マンネリ化した作品から打破する為にも新たな作品作りには良い季節になってきました。

3件のコメント

  • おはようございます。先ほど レビューを書かせていただきました。
    へたくそでごめんなさい(>_<)でも、自分なりに一生懸命書きました。

    和之さんの本を読みながら、重なるようにして思い出されました。
    たけくらべ。破壊。坊っちゃん。路傍の石。
    歴史に残る日本の文学は、正直なところ私には 難しい文体で、読むに苦労したものです。
    が、読めば一生忘れないで 心の中に生きているんですね。
    こういう本を著す作家さんは、日本の宝だと思います。
    カクヨムの読者になって、ほんとによかったです。
    異世界や転生やファンタジーは、
    f(^_^; 私はテレビゲームを さんざん遊びましたから、通信料金をかけてまでは、あんまり読みません。
    読書は、和之さんの本のような、こういう本を探して読んでいきたいのです。



  • f(^_^; 漢字間違えました。
    破壊 → 破戒

  • 励みになります。今構想を練っているのは現代ファンタジーです。明智光秀の家の家紋からイメージした「桔梗の寺」です。四百年彷徨う女性の魂を消すには熱烈な恋しかないと云う物語ですけど。こうして書けばやるしかないと自分を追い込めるので書きました。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン