ご無沙汰しております、高羽です。

『黒斑鏡(仮称)』の投稿を、明日夜から予定しております。
全29話、10万字弱となる予定です。

私にしては珍しく、ジャンル登録で迷うことがないストレートなホラー。
あらすじは以下の通り↓


街の片隅に立つ古いカーブミラー。
人の死を見続けてきた鏡は、黒い影を宿すようになる。
決して見てはいけないその影を、専門学校生の鈴原瞳は視界に入れてしまった。
全てを塗りつぶす黒が、彼女の日常を蝕む――


ここまで。
いわゆるジャパニーズ・ホラーってやつですね。
爽快な展開ではなく、スッキリしたエンディングも迎えませんので、ご注意ください。
恋愛ゼロ、笑いゼロ、ひねりゼロ。

読んでもらえるのか、非常に危険な臭いがする一本です。

9件のコメント

  • ふふふ。
    面白そう。
    ホラー、楽しみ。ふふふ。

  • 純ホラー、初めてです。
    涼月さんの御眼鏡に適うかどうか……

    これくらい、日常茶飯事ですよねって言われそう(笑

  • ホラーだと思う。続き、早く読みたい。

  • ありがとうございます。
    いつも、ジャンルがブレまくりますからね。
    今回はラストまでホラーで頑張りました!

  • あまりにも淡々とした描写。
    そして本当に、最小限のことしか書かれていない。
    もっと書いてあっていいはずのことが書かれていない感じ。

    必要最小限なことしか書かれていないからこそ、その先に何が起こるのかが、とても怖くなる。

    これすごいなー。


    酔っ払った時に読まずにとっておいてよかった……。

  • 何かが起こりそうで、起こらない。
    でも既に起こっているような。
    そんな話を目指しました。

    ショッキングなホラーと比べて、かなり大人しい話ではあります。
    でも、あれこれ恐怖を煽ることには挑戦してますので、どこかで怖がってもらえればいいなあ、と。

    三章構成で、章が変わると多少、雰囲気も変化します。
    どうぞよろしくお願いいたします。

  • これダメ、怖い(>_<)
    寝る前に怖いのダメ(>_<)


    ちょっと待ってください、怖いの読める時間にまとめ読みします……。

  • いやいや、無理しないでくださいね。
    ホラーはダメな人には全然ダメでしょうし……

    お気遣いありがとうございます。
    でも、アカンときはスルーで!

  • スプラッターは平気なんですよー。
    でも、じわじわくるのは本当に怖い。

    作者さまの後ろにある鏡に映っているものが見えるようで……。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン