『世界で一番』および『プレアデス』の方に頂いた感想は、また後日お返しいたします…!すみません…!今日は宿題だけ…っ…!





【前置き】
・『世界で一番あなたがきらい』第36話付近の、メンタルすさみまくってた頃の灰色殿下より。
・宿題課題は、某方のところのE少年の発言。
・唐突に始まって唐突に終わる。



↓↓↓



「なあ、本当は傷つけたくない大切ものをこれ以上にないぐらい手酷く傷つける時の気持ちっていうのはどんなもんだ?」

 放たれた問いに、アッシュは笑いそうになった。
 目の前の少年は何も分かってない。何も。何一つ。

「お子様が」

 短く吐き捨て、剣を鞘から静かに抜く。微動だにしない少年の顔に、歯をむき出しにして笑う。

「何も傷つけずに、何かが守れると思うか?」

 剣をぶら下げるように持ちながら、ゆっくりと歩を進める。

「何の犠牲もなしに、欲しいものが手に入るとでも?」
「……悲劇のヒーローぶるなよ、見苦しい」

 アッシュが足を止めた先で、少年が顔を歪める。

 朱い髪に朱い目。理想に燃える、あの日の自分。
 その目に今の己はどう映っているのか。つと、疑問が胸の片隅をよぎる。それさえも馬鹿らしく、未練がましく、だからこそアッシュは軽蔑するような眼差しのままに剣を振り上げた。

「それでも俺は、大切なものを守るさ――理想ばかり語って、何も救えなかったお前と違ってな」

 そして剣を振り下ろす。
 弱くて何も守れなかった、己自身へ。






【解説】
豆腐メンタルの灰色殿下は…
① 「何も犠牲に出来ないがゆえに、何も守れなかった過去の自分自身」こそが悪と感じている模様。
② 「大切なものを失うくらいなら、大切なものを傷つけてでも守りたい(=傷つけることで守れるものもある)」と解釈している模様。
③ ①②の考えが間違っていることは理解しているものの、「①②の考えを否定できるほどの(メンタル的、立場的)強さが自分にはない」→「ならば弱者は弱者らしく、出来る方法で大切なものを守るしかない」と思っている模様。
④ 実際、「大切なものを傷つける時の気持ち=自分の気持ち」と解釈しており、灰色殿下にとって「己の感情」<<<「大切なもの」である。このため、「大切なものを傷つけて、悲しくなったり後悔を感じる」=「自業自得」であり、「いちいち気にするようなものではない」らしい…。


 …要するに、己の弱さと向き合ってるようで向き合ってない。諦めてる(なんだって
 だからそう。偉そうなこと言ってますが、きっとこれは彼の強がりです。猫が毛を逆立てる的な(ぇ
 殿下は叩き斬ってますが……本心の本心は、けちょんけちょんにされてますよー…過去の己(良心)に責められてる時点でね…うん…(ぼそぼそ


 ここと向き合い始めるのが、最終章以降の…灰色殿下の株価が急上昇しはじめる部分ですね…。



【追伸】
 灰色殿下が叩き斬ったのは、過去の己自身ですよー…けして、E少年ではありませんよー…大丈夫ですよー…
 …好き勝手して、すみませんでした…っ…!
 (でも楽しかったです…ぼそぼそ…)

【自分に向けて】
ところで、『プレアデス』のアランで妄想すると…。
彼なら、大切なものを傷つける以前に真綿でくるんで「苦しい出来事も悲しい事実もない」「君はただ、何も考えずに幸せになればいい」ってのたまう系ヒーローだったね…うん…これもこれで、どうかと思うね…うん…

4件のコメント

  • というわけで、やってまいりました!

    うぅん…見事にね灰色殿下は灰色殿下でね…久遠は嬉しいですよー(にっこり)
    ええ、もうね……ええ、超見ててニヤニヤしてます。朝見つけた瞬間「うぉぉぉぉぉぉっっ!!」ってなりました(本当)

    そして、灰色殿下が炭殿下(?)を叩き斬ってくださるというね…嬉しいサプライズつき(喜)

    でも某E少年を叩き斬る灰色殿下見たかったなぁ…(ぇ)
    てっきり「あ、これ斬られたかな?(嬉)」って思ったんですけどねー…(ぼそぼそ)

    追伸

    ちなみに、この文章を読んだ瞬間、なぜか久遠の中の某ちびっ子博士が騒ぎまして(ぇ?)

    「もー! 二人ともこんなところでくっちゃべってないで、さっさと仲直りしてフェンさんのとこ行くの! 仲直りして二人一緒に行かないとダメだかんね!? 片方だけじゃダメだかんね!?」

    ↑ ……こうなるようです(ぽっかーん)
    何か口答えをしたら、もれなく「け・ん・か・両・成・敗 ☆」と天使の笑顔を見せるか、フェンさんの前であのちびっ子は仁王立ちして「二人一緒に来ないとダメ!」と追い返すかな…と(何を勝手に妄想しているのか)
    ……馬に蹴られて死んじまえ、ですね、このちびっ子(シオンにガムテを張って縄をかけて引きずる久遠の図)

    失礼、しましたぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!

  • 久遠様、宿題の受理、ありがとうございます…っ…!(敬礼

    灰色殿下と炭殿下の夢のコラボですね(笑
    まったくもって、不穏な会話してないというところが味噌ですね(爆笑

    >でも某E少年を叩き斬る灰色殿下見たかったなぁ…(ぇ)
    てっきり「あ、これ斬られたかな?(嬉)」って思ったんですけどねー…(ぼそぼそ)

    そ…そんな…他所様のうちの子を切れるわけ…切れるわけがないじゃないですか…いくら灰色殿下といえども…ぼそぼそ…
    (訳。灰色殿下は当初E少年を斬ろうとしていたので、慌ててすげ替えておきました滝汗)

    追伸
    シオンくん…!想像通り(笑
    実は私も書いている間に、ルインくんが見たら確実に諌めるわこれ…と思っていた次第で…。
    シオンくんとうちのルインは、きっと仲良く出来ると思う(最早断言に近い
    …あ。スパイスとして、ゲイリーさんも加えます…?(要らないオプション

  • >そ…そんな…他所様のうちの子を切れるわけ…(~かっこ内まで)

    切 っ て し ま え ば え え や な い (笑顔)

    え、ご存知久遠とこのレイリコはですね、複数の読者様から「よそ様の子を罵倒なんてできません」とか「結構攻めてますが大丈夫でしょうか(汗)」とか裏で問われておりますが、もっともっと攻めて攻めて責めて責めて大丈夫です!(超笑顔)って返してます(本当)

    そしたら皆さま近況ノート含めた応援コメントであんなにも解放的になってくださいました(嬉)

    レ イ リ コ は 読 者 様 が コ メ ン ト で 素 に な っ た と こ ろ か ら が 本 番 で す (確信)

    癒しの顔文字のお方に怒りの顔文字で本気で怒られて説教されましたからね(いつもの(><)で「もう、ダメですよっ」という風ではありませんでした)

    というわけですので(どういうわけ)
    レイリコは某E少年を斬ってからがスタートですね。ええ、久遠は湊波さまが某隊長を(恐らく素で)「おじさん」呼びされた時と同じように「某E少年、とりあえず斬っていいですか?(真顔)」って言われることを久遠は心待ちにしております(にっこり)

    追伸

    シオンくんね…あの子、あの性格で主人公なんです(ぇ?)
    まー、二十代後半のお目付け役の男性に小脇に抱えられた挙句頭ぐりぐりされるわ、ぴーぴーきゃーきゃーうるさいわ叔母には「シオン君ですから」とか幼馴染には「どこ行ってもシオンはシオンだな」とか言われたい放題の子でして…(諦)
    ですので、何が言いたいのかと言いますと、ルイン君みたいな大人しい子が振り回されて疲れやしないかな、と(心配)
    でも、実は案外ルイン君はインドアばかりというわけでもなくアウトドアもこなせるのかなと思ってみたり…それはそれでいいなぁ、なんて思ってまして、そしたらゲイリーさん加えて「おじさん、おごってーっ!」とかシオンが言い出しますね。そしたらルイン君が「そんなおごってもらうなんて…」みたいな気遣いを示…(妄想終了)
    ちなみにゲイリーさんに怒られたら「きゃーきゃー」言いながらシオンは「おじさんこわーい!」って白々しい笑顔で逃げます。あいつもうどうしてくれよう(嘆)

  • 久遠様

    なんと、ご本人から許可頂いてしまった…(笑
    というか、そうですか。かの癒しの…御方が…本気で怒る…そう…ですか…(笑いが堪え切れない

    たしかに言われてれば、すでにおじさん呼びしてましたね、私(笑
    じゃ…じゃあ…そのうち…もしかしたら…ううむ…

    (といいつつ、創作に関していえば湊波の許容ゾーンは無限大に広いため、本来怒るべきところでも悶えるとか言いそうで怖い…別の意味で怖い…震え声)

    追伸
    ルインくん、たしかにアウトドアも行けそうだなぁ…!
    若干、遠慮しいなところはあると思うんですが、そこはきっと、久遠様とこのシオン君に上手く乗っかっていけるんじゃないかなって…この妄想だけで幸せになれますねぇ…夏祭りとか行かせてあげたい…(ほっこり…

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン