題名の通りです。

二年前に完結した話なのでこういう機会にまた目を通すと、色々不思議な感慨が浮かんできます。懐かしいなぁ…。

私の手腕では表現しきれなかったところは多々あったと思いますが、どうか主人公たちの試練を最後まで見届けていただけると幸いです。