偵雪女参る! 「俺の嫁になれ」と美鬼に迫られちゃった――の巻。』に、すごく素敵なレビューを書いてくださってありがとうございます!

    なんとか完結出来そうです。ずっと読んでいただいて、励みになりました。
    とても嬉しかったです。
    無月兄さんの近況ノートや応援コメントの返信での言葉が楽しくて、やる気が出ました。
    ありがとうございました。(≧▽≦)
    完結まであと少し。気を抜かずに頑張ります。(#^.^#)

  • 桃虎さん

    『妖怪探偵雪女参る! 「俺の嫁になれ」と美鬼に迫られちゃった――の巻。』、大好きです(ノ≧▽≦)ノ
    特に銀星。優しくて冷静で面倒見がいい。だけど雪華のこととなると、時にむきになることもあるというのが素敵です。
    一方雪華は、そんな銀星の向ける好意の意味に全然気づいていませんが、だからこそ、ニヤニヤしながらいつまでも見守っていきたくなります(*´▽`*)

    第一章が終わってしばしのサヨナラと思っていたら、すぐに続きが見られて嬉しいですヽ(=´▽`=)ノ

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン