『銀色世界』において、昨日から一話ごとのタイトルの変更を行いました。
 ただ作品の中のセリフを切り取っただけですが、そうした理由としては話数が多くなってきたため、どの辺りがどのシーンなのかの判断が作者自身つかなかったからというのが一番大きいです。
 また、前回の記事で言った通りではありますが、ある程度中身を改稿し見やすいものになったと思います。
 誤字脱字、また、読みにくい表現などがありましたらお気軽にお声掛けください。
 また、この度、相当な将来的(多分一年後ぐらい)にこの作品をシナリオゲームにすることが決まりまして、そのことを最後にお話を示させていただきます。
 

また、いつも通りに謝辞を

ゆうすけさん
 いつもハートありがとうございます。
 本当に励みになっています。
 こういう形で投稿するのは初めての経験なのですが、それでも誰かのために作品を書くという感覚がとても心地よいものであるっことを知れたのは貴殿のおかげです。本当にありがとうございます。
 また、貴殿の作品『あのころ僕は占い師だった  ―― 僕とあの人と22枚のカード』完結を楽しみに待っております。
 非常にセンス溢れ、読者の温度に寄り添った感覚で、読んでいて心地よい文体ですので、今後疲れた時に一気に読まさせていただきます。

西井ゆん

2件のコメント

  • 西井さん

    私が西井さんの作品を読み続けている理由は、面白いし、登場人物がかわいいのもあるのですが、実は「一生懸命書いていること」が伝わるからなんです。
    時にはうまいストーリーの続きが浮かばない時もあろうかと思うのですが、それでも毎日コンスタントに書いて投稿していること。これが素晴らしいと思うんです。一生懸命書いてくださってる作品は一生懸命読まないと失礼ですもんね。
    それは今の「銀色世界」になる前の作品の時からずっとそうでした。
    これからも西井さんが一生懸命書く限り、私はずっと応援していきます。
    直したり辻褄あわせたり読みやすくしたりは後からでもできますよね。でも物語を前に進めるのは今しかできません。是非納得の行くまで純也たちを物語の中で引っ張って行ってあげてください。
    それまでずっと西井さんのファンの一人として読み続けます。
    これからも是非頑張ってください。

  • ゆうすけさん
    本当に本当にありがとうございます。

    二井

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン