栞屋こと様へ
いつも、読んでいただきありがとうございます。
わたし、栞屋ことさんの感性がすごく好きです。飴玉の詩を読んでからというもの、飴玉をころころするイメージが頭に焼き付いたようで、ふとしたときに思い出します。
花言葉の童話もいつもドキドキしながら読ませていただいています。素敵ですね。すいません、思いが募って、失礼しました。
何か考えたらまた書いていきますので、また読んで頂けると幸いです。
感謝を込めて             紫夜