久しぶりに自主企画の一覧に目をやったところ、バイオSFを求めるものがあったので勢いでなろうから転載してきました。

この作品は1万字以内5話で終わらせたいという明確な目標をもって挑んだため、自制の中書き上げたものです(2016年)。自分から見ても中途半端で不足している点が多く、いつか続編で拾いきれなかった線を広げて壮大な物語に展開したいという気持ちも今なお捨てきれていません。


とまあ、サクッと読めますので、ご興味ありましたらどうぞよろしくお願いいたします。

( `・∀・´)ノ