こんばんは〜近況ノートではお久しぶり、あげもちです!

 この度はカクヨムweb小説短編賞2020に作品を出してみようかな〜と思い、本日の昼頃に投稿してみました!

 内容は、形は少しだけ違うんですけど、私が高校生の頃に体験した話を元にしたお話です!

 なんか今思うと、そんな記憶もどこか心地いい良かったな〜なんて思いながら、書いてみました!

 ぜひ、読みに来てくださると嬉しいです!

 それでは、お仕事、学業…そして何かを頑張った方々へ。今日も一日お疲れさまでした…。

 あ、あと、早速読みに来てくださった方ー!ありがとうございました!!
 
                 あげもち

 
 

8件のコメント

  • コメント欄失礼します。
    初めまして。三谷 朱花と申します。

    中間選考突破おめでとうございます。
    カクヨムコンって、読者選考だとばかり思っていたので、★が少なくても残れるんだ! という驚きがありまして。これはとても、他の作者にとっての希望の光になるんじゃないのかな、と。

    それで、質問があるのですが。
    「どうして自分の作品が中間選考に残れたのか」って自分なりの考察があれば、是非教えて欲しいなぁ、と。

    そして、良ければ、なのですが加えて2つほどお願いがありまして。
    一つは、頂いたお答えを、エッセイの形で公表させていただけないかな、と。
    当然、作者名と作品名とあらすじとURLの紹介はさせていただきます!
    微力ながら、読者数増にお役に立てれば、と。
    【エッセイはこちら】https://kakuyomu.jp/works/16816452219455106659(広告非表示)

    それともう一つは、どなたか短編で中間選考に残った方を一人ご紹介いただけないかな、と。★100未満の方限定になりますが……。交渉は私で行いますので、事前のご連絡などは必要ありません(紹介もとの名前だけは使わさせてください)。

    長々と失礼しました。
    何卒、ご検討よろしくお願いいたします!
    こちらに確認に来ますので、お返事はこちらに書いていただければ大丈夫です。 

    唐突なお願いでしたので、断っていただいても大丈夫ですので!
    もし心の負担になってしまっていたら申し訳ないです。
    お断りの場合は、サクッと私の記入分を削除していただければ、ダメか。とあっさり理解するので大丈夫です。 

  • こんにちはー こんにちは〜、コメントありがとうございます!
     貴方様からのコメントを見て「え、中間通ったの!?」と、先程確認しましたところ、たしかに、『やりたいことをやる、と言う呪い』が入っていました。

     …。

     びっくりしました。

     それでなのですが、私致命的な機械音痴でして…エッセイの形で公表?というのは、エッセイというジャンルでQ&Aを投稿すればよろしいでしょうか?

     すみません、間違っていたらご迷惑をかけてしまうので、こちらからも質問させていただきました。もしお時間がありましたらご返答をくださると嬉しい限りです。

     

     

  • お返事ありがとうございます。

    こちらのコメント欄に回答をいただきたいと思っています。
    そして、私のエッセイで公開オッケーとのことでしたら、使わせていただく形になります。
    エッセイ
    https://kakuyomu.jp/works/16816452219455106659(広告非表示)

    もしダメでしたら、それで構いませんので、その旨教えてください。

  • ご丁寧にご返答、ありがとうございます。

     わかりました!それでは先ほどの質問にお答えさせていただきますね!

     Q1 貴方が思う、中間を通った要因とは?

     A 正直なところ自分でも意外でしたね。ただ私は、自分の経験や思いが、どこかの誰かのためになったらいいなぁー、と思って書いていたので、一切評価されなくてもいいやー。ぐらいのノリでいました。なので特にこれをやった、という事ありません。しかし、何かしらの要因があったとしたならば、『少ないジャンル』だった事と、『星をくれた人と星の数の比率』だと思います。例えば、あの作品は『★17 ❤︎ 10 PV34』ですが、★に関しては6人中5人が3つで、1人が2つでした。なので、単純計算すると、★3の比率は約9割です。それと『現代ドラマ』という比較的少ない分野だったこともあったと思いますよ♪

     Q2 ★100以下の作家さんでこの人ーって方はいますか?

     A それに関してはごめんなさい…。大体「あ、この人の面白い」って思ったものが★100以上の大御所さんだったので、ハッキリ申し上げますと、いません。

     
     最後に、これは求めていないと思いますが、正直、ネット小説とは一種の水物だと思っています。★をもらえる時はもらえるし、全く貰えない時もあります。なので、売れようとして物書きするよりも、純粋に自分の考えた物語を文章として書き起こせることを楽しんでいるぐらいが、ちょうどいいんじゃないかな〜って思いました!

     ごめんなさい、長文失礼しました〜!

     あまり参考にならなかったかもしれませんが、是非貴方様の企画?の方に使ってください!

     それでは!この度はありがとうございました!また、貴方様となにかの作品でお会いできることを楽しみにしてます!

      
                   あげもち

  • お返事ありがとうございます。

    ご協力いただきありがとうございます。
    エッセイが公開できましたら、また報告に伺います。

    本当にありがとうございました!

  • 無事にエッセイを公開できましたので、ご報告まで。

    『売れようとして物書きするよりも、純粋に自分の考えた物語を文章として書き起こせることを楽しんでいるぐらいが、ちょうどいいんじゃないかな』というご意見には、同意しかありません。
    ようやくそんな境地に至れたので、小説も書かずこんなことカクヨムでやってます(笑)。

    本当にご協力ありがとうございました!

    今後も良きカクヨムライフになることを祈っております!

  •  朱花様へ

     なんだか色々してもらってありがとうございます!
     
     なんと言うのでしょうか、うまく伝えられないですが、こんな名前のない私を取り上げてくださったこと、本当に嬉しかったです!

     短いですが、貴方様の作家としてのご活躍、そして私のような物書きを勇気づける活動に、お祈りと感謝、ますますのご発展を願って、終わりにしたいと思います。

     三谷朱花様。

     この度は誠にありがとうございました!

        
                    あげもち

  • ご協力いただいたエッセイが明日で終了となりますので、最後にご挨拶に伺いました。
    突撃に、快く応じていただき、本当にありがとうございました!
    感謝されることをしてるつもりはなく、私の方が感謝する方ですので!
    とにもかくにも、本当に本当にありがとうございました! 

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン