フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!

アカウントをお持ちの方はログイン

ホラー部門落選しました。
正直、あれ以上のものを書けません。今読み返してもそう思います。
読みやすいものを書いているつもりですが、
受賞されている面々は、ぶっちゃけ読みにくい物が多く、それが多くの読者に支持されているということは、
そういう「いわゆる読み応え」が求められているということなのでしょう。
ただ私のスタイルとして、そのような文体を書くスキルがありませんので、
ただひたすらに洗練するのみです。
もちろん、私のネタが支持されなかったという現実も受け止めなければなりません。
やはり読者選考は厳しい。


新作の進捗
プロットやタイムテーブルを作っては、ストーリーが動かない、これはキャラが固まりきれていないせいだと見返す、
そんな繰り返しです。
世界観や設定は固まってますが、キャラが動かない。
つまり、
とあるシチュに放り込んでもキャラが棒立ちしてしまう。
これは行かんと試行錯誤。
四月に本当に連載が始められるのか、不安にもなってきました。
一日中この新作の事ばかり考え、他の小説を読んだり外に出たりなど。
3章完結モノかなーとぼんやり思ってます

短編やるなら、魅苦の続きですが、今はこの新作の事で頭がいっぱいです。