Killer SSをカクヨムWeb小説短編賞に応募していたんですが、どうやら中間選考は通っていたみたいです。
https://kakuyomu.jp/contests/kakuyomu_web_short

読んでくださった方、評価、コメント、レビューをくださった方、ありがとうございます。未読の方は是非読んでみてください。せっかくだから(何が?)、近いうちに外伝をもう一つ書いてみようと思います。それまでに、これまでのをざっと見ていただければ何よりです。
評価、コメント、レビューもいつでもお待ちしています!!


Killer SS
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887725446

Killer class C
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887832400

Killer class A
https://kakuyomu.jp/works/1177354054888065638

Killer class S
https://kakuyomu.jp/works/1177354054888065962

 The end of wars(あらゆる戦争の終結)という最後の世界大戦が終わり、世界は一つのネットワークにつながれた。そして、人々は共通のルールの下に統治されるようになった。
 世界規模の安定の訪れに民衆は歓喜の涙を流した。しかし、平和は表向きの姿に過ぎなかった。金、権力、暴力。力のあるものは弱者を虐げ、一部の人たちの豊かな暮らしは、計り知れない数の貧しき人々の犠牲によって支えられていた。
 そんな時代ゆえか、世界中で資産家や権力者への暗殺が横行した。暗殺の裏には、殺しを生業とする者たちがいた。彼らは実績ごとに、C、B、A、Sの四つのクラスに分けられた。そして、Sクラスに所属する暗殺者のうち、成功率百パーセントの者だけがKiller SS――最高の殺し屋と呼ばれた。