1年半年弱かけて、ようやく処女作にして長編の小説を書き切りました。
小説を書くこと自体が初めての挑戦だったので、試行錯誤の繰り返しでしたが、
書いてて自分自身が楽しかったこともあり、苦労とは感じませんでした。
本作の執筆を通して、間違いなく物書きとしてのレベルが上達したのを実感してます。
次回作のネタはもう出来上がってますので、しばらく休憩を挟んでから取り掛かりたいと思います!お楽しみに!