終章が終わりました。
ここまでお付き合い頂いた皆様には深く感謝しています。

最初のうちは、どうあがいてもこれ以外の終わり方はないなと思って書いていたのですが、書き続けているうちに、本当にこれでいいのか? と思うようになりました。
人の心は変わるものです。

なので、もう少し続きます。

……これ以上続けるのは蛇足になるかもしれませんが、余裕のある方はお付き合い頂ければ幸いです。