お疲れさまです。たかぱしです。

小説のタイトルってもうどうでもいいんじゃないでしょうか。「そのうちつける(仮)」とかでも問題ないでしょう、もしや。
むしろキャッチコピーの方が重要な気がします。少なくともカクヨムにおいては。

どっちにしろ、さほどキャッチーな文句とか思い付かないので最終的に投げやりなやつで落ち着きますけども。落ち着くまでは大変ですね。


さて、今日ふらりと立ち寄った本屋での話です。
正確には本屋へ行ったんではなく、アベンジャーズを観に行きまして、発生した待ち時間を潰すために入った本屋の話。

普段それほど行くことのない本屋です。モールに入った谷島屋さん。
比較的売り場面積が広いです。併設カフェのあるゆったり系本屋さん。

単行本売り場の一列にひときわギラつく新文芸という棚の並びがあります。
新文芸というのがすでによく分からないんですが、とにかくなんかギラついた本が並ぶ本棚です。
そこでは本棚の上にそれぞれジャンルやレーベルを示す札が出てます。新刊単行本とか時代小説とか角川文庫だとか。
新文芸の棚列に本棚は7つ。表示は右から順に「ケータイ小説」「エタニティ文庫」「カドカワブックス」「エタニティブックス」「アルファポリス」「ファンタジーノベル」そして「西尾維新」。

……え、「西尾維新」? ジャンル? ジャンル西尾維新? ジャンルなんですか? レーベル? え?
そこそこ大きい本棚全部が西尾維新なのか……? おっかなくて近づかなかったから分からないけど。全著作並べても半分も埋まらないだろうに。なんで棚一個西尾維新に捧げたのかな。そんなに売れてるのか。

地元駅ビルに入ってる谷島屋さんに西尾維新ガチファン店員さんがいるのは知ってたけど……こっちのモールにもいらっしゃるのかな。移ったのかな。よく分からないけど、西尾維新はジャンルじゃないだろう。だろう!

あとよく知らないからあれだけど、エタニティ文庫とエタニティブックスって分けるの? 違うの? なんで間にカドカワ挟んだ? そのうえアルファポリスも分ける? どういうこと? ケータイ小説ってまだあったんだ。そしてそれ以外のファンタジーノベルって急に雑だな。それに並ぶ西尾維新。カオス。

その本屋さんの辞書売り場で岩波書店の漢語辞典というのを見つけました。岩波の漢和。ほかの本屋さんではあまり見かけない気がします。なかなかシンプルな紙面でよかったです。3000円税別でした。大丈夫、買ってません。


最後にちゃんと毎日更新続けてます。4日目です。
更新内容は……特になにも起きない。興味を引くような宣伝はできない。てへ。
 にちじょーかぷりっちょ
 「なんか携帯って年々やわくなってきてる気がするんだけど、俺だけ?」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054889521775/episodes/1177354054889521942
毎日更新はあまり好きではないです。向いてない気がします。気が短いからかな。じりじりするのヤだ。でももう少し頑張ります。少し……少しじゃないか。まだ6話目。目指せ60話。
あ、ヒマならぼちぼち読んでみてくださいねー(精一杯の宣伝です、はい)

10件のコメント

  • 一側面でしかないのかもしれないが(俺自身は八側面くらいに思っているが)
    前に俺が言った、終わる必要のない物語だったり、タイトルよりキャッチコピーだったり、どーもウェブ小説ってのは、文学全体からしてもガラパゴスだよな。
    まぁ、ガラパゴスが主流になるのが日本って国だから、そんな特殊な状況が普通に受け入れられる文化圏ってのがあるかねー
    ・・・と、まだガラケーの俺は思うわけだが、

    そこで思ったんだけど、こういう小説投稿サイトって外国にもあんのかね。
    そして、そこに投稿される小説はまた、独自の特殊文化を築いてたりするのかね。
    日本だから乖離するのか、ウェブって場所が乖離させるのか・・・

    意外に興味深いぞ!スワヒリ語版小説家になろう!!(←サイト違う(笑))


    ちなみに俺は全部完成してからタイトル決める派なので、描いてる途中にタイトルが決定してたのとか、タイトル切りコンテスト以外なかったりする。

  • ウィキとかも日本は他国と比べて使われ方が独特って聞いたことある気がする。
    日本人てちょっと変わってるかもねー。自分たちじゃよく分からないけど。狭いサークル作って盛り上がるのが好きなのかね。
    輪っかは濃厚な文化を醸せるけど、輪から外れたやつが枯れてくのはもったいないな。と思う。

    ちなみにタイトルは直感?考えたり調べたりする?
    ↑でタイトルどうでもいいとか言いましたけども、も少し正確に思ってることをいうと、タイトルはなんでもいい、なんだわ。
    違い微妙だけど。
    タイトルって小説の顔じゃん。流行りっぽいのでもシンプルなのでも、分かりやすいのでも意味不明なのでも、ひたすら興味引くための釣りでも読んでからなるほどってなるのでも、なんでも駄目なタイトルってのはない、と思う。役割はいろいろ。
    でもキャッチコピーはあくまでキャッチーじゃないと駄目でしょ。
    と思うので、タイトルは自由にしていい。キャッチコピーは気にしろ!という感じ。

  • 日本って、大枠、ご恩と奉公みたいな主従関係が染み付いてるんだと思う。
    枠の中で一丸となるのは得意なんだけど、天才が生まれにくい文化だよな。
    狩猟民族と農耕民族の差なのだろうか。四季折々、恵まれた気候と飢えの少ない環境ってのもあっただろうな。


    普通は、キャッチコピーなんてないからな。あまりその辺の戦略は考えたことないけども、小説家になろうと違ってキャッチコピーがあるがゆえに、カクヨムは比較的ダラダラ長いタイトルが少ない気もする。(気のせいかな?)

    ウェブ小説は人と差別化をはかるために長ったらしいタイトルをつける傾向にあったわけで、カクヨムであれば、それをキャッチコピーでした方が目立つのであれば、
    >タイトルは自由にしていい。キャッチコピーは気にしろ!
    まさしくこれでいいんだと思う。
    あるいはカドカワは、ウェブ小説の題名で使われている技法?は、題名で行うんじゃなくてキャッチコピーで行うんだよってことを言いたいがために、わざと分けたし、キャッチのほうを目立つようにしているのかもしれないよな。

    とにかく、対外的には、
    >タイトルは自由にしていい。キャッチコピーは気にしろ!
    これでいい。


    タイトルは、俺は今、アマチュアの時点での考え方として、自分の読了後の気持ちよさのためにつけてるかな。
    小説の顔。そのとおり。でもだからこそ、自分の納得のいく顔でなければ、何回も挫折しかけた挙句に出来上がった長編作品とかが浮かばれない。
    俺の長編作品は全部なにかしらのテーマがあって描いてるわけだけど、全部読んだとき、そのテーマがどこにあって、それを表すにはどんな文字を使えばいいか・・・それは考えてる。
    読み終わったときに、もう一度タイトルを見て
    「あぁ、だからこのタイトルなんだな」
    と納得できるもの。その時始めて、物語の気持ちのいい読了があると思うんだよ。
    だから、難しい言葉じゃなくていい。(から、文字を調べたことはない)
    その小説における、最後の言葉なんだよ。タイトルって。
    重要じゃん、そしたら。物語の余韻に大きく関わるわけだから。

    とか思ってるけど。超個人的な発想だってことは、世の中のタイトルがそうでないことからもわかるけどな(笑)

  • 久しぶりに真面目に残業したら疲れた。最近ゆるゆるだったからなぁ。ワイン飲んでもう眠い……白ワイン渋い……かゆ、うま

    なるほどー。
    映画とか漫画とかでも最後あたりにタイトルがばーんって出てくるのがすげーカッコいいのあるよね。テンション上がる。
    そうか、最後の言葉か。そういう考え方もいいな。
    個人的には、タイトルに裏切られる、というかミスリードされるようなのも好きだな。真逆だけど。
    どっちにしろ自分ではあんま上手くつけられたためしがない。一生懸命考えたりするけど、直感というか、ふいにひらめいたやつが良かったりする。……切ない。

    ひとまずキャッチコピーは真面目に考えないとなー。

    いや、寝よう。

  • 俺は、小説の才能と、いいタイトルをつけられる才能って別だと思う。
    難しいよ。タイトルは。
    (逆もな。タイトルすげぇのに、小説ダメなのも普通にある)


    タイトルに裏切られる作品の代表作って挙げられる?
    面白いけど、どんな奴だろう。

    『時をかける少女』
    なのに、かけ×ないで割って÷る物語だったりとか、

    『日本以外全部沈没』
    なのに、四国だけが日本判定されずに一緒に沈没しちゃうとか

    『ゴジラ』
    なのに、でてきてるのは明らかにキングギドラ。最後までキングギドラ。

    そういう物語か!!!!


    あ!わかった!!
    『"Final" Fantasy』
    なのに
    2,3,4、と続編がでまくることか!!!


    ・・・読んだらだまって消しなさい。

  • 芸人の押すな押すなは押してくださいって意味だからなぁ。
    だまって消せってのは、声を大にして宣伝してって意味なんだろうな。うん。

    ↑日本以外全部沈没しかし四国は除くが読みたいわ。意外と壮大な物語が潜んでいると見せかけてやっぱりただのギャグとみた。
    さぁ、予想を裏切ってくれ!(笑)

    あんまカッチョいい例じゃないけど、メフィスト賞界隈。あとは、ハサミ男は題にやられたと思った。記憶がある。

    ひとつだけ願いを叶えてくれるというなら、いいタイトルをつけるセンスを……なんて言うわけないよね。謙虚に一生遊んで暮らせるぐらいのお金でいいですよって言おう。

  • 俺、一生遊んで暮らせる金があったら、文章なんて描かない(大笑)
    ・・・って思えるほど今、ぶち当たってるわ今回の長編。イタイ。

    メフィスト賞とかすっっっっっかり失念してたわ。
    あれ、規定が微妙な長さなんだよな。一段落したらやってみようかな。直で編集者に読んでもらえるんだよな確かアレ。

  • おお、ぶち当たってますか。そりゃきついね。精一杯トライ&エラーしてくれ。がんば。

    案外メフィスト合うかもしれんね。いや、メフィストはクセありすぎるかな。どうかな。
    なんかイメージがボクシングジムなんだよね、あそこ。
    ひたすらジャブ打ち込め、みたいな?
    体育会系的な?
    なんでそんなイメージなんだろね……?

  • 5万字でよければ死ぬほどジャブ打ち込めるんだけどな・・・
    みなそう思って収集つかないからあの分量なんだろう

  • ジャブ打たれ続けて受けて立ってる編集もすごいよなー

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン